現在、日本人の死因第3位は、脳血管障害によるもの。脳卒中はその典型的な例です。今は心配する気などカケラもない人も、いずれあの世に行くときお世話になる(? )候補のナンバー3 です。

X線CTやMRIが普及してきたおかげで、これまで難しかった脳の検査が簡単に、しかも安全に受けられるようにりました。脳ドックを行う病院も急速に増えています。

ところが、ここでまた新たな問題が出てきたのです。MRIによる断層撮影検査では、脳にできたほんの数ミリ程度の動脈瘤も発見できるのですが、もし発見したとして、手術をしてそれを取り除くことをすすめるかどうか、という点です。

脳にできた動脈瘤(脳動脈瘤という)とは、脳の動脈の一部がこぶのようにふくらんだ状態のことです。このふくらんだ部分が、動脈の内圧に耐えきれなくなると破裂し、脳卒中の一種であるくも膜下出血や、ときには脳出血 を引き起こします。

だからそうなる前に手術してしまおうか、ということになります。とはいうものの、まだこの段階では自覚症状はおろか、脳内の血流になんの問題もないのです。つまり、将来それが原因でくも膜下出血や脳出血が起こるかどうか、わからないのです。

たとえるなら、あなたの脳の中の、不発弾の可能性もある時限爆弾、といったところです。起こるかどうかわからない脳卒中のために、わざわざリスクを背負って手術をするべきかどうか?

しかも、この小さな動脈瘤、検査を受けた人の中に、かなりの割合で存在するのです。今のところ、その判断は医者に委ねられているのです。患者に動脈瘤の有無は伝えるが、小さなものはそれ以上大きくならないよう、食生活の改善や高血圧予防など、日常の摂生を呼びかける程度が一般的です。

もちろん、理屈でいえば、知らずにますます大きくして手遅れになるより、知っておいた方がいいでしょう。しかし、気分的には微妙なところではあるのです。高性能機材で全部わかってしまうのも、痛しかゆしというのが現代の医学の実情なのです。

高中性脂肪血症もリスクのひとつです。

X線を用いないコンピュータ断層撮影検査として、その安全性が強調されているMRI(核磁気共鳴映像法)。最近では知ってる人もかなり多くなった検査法のひとつで、CTよりさらに詳細なデータが見られます。

これは電磁波を応用する検査法なので、たしかにレントゲン検査などと違い、「被曝」の心配はない(「核磁気」とあるが、この「核は放射線を出すいわゆる核物質のことではなく、どんな物質にもある原子核のことを指している)。

が、いわば超強力な磁石の中に人体を置くようなもの。ペンやメガネなど金属はすべて取り除いておかないと、まちがいなくビュンと飛んでいってしまいます。その強力さを物語る一例に、検査室に置いてあったパイプ椅子がたちまち吸いついて離れなくなったというウソのような本当の話まであるほどです。それだけものすごい磁力が体にかかるとなると、体に対する影響はホントにまったくないのか、と気になってくるでしょう?。実は、これにも体に「なんらかの影響″」があります。

なんと、場合によっては死に至る危険すら、MRIにはあるのです。というのも、メガネやアクセサリーといった、身につけた金属ならはずせばすみます。しかし、体の中に入っている「金属」はどうしようもない。たとえば、心臓ペースメーカー、人工弁など。これらをつけている人は、もちろん検査を受けることはできません。また、戦時中の軍需工場で鉄粉が目に残っていたことを知らずに、数十年たってMRI検査を受けた人が、磁気によって失明してしまった、というケースもあります。

ほかにも、つい先ごろメキシコで、止血のため脳内に残してあったクリップが検査中に飛び、死亡するという報告もあったばかりです。

とはいえ、MRIは金属に関する厳重な注意さえ怠らなければ、画像が鮮明で細部にわたり映像化でき、しかも人体に無害、ということなので、特に脳や脊髄の分野で圧倒的な評価を得ているのです。実際、MRIは高価な機材なので、現在のところはまだ設置している病院も限られていますが、今後はますます利用価値の高いものになっていくはずです。

病気にならないために受けるのが本来の予防接種の役目です。しかし、それで逆に病気になってしまうこともあるのです。

その実例です。前述のとおり予防接種とは、病原になる微生物、あるいはそれがつくる毒素に種々の処置を加え、毒性を弱くしたもの(ワクチン)を人体に接種することで抵抗力(免疫) をつくる方法です。はじまりは18世紀末、あえて自分の子供を実験に使った逸話で有名なジエンナーの発明です。

以来、現在でも結核、ジフテリア、風疹などさまざまな予防接種が行われ、効果を発揮しています。しかし、その有効性と引き換えに、発熱や吐き気、悪寒など軽いショック症状を起こす場合があるなど、やはりそのリスクを100% ぬぐいさることはできないでいます。

さて、そこで特に最近問題になったのが「第三種混合ワクチン」と称されるものです。これまでにもジフテリア・破傷風・百日咳をいっしょにしたDPT 三種混合ワクチンや、腸チフス・パラチフスの2 種混合まなど、使用しやすいようにつくられた混合薬剤があったが、麻疹(はしか)、風疹(みっかばしか)、流行性耳下腺炎(おたふく風邪) のワクチンを混ぜた第三種混合(MMRという) は、これらに次ぐ効果的なワクチンとして注目されていました。

かし、MMR が導入されてまもなく、髄膜炎という病気になった患者が発見されたため、平成5年には厚生省から各都道府県に対し、事実上使用見合わせの通知が出されたのです。

3 つの病気の種類を見ても、MMR が実用性が高そうなことしろうとは、素人でもわかります。しかし、打ってみないとホントのところはわからないのが、新型ワクチンの弱みなのです。

目の血流サラサラ!網膜・視神経のサビつき防止!視力アップ果実「アサイベリー」

加齢とともに進む動脈硬化(血管が狭くなる) から血流が停滞すると、全身いたるところに悪影響が現れます。

それは「目」も例外ではなく、眼球組織が酸素不足・栄養不足におちいることから、さまざまな視力トラブルが引き起こされるのです。

たとえば、ピント調節をする筋肉が硬くなって、近くが見えづらくなる(老眼)。

老廃物もたまりやすくなって、目のレンズ役である水晶体が白く濁ったり(白内障)。

眼球内にゴミが残って視界を妨げるのです(飛蚊症)

さらに注意が必要となるのが、日本人の失明原因の上位である緑内障、黄斑変性、糖尿病性網膜症。

目の血行不良と酸化の防止で改善

これら三大眼病の誘因としては、先にあげた目の血行不良に加えて、目の酸化現象を無視することができません。酸化とはすなわち、目で発生する活性酸素(毒性の強い酸素)が眼球組織をサビつかせて、劣化させること。

アサイベリーに含まれるアントシアニンは、すばやく体内に吸収されて、目の血行を改善することが特徴。そのため、摂取したその日のうちに視界が晴れた、という経験をする人も少なくありません。

網膜や視神経の細胞が酸化すると、日本人に多い正常眼圧緑内障(眼圧が正常でも視野が失われる) が進行しやすくなります。

黄斑変性の場合も、その発端は網膜の中心部である黄斑部で細胞が酸化したり、出血したりすること。糖尿病の合併症のひとつである網膜症は、高血糖でドロドロになった血液が詰まって、網膜で出血を起こすことがその引き金となります。

すなわち、中高年以降、良好な視力を維持するためのキーワードは、「目の血行不良と酸化の防止」にあるのです。

このふたつの効用を同時にもたらす、貴重な食材として、現在世界的に注目されている果実があります。南米の熱帯雨林原産の天然果実・アサイベリーなのです。

妻の疲れ目とドライアイが解消

私は20代の前半からカメラひと筋で仕事をしており、現在も自前の撮影スタジオを営んでいます。

いい写真を撮るには、目の健康が決め手となるのは当然。にもかかわらず、50歳半ばからは老眼が深刻に進んで、さらに目のかすみにも悩まされるようになりました。

目に霧がかかったような、こんな状態では仕事にもさしつかえてしまいます。

そこで試してみたアサイベリーです。これがドンピシャリの正解で、今や私の目には欠かせない相棒となっています。ブルーベリーに含まれるアントシアニンの5倍以上も含まれるとのことで試してみるときには迷いはありまsんでした。

とにかくアサイベリーの長所とは、飲んだら速効的に視界が晴れ渡ることです。

朝にアサイベリーを飲めば、スタジオで昼から撮影するときには目がスッキリ。

視界の霧が吹き飛んで、カメラからのぞくお客様の顔が鮮明で、「よし、いい写真が撮れる!」と自信があふれてきます。

メガネにあまり頼らなくなったのも、アサイベリーを飲んでからのこと。夜の運転が裸眼でも安心で、実際、免許の書き換えでメガネの条件が不要に。

もともとの近視と老眼が、いっペんに改善した実感があります。

私の撮影助手で、お客様のメイクを担当している妻も、アサイベリーの大ファン。妻がいうには、「アサイベリーを1週間飲んだら、目の疲れがすごく楽になった。ショボショボやぼやけがなくなった」とのこと。頭痛や肩こりも消えて、花粉症で目が開きにくくなったり、目のまわりがただれることもなし。

私の楽しみのひとつコンサートも裸眼で楽しめる

古典の和歌や文学を朗読するボランティアに熱心に取り組むうちに、目の不調が徐々に深刻になってきました。最初は見えにくい程度のものでしたがだんだんと症状が強くなってきました。

朗読の前に原稿を書いていると、すぐに目がかすんでくるし、米粒の半分くらいの点が視界にユラユラ浮かぶ飛蚊症の症状がストレスの原因になってしまいました。

この点は多いときで5~6個に増えて、医師には「白内障の影響で、飛蚊症も出ているのかも」といわれました。そこで思案した私が、手元に置くようにしたのがアサイベリー。目を助ける果実というのは本当だ! と手ごたえを感じたのは、飲み始めて3ヶ月半が過ぎたころからです。

書きもの中でも目がかすまず、飛蚊症の点々も減って、小さくなりました。今では針の先程度の点がひとつあるかな? という程度です。

白内障の進行ももはや指摘されず、医師からは「ときどき来てもらえばいいです」とのこと。さらに、老眼と近視がいっペんに改善したのも、アサイベリーのおかげと自覚しています。

辞書をめくったり、孫に絵本を読んであげるときも、老眼鏡は必要ありません。視力も0.8から1.2に回復し、友人とコンサートに行ったときには、オペラグラスをかけなくても出演者の顔がよく見えました。

小学生のころ、予防接種をした後に、「お風呂に入ってはいけませんよ」といわれた経験があると思います。大人になっても、海外旅行の前にコレラの予防接種を受けたときなどしっかり念を押されます。では、言いつけにそむいて入浴したならどうなるのでしょうか?

気になるところであるが、これは現実に、かなりの危険行為といえるのです。さて、この予防接種の中身、ワクチンとは、病原微生物の毒性を弱めたものです。これを人体に接種すると、その毒素に対する抵抗力が体の中にできます。これを「免疫」といいます。

一度この免疫が完成すれば、その後同じ病原体による感染が起こったときも発病しない。あるい収発病しても軽くてすむのです。この原理を応用したのが予防接種です。ちなみに「予防注射」という言葉もよく耳にすると思いますが、これは予防接種を皮下注射するやり方。ほかにも「ハンコ注射」などといわれているBCGなどがあります。

つまり、一時的でわずかではあっても、当の病原そのものを体内に入れるのだから、発熱や吐き気、悪寒など軽いショック症状を起こす場合も現実に多く、接種時には十分な健康管理が必要なのです。ただでさえそんな状況で、もし入浴して血行♯がよくなったり、急激な温度変化にさらされたりすると、免疫ができ上がる前に、その病原体が本来の毒性に近い力をとりもどし、計算外の悪さをする可能性があるのです。

予防接種した日は入浴しない、というのは、こうした理由からくる「予防のためのまた予防」の端的な一例なのです。だから、よくよく記憶を掘り返してみると「今日明日は、おとなしくしているように(安静にしているように)」なんてこともいわれていたはずです。

また、そうしたことから、予防接種ではない通常の治療のための注射によっては、「入浴してもかまいません」といわれるケースもあります。しかし、こうした場合も、素人判断は禁物。やはり注射の種類にもよるし、ただでさえ病気によって体力や抵抗力が弱っている状況が多い。お医者さんによく確認することが大切です。

免疫力アップで疲れ知らずの体はこちら。

検査で放射線を浴びるのが気になるあなた。では、放射線を体の中に入れるのはますます怖い気がするけれど、現実にそういう検査があるといったらどう思うでしょうか?

ふつうのⅩ線検査は、放射線を外から当てて体の異常を発見するわけだが、今注目されているシンチグラフィー(RI検査、核医学検査ともいう) は違います。これは、放射線を発する物質を用いた薬剤を静脈注射などによって注入、あるいは投与し、体の中から出てくる放射線をフィルム上にとらえるのです。ちなみに、放射線を発する物質をラジオアイソトープ(放射性同位元素) といいます。

さて、では放射線は、どのようにして体の中に入っていくのでしょうか。まず、投与された薬剤はいったん全身にゆきわたってから、次第にお目当ての臓器に集まっていきます。そして、ガンマカメラという、体内に入った放射線を検出し、画像に映し出す装置で、たとえば臓器の形や血管の異常を調べたりします。

薬剤が集まっていく、というと不思議に思うかもしれませんが、この放射性同位元素というのは、その名のとおり元素の一種なので、たとえば、そのお目当ての臓器が特に必要とする、特定の栄養素の分子構造にまぎれこませることができるのです。すると通常の元素でできた栄養素と同様に、体の方が自動的に運んでいってくれるのです。

そのため、検査する臓器や病気の内容によって薬剤の種類も違います。

とまあ、こんなわけで、臓器によって集まってくる時間も違うため、撮影の日も半日後とか3 日後になります。そのかわり、臓器の大きさ、形態はもちろん、薬剤が吸収される様子、排泄のされ方などまで、臓器の機能をつぶさに診断できるのです。

実際の効果の面でいうと、従来の検査法では見つけにくかった甲状腺疾患や、固い骨の内部、ガンなどのリンパ節転移の状況チェックなども可能になり、シンチグラフィーの応用範囲は実に広いのです。

では、本題に戻って、一度体内に入れた放射性の薬剤はどうなるのでしょうか。放射性の物質を体内に入れるわけだから、患者自身が被曝するのはあたりまえだが、その被曝量は、最も多く使用されているテクネシウムという薬の場合で約5 ミリシーベルトと特に問題になる量ではありません。また、テクネシウムが発する放射線の量は、約6時間で約半分にまで落ち、その後徐々に減っていきます。

個人差はありますが、半日もたてば体内の放射線はまったくといっていいほど検出されなくなります。一方、薬剤そのものは、排泄されればそれでおしまい。体内に残ることはないので、心配無用です。

たとえば、病気は早期発見、早期治療が叫ばれていますが、人間ドックにはいっていれば安心と思っている人も多いかもしれません。

国立がんセンターの調査によれば、日本人の場合75歳までにガンにかかる確率は30%。男性では10人に1人が胃ガンにか' かるといわれます。

ハナビラタケ強化食で転移性の胃ガンが治まり薬の副作用も最小限に

ところが、別の調査によると、人間ドックでの胃ガンの発見率は約0.1% 。半日ドックに限っては、それをさらに下回るというのです。

10人に1人が胃ガンにかかるというのに、1万人受診して見っかるのは10 人出るかどうか。なんとも頼りない数字に思えてしまうのは当然です。

また実際に、毎年のドックでは「異常なし」を誇っていた人が、半年後にはガンで入院する、なんてケースも現実によくある話です。

聞けば、人間ドックでガンが見つかると医局では「オーッ」という感嘆の声が上がるとか。「よく見つかったもんだな」と、病院側も驚いてる、というわけです。それくらいドックでガンが見つかる確率は低いのです。

このガン発見率の低さにはいくつかの理由があるのです。実は、人間ドックの1 回の売り上げはたかが知れているため、病院側も一挙に何人も診察する薄利多売にある程度はならざるを得ないのです。お客である患者さんの側は、ゆっくり時間をとって検査を受けにきているつもりだが、病院の側では、集団検診をやっているようなものなのです。そうなると、次から次へと流れ作業でこなさなければならないから、とても1人1 人ていねいに診察というわけにはいかなくなりがち。こうした事情がひとつです。

また、正確には、10 人に1人が胃ガンになるとはいっても、それは75歳までにということなので、〝検査を受けたその時点で″なっている、とは限らないこともある。しかし、それをいったら、そもそもドッグで発見することを期待していいのか? という気がしないでもないのです。

だから、われわれが注意したいのは、まず第一に、人間ドックの過信は禁物ということです。人間ドックは、あくまで病気になりやすい臓器をひととおりサラッとチェックする、車の車検のようなものだ、くらいに考えておいた方がよいでしょう。

その上で、この機会を利用する賢いやり方を紹介しよう。通常のドックのメニューのほかにオプションをつけてもらうのが賢明です。

方法は簡単。問診の際や検診カードの記入時に、たとえば「偏頭痛がする」「肩こりがひどい」「いつも喉が渇く」など、日ごろ気になったことをできるだけ細かく述べる。あるいは、肺の喀疾検査、食道の造影、といった具合に、漠然とでも気になっていることの検査内容を加えてもらうのがいいでしょう。

自覚症状というのは、何にも勝る具体的な手がかりです。多少時間や費用は増えるが、それだけ病気の早期発見に効果があるはずだですまた、どうせドックに入るなら、こうしたオプションを多く備えている病院を選ぶのも重要なポイントになるでしょう。

X線写真を撮ろうとして死んでしまう、といったら信じるでしょうか?X線検査中の事故で、これまで最も多いのが「造影剤によるショック症状」ですが、これは、すい臓や胆のうなどのX線撮影のために注射された造影剤が原因です。

吐き気や嘔吐、悪寒、じんましんなどのアレルギー症状があらわれ、まれに意識を失ったり、死亡する場合もあるのです。非常に怖い医療事故です。

もちろん、だれにでも起こるものではないのだが、逆にいえば、あなた自身、自分がそうした体質でないことを知っているとは限らないのです。現に自問自答してみれば、おおかたの人は自信がないでしょう?

ちなみに、X 線は気体や皮下脂肪、水、カルシウムなどにはよく通ります。そのため、肺は中の空気が黒く写るのでよくわかり、骨は白く写るのでよく見えます。これがいわゆる単純Ⅹ線撮影といわれるものです。ところが、筒状や袋状の構造の臓器は、Ⅹ線がそのまま通ってしまい、内部の形がはっきりしないのです。そこで、そうした臓器を撮影するときは、臓器に応じた造影剤を注入し、その流れるところを撮影します。問題なのは、こうした造影剤の成分のひとつであるヨード化合物がアレルギーを起こす原因となってしまうのです。

もちろん、事前に同じ注射液で一応アレルギーテストは行います。しかし、その量はわずか2cc程度です。撮影時は一度に40~100ccを注入するので、これでいざ本番も大丈夫かというと「心配」というお医者さんもいます。とにかく、必要があってすることにしても、検査でショック死なんて、本末転倒な話です。

最近はヨード化合物ではなく、危険の少ない非イオン性の造影剤を使う病院も増えています。特に、大きな病院ではこちらを使っているところが多くなってきています。だから、必要以上におびえることはなさそうだが、念のため病院にヨード化合物の造影剤を用いる検査なのか事前に問い合わせてみるのも大切です。いずれにしても、検査を受ける前には、お医者さんに「アレルギーが出ることもあるそうですが」と、あらためてきちんと問いただしておくべきでしょう。特に薬剤などのアレルギー体質がある人は必ず申し出ることが自分の命を守ることにもなるのです。

リンク

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.0.1