よく噛むことにより、物理的に十分な力があごの周辺の細胞に加わると、歯があごの骨にいっそう強くくっつくようになり、歯が丈夫になることが、さまざまな実験から明らかになっています。

まず、神奈川歯科大学では、ウサギの歯にバネを装着し常に歯に物理的な力がかかる状態にして実験をしてみたところ、骨芽細胞(骨の表面にあって骨をつくる細胞) への栄養( コハク酸)の取り込み量が増加していることがわかりました。つまり、栄養とまったく関係のないバネの力が、栄養の摂取量を増加させたのです。

今度は逆に、歯に加えられる力を減少させて実験を行ってみました。この実験にはラットを使いました。ラットの臼歯の噛み合わさっている部分を削り取り、噛み合わせができないようにしてみたのです。すると、歯とあごをつなぎ合わせている歯根膜細胞の合成能力は12時間で約3分の1に低下し、3日間で、細胞の合成能力はほとんど消失してしまったのです。これは、3週問たっても回復しませんでした。

以上の実験の結果をまとめると、次のようになります。歯に物理的な力を加えると、あごの骨の表面で骨をつくっている骨芽細胞が栄養を積極的に取り込もうとして、骨をつくる作用が活発になります。反対に、歯に加えられる力がなくなると、あごの骨と歯をつなぐ役割を果たしている歯根膜細胞の糖合成がされにくくなるのです。

つまり、歯に物理的な力が加えられれば、歯とあごの骨はより強く結びつき、力が加えられなければ、歯とあごの骨との結合皮が弱くなり、歯がぐらぐらしてくるのです。

ヒトの細胞では、次のような実験例があります。

神奈川歯科大学では、治療目的で抜いた歯の歯根の表面から、鋭利な刃物で歯根膜を採取し、この歯根膜を培養しました。約10 日後には歯根膜細胞は培養容器の壁面いっぱいにまで増殖して、とまりました。

さてここで、この細胞に力を加えてみました。すると、はじめはテニスボールのような形をしていた細胞から、足が生えるようにして突起が伸びてきて、療養容器の壁面に密着したのです。これは、細胞がヒトの体の中にあるときに活動しているのと同じ形なのです。つまり、歯に力を加えることによって、歯根膜細胞から突起が伸び、その先端に接着物質であるタンパク質( フィプロネクチン) がつくられて、歯とあごの骨が強力にくつつけられることが世界で初めて証明されました。

これら力を加えた細胞培養液には、歯3根膜細胞を呼び集める性質を持つ物質が合成されていることも明らかにしました。もう明らかでしょう。

噛めば噛むほど、歯とあごの骨は、強力にくつつくようになるのです。歯をしっかり支える丈夫な歯根膜をつくるためには、「よく噛む」というメカニカル・ストレス(機械的応力) が必要なのです。このように、よく噛む習慣を持つ人の歯はますます丈夫な歯になり、噛まない人の歯はどんどん弱い歯になっていくのです。

日本もその昔、「所得倍増論」で国民的人気を集め、「貧乏人は麦を食え」というフレーズで怒りを買った日本の宰相がおられました。

私は「現代人は硬めに炊いたご飯、あたりめ、たくあんを食え」とあえて提唱します。

何も、硬めに炊いたご飯やたくあんに固執するつもりはありません。高齢者の方々も噛めないからと、好きだった硬めの食物をあきらめないでください。もちろん、若者と同じょうな力とスピードで噛むことはできませんが、焦らずゆっくりと時問をかけて噛めばよいのです。

若い人や子どもも同じです。よく噛む習慣は、丈夫な歯、丈夫なあごの骨をつくり、健康な生涯を送る基本条件なのです。

では、よく噛むことによって歯と骨が強化されるメカニズムについてです。

生物の基本単位である細胞が活動するためにはタンパク一質、嘩質、脂肪、ビタミン、ミネラル、ホルモンといった栄養が必要です。しかし、これだけでは決して十分ではありません。細胞が本来持っている働きを発揮するためには、栄養だけではなく細胞に加えられる機械的(物理的)な力が必要であることがわかってきました。

たとえば、噛むときには、食物は強い力(最大で1㎡当たり体重の2〜3倍kg) で砕かれて細かな粒子になり、胃に飲み込まれていきます。この噛む力は噛み合っている歯全体に加えられ、歯を支えている歯根膜繊維(コラーゲン繊維。歯を骨につなぐ繊維)やあごの骨の細胞に伝達されます。

これらの力はさらに、顔の筋肉を介して前頭骨、側頭骨、頭頂骨など頭蓋骨全体に次々と伝達され、骨の中にある細胞を圧迫したり牽引したりします。すると、骨をつくる細胞の新陳代謝が活性化され、活発に栄養やカルシウムを摂取して、頭や顔全体で密度の高い丈夫な骨をつくり始めるのです。

逆に、虫歯や歯周病のために十分に噛めない場合、あるいは歯がなくなってしまった場合には、歯の周囲の骨は急速に消失してしまいます。つまり、栄養をとっても、噛むことによる力が加わらなければ、栄養分が細胞に吸収される効率が上がらず、活発に骨をつくらなくなるのです。

ちなみに、機械的(物理的)な力( ストレス) を加えると細胞が活性化するということを研究する学問のことを、「メカノサイトロジー」と呼称し、多くの研究をしてきました。「メカノ」とは機械的あるいは物理学的という意味です。そして、「サイトロジー」とは細胞学という意味です。

最近は、スナック菓子やファストフードで育った人や、やわらかくおいしくなければ食べないという軟食グルメ志向の人が増えてきているのですが、このような食物は、もともとやわらかいですから、「噛む」のに苦労することはありません。ですから、噛む回数は少なくてすみます。だとすると、現代人の「噛む」能力は昔の人よりも低下してきていることが考えられます。

これを調べるために、私たちが現代と過去の食事を比較する調査実験を行ったところ、「現代人は弥生時代の6分の1 しか噛んでいない」ことが推定される結果が出ました。

実験では、弥生時代、平安時代、鎌倉時代、江戸時代(初期、後期)、戦前、現代の、それぞれの時代の食事を再現し、20歳代の学生たちに食べてもらい、それぞれの岨囁回数と食事時問を測定しました。

弥生時代(2〜3世紀ごろ)の食事は「魏志倭人伝」の記録を参考に復元しました。当時は、クリ、クルミの乾燥したもの、カワハギの干物、アユの塩焼き、ハマグリの潮汁、ナガイモの煮物、ノビル(野生のネギ)などをおかずに、主食には「もち玄米のおこわ」を食べていたようです。これらは、もしかしたら幻の女王、卑弥呼も食べていたかもしれません。

いずれの食材も加工や調理はわずかです。その中で、蒸したての玄米おこわは数分のうちに鉛玉のように硬くなります。箸でもつかみにくいおこわをよく噛んでドロドロ状態にし、飲み込めるまでにすることの大変さに、学生たちは驚いていました。最初は砂利を噛む面もちで戸惑っていましたが、よく噛んでいくうちに甘味や玄米独特の風味を感じたためか、「案外いける」と好評でした。この食事の阻噛回数は3 990回、食事時問は51分(13 02キロカロリー) でした。

このような方法で調査実験を行い、各時代の測定結果を出しました。そして次に、現代食として、ハンバーグ、スパゲッティ、ポテトサラダ、コーンスープ、プリン、ロールパンなどを選んで食べてもらいました。学生たちは喜んで食べ、食後、まだ食べ足りないという表情を見せていました。この現代食の岨噛回数は620回、食事時間は1分(2025キロカロリー)、現代人の咀嚼回数は弥生時代の6分の1以下、食事時問も5分の1という結果となりました。

戦前の家庭食と比較しても、歴史的にはわずか数十年という驚くほどの短期間で、現代人の噛む回数と食事時問が、ともに2分の1以下に激減したという事実は、本当に驚くべきことです。

さて、私たちはさらに、現代日本人について、一口当たりの岨噛回数を調査してみました。その結果、小学生・大学生の平均値は10.5回でしたが、噛まない人はなんとわずか2〜3回、あるいは離乳食を食べるように舌でこねてから飲み込んでしまう(岨嘱しない)人もいました。

肥満傾向の人にはこの噛まない早食い癖が顕著に見られます。以上、述べてきましたように、戦後日本の社会構造の急激な変化は、家庭の食生活までをも激変させ、スナック菓子やファストフードが氾濫し、子どもから大人までがグルメな軟食を追求する飽食の時代が到来しました。

その背景には「噛むしつけ」が家庭から消滅したという現実があります。実は、この現象は日本だけの問題ではなく、経済的に発展を遂げた欧米先進国や急速に近代化する発展途上国が抱える共通課題なのです。それぞれの国で伝承的に築いてきた文化や食環境を放棄したことによる生活習慣病の顕在化に、今やっと世界の人々が気づき始めています。

噛むという行為は、顔の筋肉を動かし、細胞に物理的な力を加えるほか、歯を使って食物を細かく砕き、唾液と混ぜるなどの複雑な作業です。これらの複雑な動きから、先ほどご紹介した「卑弥呼の歯がいーぜ」でまとめたような驚くべき効用が生み出されるのです。

私たちは、病気などで食事ができないほど衰弱すれば、点滴を受けたり、流動食をとったりして命を永らえることができます。

病気でなくても、ちょっと疲れると栄養補給ドリンクやサプリメントで簡単にすませてしまうことも日常的になっています。ふだん食べている食事を振り返ってみても、やわらかい食品が増え、よく噛まなくても飲み込め、栄養も吸収されやすいようになっています。つまり、「噛む1食べる」という行為を省略しても生き延びることができるのです。

しかし、これでは栄養豊富なやわらかい食物によって生かされているにすぎません。獲物を獲る動物よりも、立ち尽くして栄養分を吸収する植物に近いでしょう。

最新の研究では、食物を食べる「噛む」という行為は、私たちが考えている以上に健康生活に欠かせない大切な行為であることが明らかになってきました。歯、舌、ほお、のど、そしてそれらの周囲の筋肉などの岨囁に関連する器官と、それを制御する中枢神経とは密接に関係しています。したがって、「噛む」という行為は、単に食物を胃に流し込むだけでなく、その刺激が全身のいろいろな機能を活性化するのに重要な役割を果たしているのです。

では、具体的に、「噛む」ことによってどのような効果があるのでしょうか。その効果をわかりやすく8つの項目にまとめた標語をご紹介しましょう。それは「ひみこのはがいーぜ(卑弥呼の歯がいーぜ)」です。この標語は「噛む」ということの重要性を再確認し、健康な生活を送ってもらえるように、考えられたものです。

「ひ」
肥満を防止(満腹中枢に働きかけて食べすぎを防ぐ)
「み」
味覚の発達(おいしさがよくわかるようになる)
「こ」
言葉の発音がはつきり(はつきりとした言葉になる)
「の」
脳の発達(噛むことは脳を活性化する)
「は」
歯の病気予防(虫歯や歯周病になりにくくなる)
「が」
がん予防(唾液の効用によってがんを予防できる)
「い」
胃腸の働きを促進(胃腸の負担を軽減する)
「ぜ」
全身の体力向上と全力投球(力いっぱい仕事や勉強ができる)

これが8つの効果ですが、「噛む」効果はここに掲げたものだけにとどまりません。認知症(痴呆症) 防止や視力改善などの効果もあります。

また、よく噛むことによって分泌される唾液にもいろいろなすばらしい効果があります。このように噛むことは、人間の体にとって、一般に考えられているよりはるかに大切かつ重要な意味を持っているのです。

生活習慣病がこれだけ日本で急増してしまった背景には、食生活の変化があります。多くの家庭では「早く食べて、学校へ、塾へ、会社へ」と時間に追われて早食いせざるを得ない状況が蔓延しています。

やわらかくておいしいものでなければ食べないという軟食グルメ志向も年々強くなってきているようです。そして、間食は食べ放題となってしまった結果、朝昼晩の定時の食事どきに空腹感がない子どもや若者たちが多くなりました。

さらに、一家のだんらんで食卓を囲むことが少なくなり、家族の食事時間がバラバラの「孤食化」傾向が顕著になってきたのです。

実は、これらすべてが生活習慣病の引き金になっているのです。かつて子どもは、食事中におじいちゃん、おばあちゃん、あるいは両親から「よく噛みなさい」「好き嫌いはダメ」「間食は控えめに」などと口うるさくいわれてきたものです。これらは、どの家庭でも大切にした日本の伝統的な「食のしつけ」でした。それと同時に、懐かしくも頑固な親父(母親)の説教のオマケもあったことでしょう。

食卓は、親子がともにコミュニケーションをとり、子どもにとっては倫理観が養われる大切な場であったのです。ところが、今では、昔から私たちの祖先が大切にしてきた食の経験則、「何をどのように食べれば元気に生きられるか」のほか、生きるうえでの人生観や考え方を語り継ぐという「しつけ」を忘れた家庭が増えています。

その結果、正しい食習慣を学習する機会が与えられずにスナック菓子やファストフードで育った若い世代を増やし、やわらかいグルメ食を好む現代人を増やすことになったのです。やわらかい食物が好まれる傾向や早食いは、よく噛まないで食べることにつながります。

そして、よく噛まないで食べると、満腹感が得られず、そのために食べすぎてしまい、肥満へと直結するのです。

また、歯やあごが鍛えられないため、歯が弱くなり、以前にも増して噛まなくなります。さらに、顔の筋肉をあまり動かさないため、脳への信号の伝達が十分に行われず、脳が活発に働かないため、ストレスをためやすくなるのです。

その行き着いた先が、生活習慣病という現代人に特有の病気なのです。このように、家庭での「食のしつけの喪失」こそが、現在の国民病ともいえる生活習慣病をつくり出した「戦後最大の忘れ物」 といえるのではないでしょうか。

そして、「食のしつけ」の中でも重要なのが、「よく噛んで食べる」ことなのです。最近の研究で、食物をよく「噛む」という行動が、実は生活習慣病を予防するのに非常に役立っているということが科学的に解明されてきました。それでは、「よく噛んで食べる」と、どのような効果があるのでしょうか。

日本は、昭和20(1945 年に終戦ですべてを失ったあと、わずか半世紀という短期間で飛躍的な経済成長を遂げました。

その間、政治経済、社会構造にとどまらず、家庭環境や人々の考え方(価値観)も大きく様変わりしました。この変化を医療面から見ると、かつては結核、肺炎、腸チフス、赤痢、コレラなど、さまざまな細菌に感染することによって起こる疾患が主な死亡原因となっていましたが、現在では生活習慣病(がん、脳卒中、心臓病、糖尿病、高血圧、肥満など) の増加が深刻化しています。

生活習慣病というのは、運動不足や睡眠不足、食べすぎなどによる肥満など、さまざまな悪しき生活習慣が引き起こす病気の総称です。

中でも、とくに肥満は、体の抵抗力の根幹である免疫機能を低下させ、健康を著しく損い、あらゆる痛気 にかかりやすくなります。

かつては肥満とがん(悪性腫瘍)の間にはあまり関係がないとされていたのですが、最近の研究では、肥満になるとがんの雁息率が高くなることも指摘されています。

具体的には、肥満は、男女とも大腸がんと胆のうがんを、女性では子宮体がんや卵巣がん、乳がんが、男性では前立腺がんなども合併しやすいとされています。

肥満の防止には、注意を払って払いすぎるということはないのです。生活習慣病は、病原菌が引き起こすものではありません。人間自らの生活態度がもたらす疾患です。それぞれが豊かで健康な人生を獲得するため、病気になってから新薬や名医に頼るのではなく、日常の栄養、運動、睡眠の自己管理やストレス解消など、今こそ自分にあった規則正しい生活習慣管理術を身につけることが非常に大切になってきているのではないでしょうか。

暴飲暴食で自分の命を破壊するか、生活習慣をコントロールして豊かな生涯を獲得するか、これは自分の健康に対する価値意識の問題であり、まさに、自分の死に様は自分で決める時代になったといえましょう。

現代人特有の病気

前回の採血ではちっとも痛くなかったのに、今日の注射はやたら痛いこんな経験はないだろうか? やはりこれは、看護婦の技術の差なのだろうか?

そのとおり。実際、注射には皮下注射、筋肉注射、静脈注射など数種があり、なかでも筋肉注射が痛いです。また、その他の要素によっても痛みは違うのだが、同じ条件のものだったら腕の差といいきってもいいでしょう。

痛みを感じるメカニズムはこうだ。ご存じのとおり、ヒトの皮膚には、圧力や、温かい、冷たい、痛い、くすぐったいなどの刺激を感じる働きがありますこれは皮膚の表面に散らばっている「知覚点」によるもので、その種類は圧点、温点、寒冷点、痛点などに分かれ、それぞれ数も集中する場所も違います。

たとえば寒冷点は、1平方センチ当たり平均して腕や脚に約5個、顔面に1個、乳頭なら15〜20個、という具合です。だから同じ寒さでも手足はそれほど感じないが、胸のあたりはひどく強く感じられるというわけです。

これらの「知覚点」の中では痛点が最も多く、1平方センチ当たり200~300個に達するといわれています。やはりその数も部位によって異なり、背部(おしり)やおなかは少ないが、指先や顔面には多く、このため指先や顔面は痛みに敏感です。

とはいえ、じやあ知覚点をよけて注射を打ってくれといわれても、実際にはムリな話。むしろ注射の痛い痛くないは、看護婦さんの腕にかかっているのです。

たとえば静脈注射の場合、血管に針を入れるのだから、ななめに注射針を刺す。が、最初から針をねかすよりも、やや針を立てめにして刺してからねかす感じにした方が患者さんも痛くないし、スムーズにいく、というベテラン看護婦さんの詰もあります。

いずれにせよ、痛い痛くないは、同じ種類の注射なら、いかにスムーズに注射針を差すか、イコール看護婦さんの思い切りのよさにかかっているのです。やはり経験に裏づけされた自信のあるベテラン看護婦さんに打ってもらう方が痛くないのは言うまでもありません。

あなたは未婚? 既婚? お子さんは? やたら結婚や出産を先伸ばしにしようとする風潮がある現在、ちょっと気になる話をひとつ。

こんなデータがあります。染色体異常の子供が生まれる確率は、母親の年齢が20代で3000人に1人、30代で1000人に1人、40代になると300~400人に1人と、なんと約3倍ずっ上昇していくといいます。

晩婚と高年齢出産が増加する昨今、この数字はかなり心配です。結婚したけれど「子供は後で」という夫婦にこそ、一番ドキッとする問題かもしれません。

ところで、「羊水検査」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? これは羊水、つまり母親の胎内で赤ちゃんをくるんでいる液体をとって、赤ちゃんや母体について調べる検査のこと。

羊水検査は、70年代に入って積極的に取り入れられるようになり、胎児に関するかなりの情報が得られるようになってきました。たとえばダウン症などの先天異常も、この検査でわかります。ここまで読んで「羊水検査ならオレには関係ない」と思った男性諸君も是非、聞いてほしいのです。

本題はこれからである。病院によっては、「夫婦の年齢」の合計が70歳以上の場合、羊水検査をすすめるところもあるのです。「うちのカミさんはまだ若いから」とはいってられない。ダンナの年齢も大いに関係するのです。

当然ながら、子供は1 人じゃつくれない。赤ちゃんの遺伝子の半分は男性からのものです。しかし、この羊水検査、直接受ける妊婦にとってはさまざまなリスクをようするものでもあるのです。羊水は母親の下腹部から細い針を刺して採取するわけだが、ごくまれに胎児に針を刺してしまったり、胎盤などを傷つけて流産や早産を誘発する恐れもあるのです。

また、熟練した産科医が慎重に行えばとても安全で確実な方法なのですが、それ以前にいろいろと難しい問題をはらんでいるのも事実です。検査を受けて安心したいのはだれしも同じだが、受ける必要性と同時に、もしそれとは逆の結果が出た場合どうするのか、夫婦でよく話しあっておくべきなのかもしれません。

一般に、ツライ検査、気持ち悪い検査、というと、経験のある人もない人も、まず胃カメラを連想するようです。

そこで胃の検査についてだが、最近では少し様子が変わってきています。

ちょっとのぞいてみよう。ベッドの脇にテレビが据えられています。お医者さんは目の前にあるツマミやボタンを両手で微妙に操作しながら、食い入るようにテレビのモニターを見つめています。画面いっぱいになにやら無気味なピンクの洞穴が。

「ポリープがありますねえ。ほれ、ここ。見えますか? 」お医者さんに見えますかっていわれても、患者さんはベッドに横たわり、マウスピースをくわえさせられ、マグロ状態。それでもなんとか首を伸ばして画面をのぞこうとします。

そう、これが最近の胃の検査です。もちろん画面に映っているのは自分の胃です。「ハイテク」とか「バーチャル・リアリティー」という言葉を想像してしまうような検査です。

さて、胃カメラが最初に開発されたのは約30年前。先端に照明ランプと小さなカメラをつけたチューブを口から入れ、撮影したものを見て診断したのです。どんなに小さくてもカメラとストロボです。

それにいくら曲がるからといっても、太さ2cm近くのチューブ。これを飲み込むのは苦痛そのものでした。しかし、もっと以前は、もっと太い直線状の曲がらない管を、食道にズ〜ンと通して胃の中まで挿入する検査でした。

想像するだけでおえっとなります。昔の人はなんとガマン強いのでしょうか。ここで話を今に戻すが、グラスファイバーが発達した現在は、胃の検査での患者の苦しみもぐんと減りました。

喉のところに麻酔を流し込んでいるので、思わずおえっとなりにくいし、マウスピースを通して入る管は鉛筆くらいの太さ。無数の光ファイバーが束となっているのです。(ちなみに内視鏡検査というのは、チューブの先にのぞき鏡をっけた器具で体の内部を観察する検査の総称。胃ファイバースコープや、大腸ファイバースコープというものもそのひとつにあたる)先端についた、CCD (電荷結合素子カメラ) という極小のビデオカメラから送られる信号がファイバーを通ってモニターに映像化されます。

管にはいくつかの孔が通っており、検査によってその大きさや数が違います。もちろん写真撮影もできます。また、ひとつの穴から専用の極細紺子を入れ、もうひとつから麻酔のための注射針を入れ、「検査するから、じやあ今、組織を取りましょう」なんてこともできる(これは生検といって、細胞組織を取って顕微鏡で調べる検査のこと)。

それどころか、小さな病変ならその場で切除することも可能です。医者はモニター画面を見ながら、まるでゲーム機を扱うようにファイバーの先の器具を自由に操るのです。つまり、患者からソッポを向き、テレビに映る内臓を凝視しているのです。まさに胃カメラではなく胃テレビの時代。ああ、医学の進歩です。

胃が出している小さなサインを見逃さない

胸を刺す、などと言われれば誰でも少なからずドキッとするのが普通でしょう。一方、レバ刺し、というとお好きな人には、別の意味でワクワクするたまらない言葉でしょう。

冗談はさておき、現実の検査で、本当にブスッと胸に針を刺すことがあります。簡単にいえば注射針を刺して胸水を吸い上げ、その性状を調べる検査です。

胸水とは、胸膜腔(胸と胸壁の間)に溜まった水のことです。少しなら正常な人間にもあるのですがX線写真で見てもわかるほど溜まっていたら、病気の一症状として詳しい検査が必要です。

ところが、この胸水検査、トレーニングを積んだ医者が行えばなんの心配もないのですが、研修医や慣れない医者が針を刺すときは要注意です。

胸に溜まった水を抜き取るつもりで、肝臓を刺してしまったというミスが、案外日常的に起きているのです。肝臓は血液に富んだ臓器だから、万が一、大きな血管を傷つけてしまうと出血多量で死亡というケースも現実にありうるのです。

大酒飲みのための教科書 https://turmeric-guide.net/drunkard/

リンク

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.0.1