アサイベリーを飲み始めて3ヶ月で視界が晴れて老眼鏡も不要になった

10数年前に「緑内障の気がある」と検診で指摘されて、3年ほど前、日常生活に不便はない程度とはいえ、視界に小さな欠損ができました。自覚症状がはっきりと出てくると不安になるものです。

ちょうど同じ時期に飛蚊症にまで悩まされて、視界の左右に2つ、3つと黒いゴミがでてきたり消えたり、はっきりと見えたり薄くなったりしていました。サッと拭いたら取れそうなゴミなのに! とやるせない思いでした。

新聞や週刊誌、パソコンを読み始めると、目がすぐに疲れるのも深刻で、15分で視界がぼやけてピントがなかなか合いません。目の奥から頭まで、鈍痛も響いてきます。目の疲れがこれほどまでにしんどいとは思もしませんでした。

あれもこれもと目の不快症状が重なり、気持ちが沈んでいた昨年の春、アサイベリーの評判を知耳にしました。目のための投資なら何も惜しくないという心境で、アサイベリーを摂り始めて3ヶ月後のこと。週刊誌を2時間読み込んでも、目のショボつきが全然起きないことにまずびっくりしました。最初は信じられませんでした。

大好きな車の運転でも標識がクッキリ見えて、対向車のヘッドライトのまぶしさが気になることもありません。

以前に作った老眼鏡も、気がつけば引き出しの肥やしになっていました。アサイベリーのおかげで、裸眼視力そのものが向上したようです。ますます感激したのは、アサイベリーを摂って半年後のこと。眼科で「治せない」といわれていた飛蚊症が大幅に軽快したのです。

視界のゴミがぐんと薄れてほぼ透明になり、空を見上げたり、白い壁や紙を見るときも一向に意識しません。うれしいことに視野の欠損も広がらず、緑内障の悪化はまぬがれている状態。眼科の目薬とともに、アサイベリーを毎日切らさず、眼圧は11~12を保っています。

飛蚊症の症状を軽減してくれたアサイーベリーはこちら。

足の骨折のおかげで白内障手術は延期に

70歳の誕生日を過ぎた頃でしょうか?洗濯物を干すために外に出ると太陽光がまぶしくて外にいられませんでした。白内障を眼科で指摘されて1年が過ぎた頃から、いよいよ目のかすみが深刻化。もはや限界と診断を下されて、昨年、手術をすることが決定しました。

ところが、その直後、目のかすみで足もとがおぼつかないため私は、早朝の散歩中に転んで左手首を骨折。骨折の影響から白内障の手術も延期となりました。

その骨折の治療で通っていた接骨院の待合室で、偶然手に取った雑誌で知ったのがアサイベリー。白内障の視界が晴れたとの体験記事に、私もアサイーベリーを食べてみよう!と決意しました。朝・昼・晩に必死の思いでアサイベリーを飲んで、その願いがかなったのは2ヶ月後でした。

かすみが消えて、視界の透明度が戻ったことにと気づいたのです。やがて、老眼鏡はよほど細かい文字を見るときに使う程度になり、新聞は裸眼で不自由なし。目の疲れや目ヤニも出なくなり、二重にぼやけていたテレビの字幕や文字が鮮明に見えることにも感激しました。

光のまぶしさまでやわらいで、サングラスのお世話にはもうなりません。アサイベリーを飲んで最大の朗報は、白内障の手術の話が立ち消えになったこと。眼科を訪れても手術の「し」の字も出ないうえ、むしろ視力が0.6から、右0.7、左、0.9に上がっているのです。アサイベリーの実力は100点満点でもう手放すことはできません。

白内障の手術を回避できたアサイーベリーはこちら。

文字が曲がって困った!今はホントにアサイーベリーに感謝の日々

ちょうど子供が大学受験を無事クリアーした頃、私は50代半ばに入ろうしている時でした。右目が眼底出血、左目が黄斑変性を起こしていると言われたのです。眼科では、50代前半から、60~70代では多い眼病だと言われ、これまで大きな病気をしたことがなかった私はホントにがっかりました。

目の前が真っ暗になり私は失明してしまうのでは?と不安に陥りました。

両目1.2の視力も次第に悪化して、右目が0.6に。左目は網膜のレーザー治療を受けましたが、0.2まで落ち込んだんです。視界も極度に暗くなって、天井からぶら下がっている電球もよく見えないし、テレビの字幕も全然わかりません。

さらに深刻だった目の症状は視界のゆがみで、読書や新聞を見るときにも字が曲がって見えて、もはや字の形をなしていない状態。インターネットで加齢性黄斑変性症を調べると男性より女性が多く、また失明の危険もあると書いてあり最初は何が何だかわからなくなってしまいました。

そんな私に妹がすすめたのがアサイベリーで、妹は小さい字が見えるようになって老眼鏡を取り替えた。との話を聞かせてくれて、にかく私も飲んでみようと!思ったのです。妹の話に希望をもち、私もアサイベリーを毎日摂り始めて、視界の暗さがバッと退散したのは2ヶ月後でした。電球の形や明るさがわかるようになって、テレビの字幕も「6」と「8」の違いまでしっかりわかるまでに回復したのです。ホントに少しずつ、少しずつ改善したのですが、ある日突然よく見えるようになったので驚きました。

さらに感激したのが、視界のゆがみまで解消したことです。さすがにゆがみが解消したのはアサイーベリーを摂るようになって3ヶ月が経過していました。字の変な曲がりを気にするとなく、スラスラと文章が読めて、読書の後の目の疲れまで一切ないのです。目の調子がよくなってくるので、食後にアサイベリーのサプリを飲むときがワクワクしました。

また、目の奥の痛みや目ヤニが出なくなりました。そのうえ、メガネ店では、右目の視力が1.1まで回復しているとの大朗報。店のご主人も驚きつつ、度がほぼゼロの新しいメガネを用意してくれました。メガネ店の方も最近は「目の疲れにアサイーベリーを飲んでいらっしゃるお客様が増えています」とおっしゃっていました。

アサイベリーは本当に目を助けてくれると確信した私は、白内障で目薬を使っている知人にも教えてあげました。光のまぶしさが消えて、車の運転が楽になったそうで、乱視のメガネもほぼ不要になったと大喜びしています。その方は、1ヶ月でほとんどの症状が消失したそうです。

加齢黄斑変性を改善してくれたアサイーベリーはこちら。

収納は一般的に、しまう、隠すになりがちですが、見せる収納もあります。収納場所が少ない!という家もあるでしょうから、見せる収納を上手に利用して、運気もアップさせましょう。

見せる収納はセンス良く

見せる収納では、センスの良さがポイント。センスの良いディスプレイは、その家に暮らす人のステイタスや容姿にも影響を及ぼします。

食器をオープンラックにディスプレイしたり、調味料入れなどに統一感をもたせて、キッチンを飾りましょう。

食品は、収納しておくだけでなく、かごや食器を使ってディスプレイしておくと、生活での楽しみごとにお金を使えたり、お金の戻りが良くなったりします。

キッチンツールは統一感をもたせる

調理器具の収納は、キッチンの運気を良くするための大切なポイントです。引き出しなどに普通に収納する場合、おたまやフライ返し、トングなどのキッチンツールはゴチャゴチャさせないようにしましょう。

金運をアップさせるためには、おたまなどは扉の内側に掛けたりして、見えないところに収納するのがベストですが、統一感を出せるなら、見せる収納にするのもOKです。見せる収納は、人間関係の運をアップします。

しかし、見せる収納にする際に、キッチンツールの素材がスチールだったり、プラスチックだったり、木だったりしてバラバラな状態だと人間関係に悪影響ですから、できればデザインをそろえるのがよいでしょう。

おたまやフライ返しなどをフックを使って壁に掛ける場合、お金を貯めたいのであれば、ツールの前面(柄を持ったとき上になる面)を壁に向けるように掛けましょう。また、お金の流れを良くしたいのであれば、その反対向きに掛けます。

フライパンやお鍋の収納にも注意する

フライパンを掛けておくなら、いつもピカピカに磨いておきましょう。焦げついたフライパンは絶対にダメです。焦げは悪い意味での「火」の気を呼び、衝動買いや無駄づかいをしやすくなります。これは、お鍋の場合でも同じことです。

そして、お鍋を調理台の上に置いておいたり、自分の目線よりも高い位置に収納しておくのも良くありません。調理台に置いたままだと、気づかないうちにお金が出ていってしまうし、目線より高い位置に置くと、お金によるストレスを受けるようになります。

中身が見える調味料入れではお金が貯まらない

開運のためのキッチンでいちばん大切なのは、「プラスチック製品を目に見えるところに置かない」ということです。プラスチックがもつ悪い意味での「火」の気が、「金」の気を燃やしてしまうのです。

さまざまなキッチンツールがありますが、その中でも、いつも目にするところに置く調味料入れは、特に重要な意味をもちます。

風水では、「見る」ということは「火」の気をもつと考えるのですが、調味料入れがプラスチック製のものであれば、火と火が重なり、より強い「火」の気を受けることになるのです。

よくあるプラスチック製で中身が見えるタイプのものを使っていると、お金が貯まらない可能性があります。特に、透明なボトルでふたが黒と赤のものは避けたいところです。なぜなら、赤はお金を燃やし、黒はお金を流し続けるという作用があるためです。

この赤と黒のはなしは調味料入れのことだけでなく、キッチン全体のNGカラーですから覚えておきましょう。

おすすめは白の陶器製品

では、どんなものが良いのかというと・・・

風水では、キッチンの「火」を抑えることが金運アップの近道と考えるので、「土」の気をもつ陶器製のものが良いでしょう。お金を燃やす「火」の気を抑えてくれます。

カラーは白。白い陶器は清浄化作用が強く、空間に漂う悪い意味での「火」の気を振り払い、空間を清浄に保つので、特に、白い陶器のものがおすすめです。

そして、ガステーブルの近くの目に見える場所に置くのがベストです。

陶器製以外の食品ストッカー

食品を保存しておくものというと、キャニスターもありますね。

木製のものは、金運というより健康運を左右します。生命力を向上させて健康で過ごせる運気をもっているので、陶器と一緒に使うと、家族で健康に暮らせます。

ガラス製のキャニスターは、金運面では無駄づかいをしがちになるので注意しましょう。人間関係の運には恵まれます。

風水では、食べるものは「金」の気をあらわし、冷やすことは「水」の気をあらわします。

そして、「金」は「水」と交わることで増える、というふうに考えられています。

冷蔵庫は食品を冷やすものですから、金運を増やす場所となります。

賞味期限切れに注意する

冷蔵庫の収納で特に注意したいのは、食品の賞味期限です。

「お買い得だったから、つい買いすぎてしまった!」なんてことはよくあることですが、食品には賞味期限や消費期限がありますから、期限が切れてしまい捨てる羽目になってしまうこともあるでしょう。気づかずに冷蔵庫に入ったままかもしれません。

賞味期限を過ぎたものは、古いもの、つまり「陰」の気をもつものとなり、それらが冷蔵庫に入っていると、金運を増やすどころか、お金にルーズになる可能性があります。

普段からチェックして、賞味期限切れの食品を冷蔵庫に入れておかないようにしましょう。

冷蔵庫の食品の収納

冷蔵庫の野菜室に、野菜がぎゅうぎゅう詰めになっていませんか?また、古くなった野菜が長い間入ったままでいると、野菜がもっている「木」の気、発展運や若さが失われてしまいます。

野菜類は早めに調理するようにして、古いものをいつまでも保存していてはいけません。

卵には、生まれる、という運気があります。卵を買ってきたままのプラスチックのケースで保存している人もいるかと思いますが、そのままだと金運を生み出すことができなくなってしまうので、プラスチックケースからは出して保存しておきましょう。

取り出しやすい冷凍庫でお金の流出を防ぐ

冷凍庫に何が入っているかわからない状態だと、いつのまにかお金が流れ出ていき、貯まりにくい家になってしまいます。ですから、冷凍庫の中は必要なものがきちんと取り出せるように収納しておくことが大切です。

手前のものと奥にあるものを入れ替えたりすると、気の滞りを防ぐことができます。

引き出しの仕切り

キッチンカウンターや食器棚などについている引き出し。こういったキッチンの引き出しの中は、風水では、貯蓄運をつくるために重要となる場所です。

スプーンやフォーク、ナイフといったカトラリーを引き出しに収納するとき、どんなふうにしているでしょうか。

引き出しの中はゴチャゴチャしがちですが、きれいに整頓し、見やすく使いやすいものにするには、上手に仕切ることが大事です。

そして、ちょっとした工夫で、運気は大きく変わります。

カトラリー収納の専用ケースなどもたくさん市販されていますが、引き出しの中を仕切る場合、できるだけプラスチック製のものは避けましょう。プラスチックがもつ「火」の気が、お金が貯まらない家をつくってしまいます。

籐のかごや、木製、スチール製の仕切りケースを使うと良いです。

もし、プラスチックのケースを使うなら、カトラリーなどの収納するものにプラスチック面が直接触れないように、布などを敷いておけば大丈夫です。

スプーンとナイフを一緒に収納すると金運がダウン

スプーンとナイフを一緒に収納すると、スプーンがもつ「金」の気をナイフが切ってしまうので、どんどん金運が下がっていきます。同じ引き出しの中に収納してかまいませんが、ケースなどを利用してきちんと仕切りましょう。

フォークとナイフの場合は、一緒に収納しても大丈夫です。

お気に入りのものを見つけると、ついつい増えていってしまいがちな食器類。収納にも頭を悩ますところですが、食器をどうやって収納するかによって食器がもつ運気は大きく変わります。毎日の食事で使う食器は、運の土台をつくるものなのです。

オープン棚を上手に活用する

食器棚には、扉がついているものとついていないものがあります。扉がついていない食器棚の場合、カップやグラスを上向きに置いておくと、それらに金運が吸い込まれてしまうので、下向きに伏せておきましょう。

ただ、オープン棚をインテリアのように使いたい、食器を上向きに置きたい、ということならば、カップやグラスの中に何かを入れておくことで、気が吸収されるのを防ぐことができます。

豊かさを生み出してくれるので、ガラス玉などの丸いものがおすすめです。

陶器の収納

食器棚に食器を収納する場合、上の段に軽いものを、下の段には重いものを置くことで、バランスの良い状態を保てます。

陶器などの土の素材のものと、ガラスなど水の素材のものは、棚の同じ段に置かないようにしましょう。相性の良くない土と水の気が交わることで、運気の土台を流してしまいます。

陶器の食器は、ガラスの食器よりも低い位置の段に収納します。ガラスの食器は、上段または自分の目線よりも上になる段に収納すると良いです。

食器棚には食べものをしまわない

食器以外のものを食器棚に一緒に収納していませんか?

食器がそれらのものがもつ運気を吸収してしまうので、食器棚の同じ扉の中や引き出しの中に、食器とほかのものを一緒に収納することは良くありません。

特に、お菓子などの食べものを一緒にしまっておくと、お金に対してルーズになる心配があります。また、食べることにルーズになって太りやすくなってしまいます。

キッチンの収納はどんなふうにしているでしょうか。

風水の考えでは、キッチンは家の中では金運をつかさどる場所であり、キッチンの収納ひとつで、金運が大きく変化するのです。特にシンク下やガステーブルのまわりは大切な部分で、ここの収納のしかた次第で、金運のある家とない家の別れ道となります。

金運アップのためのシンク下の収納

なかでも注意が必要なのは、シンクの下に調味料や食品を置かないことです。

シンクの下は、水(すい)の気が強いところです。いっぽう、生命は火(か)をあらわしていて、私たちが生きるために必要な食品や調味料も火(か)の気をもつものだと考えられます。

つまり、シンク下に食品や調味料を置くことは「火」と「水」という正反対の気がその空間に同居することであり、空間のバランスが乱れるのです。

これは、風水の五行説での相克(そうこく)の関係です。

これによって、キッチンのもつ金運が大きく下降してしまいます。

シンク下に置いておくのに適切なのは、水(すい)の気をもつミネラルウォーターや、お鍋やボウルなどの調理器具です。お鍋やフライパンは、いつもピカピカにして収納しておきましょう。焦げついたままでは、金運ダウンにつながります。

置くのを避けたいものは、「火」の気の強いオイル類や塩、そしてお米です。主食であるお米をシンクの下に収納しておくと、自分自身がもってうまれた金運まで消耗することになります。

ガステーブルの下には食料品を収納する

ガステーブルの下は火(か)の気が強いので、食品や調味料は、同じ火(か)の気をもつガステーブルの下に収納すると良いです。

お米は、できるだけ木製やホーロー製のストッカーに入れて使いましょう。買ってきたままのビニール袋に入れておくと、お米のもつ運気が目減りしてしまいます。

ものを収納するのに使うストッカーは、プラスチックの素材はあまり良くありません。無駄づかいが増え、お金を失いやすくなります。

米こうじは、蒸した米にこうじ菌を加えて繁殖させた物。この米こうじから、日本酒やみそが作られます。そして、近年、大ブームとなっている甘酒も! 甘酒がこれだけ大人気となり、多くのかたに支持されているのは、こうじがもたらす健康効果があればこそでしょう。

ただ、甘酒を自分で作るとなると、ちょっと手問がかかります。「もう少し簡単にできないかな?」と感じているかたもおられると思います。 そこでお勧めしたいのが、「麹水」です。作り方はとても簡単です。こちらです。

[PR]蒸し生姜の使用感、口コミ

リンク

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2.4