水溶性低分子キトサン とは、どんな成分なのでしょう か。キトサンはカニ殻やエビ、 イカの甲羅などに含まれる動物性の食物繊維「キチン」を抽出精製して作られます。そして本来、水に溶けないキトサンを溶性に加工し、分子量も小さくすることで、体内への吸収率を上げ、その効能をより高めることが可能になったのです。 水溶性低分子キトサンは、消化器系、とくに腸内の細菌層の環境を改善させる作用に優れています。それらの細菌が、人間にとって実に有効な成分を作ってくれるわけです。腸を通じて、脳の働きを刺激していると言い換えてもよいでしょう。

ヌーススピリッツは、キトサンの持つココロとメンタル面の不調に最適な機能性があることを 発見した精神科医 酒井和夫氏との共同開発によって誕生した 「ココロと気持ちの健康生活を実践する」ためのサプリメントです。 高濃度で凝縮された水溶性低分子キトサン粉末をそのままカプセル化しているので、 メンタルバランスの調整に最適です。

気分や気持ちが安定、さまざまな不快な症状も軽減

20代後半に、ひどいうつ病になりました。会社でのストレスや引越しで環境が一変したことなど、いくつかの要因が重なった結果だと思います。不安神経症、強迫神経症と診断され、実際、ちょっとしたことが必要以上に気にかかり、ひとつひとつの出来事をスッとやり過ごせませんでした。症状はなかなかよくならず、いろんな病院を回り、自分に合った安定剤と出会うことができました。

15年以上たった今はこの病気と上手くつきあえるというか、日常生活で大きく崩れることはありません。とはいえ、薬を10年以上手放せず、毎日服用し続けている現状を変えたい気持ちもありました。しかし、症状がまた出てしまっても困るという八方ふさがりのような状態でした。

そんなときに知人から水溶性低分子キトサンのことを教わったのです。たしかご自身かお子さんのために購入されており、精神面に効くということでとても興味を持ちました。薬と違って副作用の心配がないこともメリットで、さっそく注文してみたのです。

私の場合、1日1~2カプセルを毎日飲用。現在、飲みはじめて4ヶ月ほどたちますが、効果は実感できています。まず、試してまもなく、安定剤を1日おきに減らすことに成功。以前にも1日おきに減らしてみたことがあったのですが、そのときは不安感が拭えず、長続きしませんでした。ところが今回は、すんなりと半分の量まで減少。

やはり水溶性低分子キトサンのおかげでしょう。今後、さらに薬を減らせればよいな、と考えているところです。また、以前から子育てで度々悩んでおり、気持ちが不安定になったり、生理が来ると神経過敏になっていましたが、近頃は気持ちが安定していて、とても前向きに。気持ちの面だけでなく、緊張が取れたせいか、頭痛や肩こりも楽になったのです。

ご飯に混ぜて、少量の水溶性低分子キトサンを家族もとっていますが、主人の気持ちも安定し、お天気屋さんなところがなくなってきたようです。また、子どもの花粉症もかなり軽くなりました。

水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」はコチラ。

眠れるようになる日が来るとは想像でもできなかった

私は元々寝付きが悪く、不眠ぎみで、とりわけ寝苦しい夏になるとまったく眠れず、安定剤を飲んでいました。それでも3時間くらいしか眠れないので、日中は精神的に不安定になり、症状と折り合いをつけながらなんとか夏を乗り切っていたのです。眠れないのも2~3日を過ぎると苦痛が続きます。また、昨年の夏は早い時期から不眠にななってしまい、安定剤もきかない状態に。日中がつらくて、体がふらふらしたり、気分も沈みがちになりました。最初は効き目の弱い安定剤でリーゼ→セレナール→メイラックスと次第に強い安定剤を飲むようになってしまいました。

水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」は以前、体調が優れないときに試したことがありましたが、翌日から飲む量を7カプセルに減らしても、安定剤なしで2~3時間眠れるように。もう少し減らしても効果があるかな、と思い、次の日は6カプセルにしましたが、やはり睡眠がきちんと取れました。1週間後には、就寝前に3カプセル飲むだけで3~4時間、ぐっすりと眠れるようになりました。安定剤でも効果がなかっただけに、改めて「水溶性低分子キトサンの効果」には驚きです。

現在は「ちょっとつらいな」と感じたときだけ、水溶性低分子キトサンを飲むようにしています。飲んだ瞬間は効果を感じませんが、しばらく時間がたつと、体調が着実によくなります。飲み方については色々と工夫してきましたが、私の場合は、就寝前に飲むのが一番効果的だったと思います。水溶性低分子キトサンは、私にとってお守りのようなものです。

あるとき、会社の健診で「うつ状態になっているから、心療内科を受診するように」といわれました。原因は、仕事で溜めたストレスでしょうか?確かに当時、不眠や気分の落ち込み、出社拒否感などにとても悩まされていました。とはいえ、仕事を休むことはできず、病院で薬をもらいながら日々をしのいでいました。

また、薬はダルさや頭がボーッとするなどの副作用もあって、結局、睡眠薬だけを服用して、体を引きずるようにしながら必死で会社に行っていたのです。実は、妻が以前から水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」を愛飲しており、その影響で私にも勧めてくれました。

「サプリメントでよくなるはずがない」と思いながらも、半信半疑でとりあえず飲みはじめてみたのです。調子が明らかに変化したのは、1日4カプセルを3週間ほど欠かさず飲用した頃。気分の落ち込みがすっかり消えていたのです。妻が飲んでいるときは正直、否定的に見ていましたが、水溶性低分子キトサンの効果を身を持って体感できました。現在は睡眠薬と併用しながら、<a href="https://memo-note.com/kitosan/2016/03/post.html">水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」</a>を続けています。私はお酒を飲む習慣があり、肝臓の数値も気になっているので、このサプリメントで肝臓も健康になれるのではないか、と大いに期待しています。

心身が落ち着き高かった血圧も下がる

数年前、心のモヤモヤや気分がすぐれないことが度々あり、水溶性低分子キトサンを試しました。当時は、確か20日間位で不調がラクになったように記憶しています。その後すっかりよくなり、水溶性低分子キトサンなしで過ごしてきました。

けれども今年に入り、更年期の症状なのか、心身がスッキリせず、つまらないことが引っかかったり、クヨクヨすることが増えてきたのです。そこで再び水溶性低分子キトサンを飲みはじめ、前回同様、しばらく飲むうちに気持ちが落ち着き、2~3ヶ月経った今では精神的にとても安定しています。

また、血圧が不安定で、薬は飲んでいないものの、医者から定期的に血圧を測るようにいわれ、血圧手帳をつけていました。それが、ここ最近は130mmHGくらいで数値が安定。心の安定が血圧にもよい影響を及ぼしているのだろうと考えています。

私は元来「明るい性格だね」といわれるタイプ。水溶性低分子キトサンのおかげで本来の姿に戻ることができたと感謝しています。仕事でヨガのインストラクターをしているのですが、今後もヨガや水溶性低分子キトサンをコンディション維持に活用しながら、更年期の悩みとも向き合っ′ていくつもりです。ちなみに、私は化粧品で肌がかぶれやすく、サプリメントでじんましんが出ることもあるので、水溶性低分子キトサンでアレルギー症状が出ないだろうかと心配していたのですが、まったく問題ありませんでした。体に合っているのだと実感しています。

水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」はコチラ。

20年来のうつが軽減し、気分も明るく

水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」と出会ったことで、平穏な日々を送る今の私。でも、10代の頃から摂食障害やリストカット、買い物依存、アルコール依存などに苦しんできました。とはいえ「結局、自分の心が弱いせいだ」と自分を責めるばかりで、ろくに通院も薬の服用もせず、症状を放置していました。

そんな状況を変えざるを得なくなったのが3年前。仕事や子育てのストレスから、再びパニックを頻繁に起こすようになり、きちんと通院する決意をしました。しかしながら、うつ症状は通院後も悪化し続け、ついには自殺未遂を起こしてしまい、結局2ヶ月入院。ひたすら眠り続ける日々でした。

一番辛かったのは薬の副作用です。舌がもつれたり、足の動きが止まらなくなったり、視力や味覚に障害が起きたり。頭もぼーっとするんです。退院後の自宅療法も苦しく、家から一歩出ることさえ不安で仕方ありませんでした。そんな時期に水溶性低分子キトサンと出会い、とにかく1日6カプセル、抗うつ剤と一緒に飲むことにしたのです。すると、睡眠剤を月2回程度に抑えても、不眠症にならず、パニック発作も起こらず、気持ちが穏やかになりました。

同時に薬の副作用に苦しまなくなり、徐々に体が軽くなっていきました。自然と気持ちが外へ向くようになり、育児に追われながらも、週三〜五回、アルバイト勤務もしています。今、私は本当に幸せだ心底そう思えるまでに、心身ともに元気になりました。

思春期の反抗期も精神が安定した

パニック障害(パニック障害についてはこちら)を発症したのは、子供を出産し、育児不安がはじまった頃。すぐに疲れてしまい、気力が湧かず、家から出ることさえとても怖いと思うようになったのです。頑張って外に出ても、ひどい不安に襲われ、吐き気をもよおしました。

次第に乗り物にも乗れなくなり、1人では知らない場所に行けないのはもちろんのこと、スーパーの行列にも並べず、買い物も難しくなっていきました。当時は何か困ったことがあるとその都度母親に助けてもらい、不安とイライラがつきまとうなか、安定剤と睡眠剤を服用してどうにか生活をしているような状態でした。

そんな時に水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」を知り、さっそく1日4カプセル飲みはじめると、まず寝付きが良くなりました。眠れることによって少しずつ元気が出てきて、「倒れるんじゃないか」といった体力面の不安も軽くなりました。さらに、徐々に電車やバスに乗れるようになり、病院へも1人で通えるまでに回復しました。

愛用して4年経った今でも、子育てや更年期障害でイライラや不安を感じること僧ありますが、そんな時も水溶性低分子キトサンを飲めば気分が落ち着き、ラクにやり過ごすことができます。時には反抗期の娘にも、ぬるま湯で溶かした水溶性低分子キトサンを入れて炊いたご飯を食べさせていますが、精神的に安定するように思います。

今から10年前、強迫性障害(強迫性障害についてはこちら)と、それにともなってうつ病を発症し、病院に通っていました。しかし症状はほとんど改善されない状態が続き、さらに仕事のストレスから少しずつうつ病が悪化して行ったのです。この頃は精神的にもどん底だったのだと思います。

結局、3年前に仕事を辞め、休養することになりました。病院を変えたり、色々なサプリメントを試してみたり、漢方を飲んできましたが、どうしてもある一定のしんどさや、不安に襲われるといった症状が解消されない日々。とはいえ薬は増やしたくなかったので、何かよものはないかとインターネットで調べていたところ、「水溶性低分子キトサン「と出会いました。半信半疑ではあったものの、少しでもよくなればという藁にもすがる思いで、さっそく飲みはじめてみることにしたのです。

朝と晩に2カプセルずつ飲むようにすると、イライラや緊張性の頭痛が軽減したように感じました。ただし、まだうつ症状は残っていたので、飲用量を増やしてみたら、1ヶ月が過ぎたころから変化が現れたのです。具体的には、心から笑っている自分や、気楽に考えている自分に気づいたのです。

また、物事にやる気が出てきて、料理を楽しく作れるように。夜も安心して眠れるようになったのです。飲用をはじめて3ヶ月。もっと効果を感じられるかも!と希望が湧いてとても嬉しいです。

水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」はコチラ。

増え続けるうつに悩む人々、現代人は誰でもなる可能性がある

WHO の発表では、世界では少なく73億5千万人という数のうつ病患者がいます。また、うつ病患者に多い不眠症も、データによれば、この10年間で患者が3倍に増加しています。日本最大級の総合医療メディアサイトが以前行った不眠症に関する大規模リサーチでも、6044人(回答者) のうち半数近い42% の方が、過去3年以内に不眠症に悩んだ経験を持っているとわかりました。

このように、心の病が増加する昨今において、大きな注目を集めている成分があります。それが、水溶性低分子キトサンです。水溶性低分子キトサンを治療に役立てているのは、主にうつ、心の不安定、不眠(緊張から来る自律神経の失調)、依存症の改善です。

とくに心の不安定には高い成果を挙げており、代替医療の分野で大きな可能性を持つ成分だと考えています」というのも、従来の精神医療の現場では抗精神薬を処方したり、薬と併用してカウンセリングを受けるといった治療が一般的でした。しかし、水溶性低分子キトサンのような天然素材から得られる有効成分を活かすことで、症状を無理なく快方へ導いていくそうした新しい代替医療の可能性があるからです。

水溶性低分子キトサンについて

水溶性低分子キトサン とは、どんな成分なのでしょう か。キトサンはカニ殻やエビ、 イカの甲羅などに含まれる動物性の食物繊維「キチン」を抽出精製して作られます。そして本来、水に溶けないキトサンを溶性に加工し、分子量も小さくすることで、体内への吸収率を上げ、その効能をより高めることが可能になったのです。

水溶性低分子キトサンは、消化器系、とくに腸内の細菌層の環境を改善させる作用に優れています。それらの細菌が、人間にとって実に有効な成分を作ってくれるわけです。腸を通じて、脳の働きを刺激していると言い換えてもよいでしょう。

実際、細菌を作る物質が健康維持に必須である、ということが確認されています。水溶性低分子キトサンの効用に関して、うつ、キレる、情緒不安定など、精神疾患における水溶性低分子キトサンの効用という内容で学会で発表済です。

具体的には、薬の服用で改善しなかった約500人の患者さんに、分子量約3~5万の水溶性低分子キトサンを飲用してもらったところ、8割の方の症例が快方に向かいました。また、イライラ、倦怠感、不眠など、更年期障害の改善例も数多く認められています。それ以後も、水溶性低分子キトサンの臨床例は着実に増加。現在までに1000例以上の改善データが確認されています。他の薬が必要なくなったり、水溶性低分キトサンだけでほぼ完治に近いといわれる状態になった患者さんは、実際かなりの数に上っています。

もう1つ特筆すべき点は、水溶性低分子キトサンは「衝動性疾患の改善剤」として、日米で用途特許を取得していることでしょう。つまり、キレるという心の状態を改善する作用が認められたのです。用途特許とは、ある物質に、これまでに知られていた効用以外に新たな用途が発見・解明された場合、その用途に対して与えられる特許を指し、認定が下りること自体とても異例です。

副作用がなく、薬との飲み合わせを気にする必要もない上、その人の体質や症状に合わせて摂取量を自在に変えることが可能。その点でも、ぜひ多くの方におすすめできる重要なポイントです。

ヌーススピリッツ

ヌーススピリッツは、キトサンの持つココロとメンタル面の不調に最適な機能性があることを 発見した精神科医 酒井和夫氏との共同開発によって誕生した 「ココロと気持ちの健康生活を実践する」ためのサプリメントです。 高濃度で凝縮された水溶性低分子キトサン粉末をそのままカプセル化しているので、 メンタルバランスの調整に最適です。

何となくスッキリしない、集中できない、つい暗いことを考えてしまう...。 そんな、心の不調の初期状態に気づいたら、まずは、ヌースアイをお試しください。 1日2粒~6粒程度を、ご自分の調子に合わせて飲用してみてください。 3ヶ月ほど続けても、思ったほどの体感が現れないときは、 ヌースアイと同じ成分で濃度が4倍の ヌーススピリッツに切り替えてみることをおすすめします。 原料はカニ殻から精製したキチン・キトサンですから、習慣性はありません。 安心して飲用いただけます。

水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」