指で掻き出すほどの超ひどい便秘が治った

外出時にも手放せなくなってい

私は長年、ひどい便秘症に悩まされてきました。頭の中はいつも「いつ出るかな?」ということばかり考えていました。特につらかつたのが、20代のころです。1~2日は当たり前で4~5日、便通がないことがほとんどでした。。ひどいときには、1週間以上出ないこともしばしば。恐怖感から常用はしていませんが、市販の下剤や、病院で処方してもらう強めの下剤を飲むこともありました。便秘薬の副作用は使い始めるとどうしても常用化してしまうので心配で使えませんでした。

あまりに便がたまりすぎて、病院で応急的な処置を受けたこともあります。出口寸前まで便が来ているのに、便器に30分近く座っても出てこないときでした。 汚い話ですが、指で直接、便をかき出してもらったこともあるのです。とても大変でしたしどうしてこんなにひどい便秘になってしまうのだろう?と悲しくなりました。

ひどい便秘症だと、常に気分が晴れません。 どんよりとした暗い気持ちになり、行動力も低下していきます。また、便がたまると、下腹がポコンと出てきます。おなかを隠すため、ゆったりとした洋服を着なければなりません。そうした洋服は、おしゃれとはいい難いので、ますます外に出ることがおっくうになります。

さらに、おなかが苦しいので、どうしても姿勢が悪くなるのです。近年は、以前ほどの便秘に困らされることは少なくなりましたが、やはり便秘には変わりありませんでした。私自身、あまりに長年のつきあいになりすぎて、便秘の改善は、ほとんどあきらめていたほどです。肌荒れもひどく人前に出ることが嫌になっていました。

しかし、そんな便秘症を、劇的に改善してくれたものがあります。それこそが、「マグネシウム水」です。1ヶ月前、知人から勧められて使い始めました。一見すると、ただの水にしか見えない液体ですが、知人いわく、濃縮されたマグネシウムが入っており、便秘の改善をはじめ、さまざまな健康効果が期待できるそうです。

外出時には容器を持ち歩き、外で飲み物を飲むとき、気づいたときにはマグネシウム水を数滴垂らすようにしました。こうして使い始めたところ、まず変化が現れたのが、おしっこの量です。体内に、こんなに水分があったのかと驚くほど、尿がたくさん出るようになりました。

そのため、夜は使う量をへらし、1日を通しても、あまり多用はしていません。しかし、うれしい予感がありました。これまでの私の経験から、尿の出が悪いときは便秘になhリやすいということを知っていたからです。反対に、尿の出がいいときは、便が出やすいのです。

水分代謝が活発に

その予感は、みごとに的中しました。なんと、「マグネシウム水」を使い始めてから2日 後、便通が大改善したのです。男性のように、毎日快便というわけではありませんが、2日に一度は必ず便通があります。 長年、便秘に苦しんできた私にとっては、まさに快便です。もちろん、「マグネシウム水」を使い始めてからは、下剤を飲むことば一度もありません。 おなかは、スッキリ爽快!ポコンと出ていた下腹も、ペッタンコになりました。

そのおかげで、おしゃれな洋服も着られるようになったのです。 気持ちも、前向きに変わり、以前よりも外出する機会がふえました。行動がふえるということば、単純に体の動きがふえることです。これまで、気分が落ち込んで体を動かさない、体を動かさないから、ますます便秘になりやすいという悪循環が生まれていました。

しかし、行動力が出てきた現在、便秘に対する好循環が生まれているのです。さらに、笑顔がふえ、姿勢もよくなりました。驚いたことに、周囲からは、「やせたね」.といわれるようになりました。きっと、水分の代謝がよくなっているので、むくみが取れているおかげではないでしょうか。「マグネシウム水」には、ほんとうに感謝しています。これからも、使い続けていこうと思います。

最近は、マグネシウム水だけで効かないときは、天然濃縮マグネシウムの液体「マグフォース」を使っていますがこれがよく効いてくれます。

8kgも減量成功

マグネシウムは、数滴加えてご飯を炊くとおいしい

友達に苦労しなくてもやせる方法がある...と教えてもらったのが「マグネシウム水」でした。一見すると、ただの水にしか見えませんが、この中には、必須ミネラルであるマグネシウムが皇宮に含まれているそうです。 これを食事や飲み物に数滴混ぜるだけで、ダイエットをはじめとした健康効果が得られるというのです。

勧められたときは、正直、ほんとうかなぁ」という感じで半信半疑でした。 その理由は、使い方があまりにも簡単だったからです。実際、身長145cmに対し、体重が56kgもあり、常日ごろ、「体重を落としたいなぁ」そうと考えていました。

実際に、痩身効果があるといわれるサプリメントを飲んだこともありますが、成果は思うようにでませんでした。 そうした経験から、「やっぱり、体重を落とすには運動や食事制限も必要なんだ」と考えるようになっていました。

簡単なダイエットなんて、この世にあるかなぁ~と疑心暗鬼でしたし、やはり信じられません。 ただ、知人いわく、「マグネシウム水」を水に加えると、市販されている、ダイエットに役立つとして有名なミネラルウオーターのように変化するそうです。

以前から、そのミネラルウオーターに興味があった私は、とにかく試しに使ってみることにしました。私は、仕事中に会社で飲むコーヒーやお茶をはじめ、飲み物には、必ず数滴入れるようにしました。

また、ご飯を炊くとき、お米をといだ後にも、数滴を加えてから炊くようにしたのです。 使用量の目安は、1日15~20滴といわれていましたが、私の場合、厳密に数えていたわけではありません。驚いたことに、「マグネシウム水」を加えて炊飯すると、ご飯がおいしくなりました。

何が違うと聞かれると困ってしまいますが、確かに普通に炊いた白米よりも、昧に深みが出たようです。 おみそ汁にも加えていますが、入れすぎないかぎり、昧が変わるてとはありません。水に加えると、硬度の高いミネラルウオーターの昧に変わります。こんな調子なので、知人のいったとおり、とても楽に使い続けることができました。 そして、体に変化が現れたのは、1ヶ月後でした。体重計に乗ってみると、なんと3kgも落ちていたのです。期待を上回るダイエット効果に、ただただ驚きました。

食べると出る

その間は、食事に多少気を遣った程度で、運動はいっさいしていません。ただ、1一つだけ、生活習慣が変わったことがあります。 それは、水分を多く摂取するようになったことです。

「マグネシウム水」を使い始めてから、いつも以上に水分摂取を意識するようになったので、そのこともダイエット効果を高める要因になったのかもしれません。 便秘の解消法にも「ミネラルウォーターを頻繁に飲む」という方法がよく紹介されています。 日本国内のミネラルウォーターというのは、軟水が多いのですがヨーロッパなどでは硬水が多くミネラル成分が豊富に含まれています。

このミネラルというのは、カルシウムやマグネシウムです。 つまり、国産のミネラルウォーターを飲んでいる場合、口当たりはまろやかですが、ミネラル成分を摂取することができません。そこでミネラル水が役に立つというわけです。 話が脱線してしまいましたが、新陳代謝が高まったようで、汗をかきやすくなりました。

以前、友人たちとちょっとした登山をしたときも、私1人だけが、たっぷりと汗をかいて登っていたのです。便通も改嘗しました。もともと悪いほうではありませんが、さらに快便に変わりました。 1回に出る量がふえ、「食べたら出る」という便通になったのです。そのおかげか、肌の調子もよくなり、なんとなくですが、化粧のりも変わってきたのです。そして、それ以降も、体重は落ちていきました。一時は、合計で八キロの減量に成功したこともあるのです。やはり、おなか周りから脂肪が落ちてきたようです。これまで、小さめのズボンやスカートを無理やり着ていましたが、スッと楽に着られるようになりました。今後、42kgの体重を目指し、「マグネシウム水」を使い続けていこうと思います。

もっとマグネシウムの量を摂りたければこちらは濃縮液体なのでマグネシウム水より濃いかもしれません。

お酒に入れてもおいしい

家での晩酌を、欠かしたことが内ほどの酒好きです。また、営業という仕事柄、外で飲む機会も多いほうでした。 接待も多くお酒は公私ともに欠かせません。

さらに食事は、肉や揚げ物などの脂っこいものが好きで、量も食べるほうです。こんな生活を続けていれば、太るのも必然といえるでしょう。 20年前、62kgだった体重は、だんだんとふえ続け、いつのまにか80kgに達していました。以前の標準体型は見る影もなくなり、今では、おなかがポッコリ。ウェストを測ってみると、92cmもありました。

健康診断では、毎年のように引っかかるようになりました。中性脂肪値、血圧、コレステロール値がいつも悪かったのです。当然、近年実施されるようになったメタボ健診も、みごとに引っかかりました。 「そろそろ、どうにかしなければ!」という焦りが出てきて、水太りや脂肪過多に効果があるといわれる漢方薬を飲んだり、なるべく脂っこいものを避けたりしていましたが、思うような結果が出てくれませんでした。

ただ、大好きなお酒だけはやめられなかったので、これが原因かもしれません。そして、今年受けた健康診断の結果が、最悪でした。 中性脂肪値は260mg、最大血圧は150mmHG近く(正常値は140mmHG以下)、酒好きのせいか、肝機能値も高い数値でした。 この結果に大ショックを受けていたころ、偶然、出会ったのが「マグネシウム水」です。

今から5ヶ月前、薬局に務めている友人から教えてもらったのが、きっかけでした。 どうやら、この液体には、濃縮されたマグネシウムが含まれていて、糖尿病や高血圧、肥満の改善など、さまざまな健康効果があるそうです。 使い方も簡単で、1日10~20滴を目安に、口にする飲み物や食事に数滴ずつ加えるだけでいいとのこと。正直、友人から話を聞いて、そこまで効果を期待していたわけではありません。

とはいえ、マグネシウム自体、必要な栄養素だということは理解していたので、体によさそうだからという軽い気持ちで使い始めることにしたのです。

実際、使い勝手はく簡単で、いつでも手軽に利用できます。 それからは、お酒を含め、とにかく飲み物には必ず数滴の「マグネシウム水」を入れるようにしました。飲み物に入れても、昧が変わることはありません。 それどころか、焼酎やビールに入れると、昧がマイルドになって、非常においしくなります。そのため、いつもよりもお酒を飲んでしまったほどです。 また、それとは別に、水が入った500mlのペットボトルに10滴ほどの「マグネシウム水」を垂らし、それを常備するようにしたのです。水に入れると、軟水が硬水に変化したように感じます。また、料理にも使ってもらうようにしました。

薄毛にも変化が!

こうして、軽い気持ちで使い始めた「マグネシウム水」でしたが、1ヶ月後、私は、その優れた効果に驚愕しました。なんと、体重が75kgに落ちていたのです。まさに、気づいたときには、5kgやせていたと、いう感じでした。 さらに使い続けたところ、体重はスルスルと落ちていきました。

5ヶ月経過した現在、私の体重は67kgです。なんと、12キロの減量に成功しました。、気になっていた中性脂肪値などの数億も下がっています。 先日、検査を受けたところ、中性脂肪値は140mg、最大血圧は120mmHGという結果が出たのです。また、コレステロール値、肝機能値にも改善の兆しが見えています。

この間、節制や運動を心がけていましたが、それだけでは、ここまでの成果が現れないと思います。また、お酒の量は変わらないどころか、ふえているにもかかわらず、この結果が出たことには驚きました。さらに、不思議な効果もあります。

最近、髪がしっかりとしてきたのです。また、薄かった生え際を見ると、新しい産毛も生えていました。今後も、さらなる健康体を目指レ、「マグネシウム水」を利用していこうと思います。マグネシウムは薄毛にも効果があるのかもしれません。

https://benpi-guide.net/contents/archives/157

母の糖尿病と私の便秘が改善

血糖値が大幅に下がった

母は、今年で還暦になりますが、若いころから、高い血糖値に悩んでいました。通院を始めたのは40代後半からで、処方された薬を飲み、食事療法や運動療法を心がけていましたが、なかなか数億は思うように下がってくれませんでした。今年の検査でも、血糖値は180mgヘモグロビンA1Cは4.3~5.8% 以上あがったのです。

そんな母の糖尿病は、私にとっても心配の種でした。そんなある日、友人から教えてもらったのが「マグネシウム水」です。詳しい話を聞くと、この液体は、濃縮したマグネシウムが含まれ、血糖値を下げる作用もあるとのこと。実際、友人の母も糖尿病に悩んでいて、これを使ったら、状態が大改善したそうです。

そんな話を聞いて、ぜひ母にも使ってもらいたいと思いました。ただ、1つだけ問題があったのです。母は、健康食品という類のものが、あまり好きではありません。 信用していないのでしょう?このまま勧めたとしても、飲んでくれないと思いました。

そこで私は、母に内緒にして、料理や飲み物に、「マグネシウム水」を加えることを思いついたのです 。使い方は、とても簡単です。飲み物や料理に、数滴を加えるだけです。お茶やコーヒー、料理に混ぜても、味が変わらないので気づかれることばありません。

ただ、水に入れたところ、ミネラルウォーターのような味に変わることには気づいたので、なるべく水には入れないようにしました。

そして1ヶ月後、検査の日がやってきました。その結果を聞いて大仰天。なんと、血糖値が140mgまで下がっていたのです。 また、ヘモグロビンA1Cも6.7% に落ちていました。血糖値が、ここまで下がったのは初めてのことでとても驚きましたし、とてもうれしかったです。

私は、「マグネシウム水」の力に感動を覚えました。そして、私よりも驚いたのは、当の本人でしょう。それもそのはず、私が「マグネシウム水」を使っていたことなど、夢にも思っていないからです。 母は、「何もしていないのに、血糖値が下がった」とびっくりしていました。実際に、すばらしい効果が現れたので、私は種明かしをすることにしました。すると母は、怒るどころか、「ありがとう」と感謝してくれたのです。

私は、目頭が熱くなりました。 さて、「マグネシウム水」の恩恵は、母だけではありません。いっしょに食事をしていた私の体にも、うれしい変化が現れました。 それは、便秘が改善したことです。私は、頑固な便秘症で、便通はあっても3日に1度、ひどいときは10日も出ないこともあります。そんなときは、おなかがパンパンに張ってしまい、苦しくてたまりませんでした。

しかし、「マグネシウム水」を使うようになってから、便秘が大改善したのです。現在では、最低でも3日に1度は便通があるようになりました。便秘が改善したのは、母も同じようです。母も便秘症で、便がたまると、下腹がポッコリと出ていました。しかし最近では、便秘で悩むことがなくなり、私から見ても、下腹がスッキリとしている様子がわかります。

母の場合、以前はあまり水分をとりませんでしたが、「マグネシウム水」のことを知ってからは、積極的に水分をとるようになりました。そのおかげもあり、便秘が改善したのかもしれません。

「マグネシウム水」は、その後も我が家には欠かせません。みごと母の認可を受け、飲み物や料理に利用しています。そのおかげで、血糖値も下がったままで安定を見せています。

マグネシウムの力に感謝するばかりです。

マグネフォース 濃縮されたミネラル液でマグネシウムを摂取する | 便秘を解消しよう!

メタボになりにくくなる

国内の糖尿病(Ⅱ型)の患者数は、戦後から急増し、現在も増加傾向を見せています。その原因には、さまざまな説がありますが、もっとも大きな原因と考えれてるのは「食生活の変化」です。

戦後、日本の食生活は「半欧米化」の道をたどり、古来の和食が徐々に失われつつあります。ごはんよりパンが増えているのも事実です。

特に注目したいのが、穀物の摂取量の低下です。 穀物の摂取量がへり始めた時点と、糖尿病がふえ始めた時点が、みごとに一致しているのです。 日本人は、もともと農耕民族であり、血糖値を下げる働きをするインスリンの分泌機能が、欧米人と比べて弱いという特徴があります。

つまり、日本人が欧米人と同じ食生活を送ると、糖尿病にかかりやすいのです。また、糖尿病の原因として、腹部肥満によるインスリン抵抗性(インスリンの働きが低下している状態)が定説ですが、日本人の場合、あまり太っていなくても糖尿病になりやすい傾向があります。

ここで再び注目したいのが、食生活の変化です。食生活の「半欧米化」、つまり穀物の摂取量の低下により、ある大切な栄養素を摂取する機会が奪われることになりました。

必須・主要ミネラルのⅠつである、マグネシウムです。マグネシウムの摂取不足も、インスリン抵抗性を引き起こすことが判明しました。 さらに、これまでの研究で、マグネシウムの摂取量が少ないと糖尿病の発症リスクが有意に高まり、反対に摂取量が多いと、糖尿病の発症リスクが10~20%%程度 減少することが判明しています。 つまり、日本人が肥満でなくても糖尿病になりやすいのは、慢性的なマグネシウムの摂取不足が原因と考えることができるのです(マグネシウム仮説)。

さらに近年、マグネシウム不足とメタポリックシンドロームの関係も注目されています。糖尿病や高血圧、脂質異常症(高脂血症)などが併発すると、心筋梗塞や脳梗塞といった、命にもかかわる動脈硬化性の病気を発症する可能性が高まります。この状態を、メタポリックシンドロームと呼びますが、マグネシウム摂取量が多い人の場合、少ない人と比べ、メタポリックシンドロームになるリスクが三一% も低いという疫学的な研究報告もあるのです。

脂肪吸収が抑制され太りにくくなる

マグネシウムは、物質の代謝、特にエネルギー産生系で極めて大切な作用を担っている栄養素です。また、体内にある350種類以上もの酵素の働きを活性化する作用があります。 糖質や脂質、たんばく質の代謝がアップするので、脂肪燃焼だけでなく、太りにくい体づくりに役立ちます。

ある実験においては、脂肪の吸収が抑制される作用も確認されているのです。医療の世界では、古くから便秘薬として、酸化マグネシウムが用いられてきました。こうした実績からも、便秘の予防や改善が期待できます。ほかにも、生活習慣病の予防をはじめ、手足のつり(こむら返り) の改善、二日酔い防止、フケや抜け毛予防、口臭予防や歯肉強化など、さまざまな作用が期待できます。

ミネラルというと、いちばんにカルシウムや鉄分などを想像しがちですが、実に重要な栄養素なのです。 現在、国が推奨しているマグネシウムのⅠ日摂取量(30~49歳歳男性) は、370mgです。しかし一方で、厚生労働省が実施した『平成20年国民健康・栄養調査』によると、マグネシウムの平均摂取量は、243mgとなっています。

ほかの年代を比べても、推奨されている1日の摂取量より、100~120mgも不足しているのが現状です。 マグネシウムの補給には、古きよき和食を中心とした食生活に変えることが手段の1つです。

特に、マグネシウムが豊富に含まれている、蕎麦、バナナ、ノリ、ヒジキ、マメ、五穀、豆腐、抹茶、ゴマ、ワカメ、野菜、魚、シイタケ(乾)、イチジク(乾)、コンプ、牡蠣、イモ、納豆、クルミなどを積極的にとりましょう。 これらの食材の頭文字をもじって、「そばのひ孫と孫は優しい子かい? 納得!」と覚えてください。

食事でまかなえないときは、栄養機能食品やサプリメントなどを利用するのもいいでしょう。 その際にお勧めなのが、「マグネシウム水」です。

オーストラリアの西に位置する、デポラ湖(海由来の塩湖)から生まれた濃縮ミネラル液です。原水汚染の心配もなく、天然マグネシウムを極めて豊富に含んでいます。腸管からの吸収率も高く、速やかな効果が期待できるのです。 また、ナトリウム.(塩分)がほとんど含まれていないので、塩分過多を気にせずに利用できます。 、海外の医学専門誌に掲載されました。 利用方法は、非常に手軽です。

料理や飲み物に、数滴加えるだけです。一滴、約8.5mgマグネシウムが含有されているので、1日10~20滴を目安に、1日を通して使いましょう。副作用の心配はありませんが、多用しすぎると便がやわらかくなることがあります。その場合は、使用する量を減量すればいいでしょう。

逆に便通がこれまでと同じならもう少し増量してもいいでしょう。増量しても便通に変化が見られない場合は、マグネシウム不足による便秘というわけではないのかもしれません。その場合は、伝統的な便秘改善食材である「アロエ」を試すといいかもしれません。アロエの便秘効果についてはこちら

血糖値が200mg→120mgに下がった

動じなかった血糖が下がった

今年の春に受けた健康診断で、空腹時の血糖値が200mg、ヘモグロビンA1C 、も7.5% という結果が出ました。 こんなに高い数値は、初めてでした。医師からは、「このままだと、大変なことになりますよ」と脅かされました。とはいえ、薬を飲むほどではないようで、とにかく生活習慣を見直すように注意されたのです。医師の真剣な顔に私自身も驚いてしまいました。

それからは、妻の協力のもと、食事に気を遣い、大好きな酒の量もへらしました。さらに、休日に時間があるときは、ウォーキングをするように心がけたのです。

こうして、生活習慣を変えていきましたが、肝心の血糖値には、なかなか変化が現れませんでした。私は、「薬を飲まなければならないかな」と考え始めていました。

そんなとき、知人から教えてもらったのが「マグネシウム水」です。 どうやら、この液体の中には、非常に濃縮されたマグネシウムが含まれているそうです。

そして、マグネシウムは、体に必要なミネラルの1つであり、血糖値を下げる作用があるとのこと。私は早速、普段の生活に、「マグネシウム水」を取り入れることにしました。使い方は、とても簡単です。とにかく飲み物に、数滴の「マグネシウム水」を加えるだけ。

不思議なことに、コーヒーやお茶に数滴を垂らすと、非常にマイルドな昧に変わります。また、ビールに入れると、口当たりがやわらかくなって、とてもおいしく感じますし、二日酔いもしません

。妻に頼んで、料理にも加えてもらうようにしました。 料理に関しては、「マグネシウム水」を入れても、味はほとんど変わりません。知人によると、一日10~20滴が目安だそうですが、私の場合は、量を気にせずに多めに使っていました。こうして、ふだんの節制や運動に加え、「マグネシウム水」を使うようになったところ、1ヶ月後の検査で、血糖値に変化が現れました。

何をしても下がらなかった頑固な血糖値が、なんと160mgになっていたのです。ヘモグロビンA1C1も6% まで下がったこのように結果が伴うと、

がぜん、やる気も出てきます 私は、外出するときも、「マグネシウム水」を常に持ち歩くようにしました。自宅だけでなく、どこにいるときでも、飲み物をとるときは、必ず「マグネシウム水」を数滴加えるようにしました。

そして現荏、「マグネシウム水」を使い始めて3ヶ月がたちますが、血糖値は120mg、ヘモグロビンA1Cも6% まで下がっているのです。この結果には、医師も驚き、「すごいですね。もう一息がんばってください」と励まされました。

医師には、「マグネシウム水」を使っていることは話していなかったので、きっと自分の生活指導のたまものだと考えていることでしょう。 しかし私は、生活習慣の見直しだけでなく、「マグネシウム水」の力が大きかったと確信しています。

医師のいうとおり、正常値まで、あと一歩というところです。ここで気を抜かず、正常値を目指していこうと思います。そのためには、今後も「マグネシウム水」が欠かせません。

マグネフォース 濃縮されたミネラル液でマグネシウムを摂取する | 便秘を解消しよう!