キクイモでひざ下の違和感が治り、足指の感覚が戻った

頻繁にのどが渇いて水ばかり飲んでいたのが異常で糖尿病のサインだった

糖尿病との付き合いは2年前、2人目の子供を妊娠したときでした。妊娠糖尿病で、空腹時血糖値が130mg/dl、あめ玉ひとつで350mg/dlにはねあがってすまうほどでした。

その3年前に第1子を出産した際は高血糖の症状はありませんでしたが、常に異常なほどのどが渇いていたので今思えば糖尿病のサインだったのだと思います。

それから年々糖尿病の症状は悪化し、膝から下の硬直、手足のしびれ、わずかな移動での息切れ、かかとのひび割れ、傷が膿んで治りにくいなど、全身に影響が出ていました。

私は広告問係の仕事をしていますが、取引先に合わせて動くため深夜残業もぎらにあり、睡眠時間を十分に取れないこともしょっちゅうでした。また、食事の時問も不規則な上、接待などで高カロリーなお酒や食事を食べることも多いので、糖尿病を悪くさせる原因はたくさんありました。

これに伴いインスリン注射の量も増量し、朝一番と朝昼晩の食事ごとにインスリンを打っていました。私は51才にして杖をついて歩き、服の脱ぎ着も娘に手伝ってもらわなければならないほど足も弱っていたのです。「もうおばあちゃんだから仕方ないね」と口癖のように言うのをよく娘に叱られていましたが、自分の体についてはもゝつ治らないと諦めていました。

そんな最悪な状態のとき、私の体調を心配した会社の上司が血糖値下げに効くといわれる「キクイモ」のお茶をプレゼントしてくれたのです。それをきっかけに、毎日やかんたっぷりお湯を沸かし1日1リットルのお茶を作って飲むようにしました。

まずは足が元気を取り戻し、自由に動かせる感覚を取りもせた

飲み始めて1週間で、明らかな体の変化が訪れたのです。まず、もう何年も感覚がなくなっていた足の指先に生気が戻り、指を開いたりふ閉じたりできるようになりました。また、干からびた餅のようにひび割れたかかとの傷も治り、足全体に血の気が戻ったのです。もっと驚いたのは、4階にある会社の階段を休みなく昇れるようになったこと。以前は階段を昇り切ったときに息切れとめまいで気を失ったこともあったのですが、気づいたら平気で昇れていたのです。

キクイモがこんなにも効くのでキクイモを粉末にしたものと、錠剤をあわせてとるようにして1ヶ月後さらに嬉しい変化が起きたのです。睡眠時の足腰のつりがなくなり、朝の目覚めがすっきりするようになりました。また、甘いものを食べると、砂漠の中にいるようなのどの乾きに襲われましたが、それもなくなっています。もっともキクイモがほんのり甘いのでこれを飲むようになってからは間食が減ったようです。甘いものが以前ほど欲しなくなったのも不思議です。こんなに素晴らしい変化を短期問で起こした「キクイモ」のパワーは奇跡としかいいようがありません。

2ヶ月経った今は膝から下の硬直も治り、杖をつくこともなくなりました。足指の感覚が戻ったので自分の足で歩いている実感があります。インスリン注射の量も初めて減らすことができ、食事ごとの注射が3分の1に。どん底にあった私の人生に光を射してくれたキクイモには大感謝です。これからも欠かさずとり続けます。