問題の被曝量は、医者や技師の腕しだい

いい病院の条件として「最新の設備が整っている」という点をあげる人も多いです。特に検査をする場合には最新機器を揃えた大病院できめ細かく調べてもらったほうが安心です。

また、それを見越して高価な機材をうたい文句にしている病院も多数あります。しかし、ことⅩ線に関する限り、それはあまり意味がないのです。

つまり、高価で新しい機械なら1 回の検査で放射線を浴びる畳も少なくてすむ、というわけではないのです。では、1 回に浴びる放射線の量をできるだけ少なくするにはどうしたらいいのでしょうか。なんと、これは機械のよしあしではない、ひとえに検査にあたる技師の腕にかかっているというのが真実です。

ふつうレントゲン撮影というと、胸や胃や腸を撮った1枚の写真を思い浮かべます。特に胸のレントゲンなら、「ハイ、息を止めて」でパシャとそれだけ。この程度の被曝量などは大したことはありません。問題はバリウムや造影剤を使って内臓の働きを見る検査。専門用語でいう「透視」です。

ちょっと家庭用ビデオを思い出してほしい。電源をO N にすると画面が見える。撮影者はファインダーをのぞきながらチャンスを待つ。いい場面がきたら初めて撮影のスイッチを押します。もちろんその間、電源はつけっばなし。これと同じことが「透視」にもいえるのです。

たとえばバリウムを飲みながら体を横にしたり寝かしたりします。実はこのとき、写真は撮ってはいけません。適当なところで「ハイ、ちょっと動かさないで」と、ガラスの向こうから技師が声をかけるでしょう。そこで初めてシャッターが押されるわけです。

1 回の検査で撮影される写真は10 枚〜20枚。その間ずっと技師の前にあるモニターにはあなたの内臓が写りっばなし、つまり、Ⅹ線は照射されっばなしというわけです。だから、そこで問題になるのがレントゲン技師の腕、ということになるのです。

優れたカメラマンと同じく、腕のいい技師はシャッターチャンスを逃さない。モニターを見ながらここぞというポイントを素早くとらえて撮影する。ところが逆に下手な技師はなかなか写真にふさわしい箇所を見つけられない。当然、ダラダラと透視を続けることになり、被曝量も多くなるというわけだ。では、いい技師にあたるにはどうしたらいいか。最善の方法は、病院の内部に知り合いをつくった上で、指名することだが、現実にはなかなかそうもいかないでしょう。やはり、通常からその検査を多く行って熟練している、専門の病院に行くのが順当ということになります。こと医療に関しては「最新」ということにありがたみを感じがちだが、こうした人間的な問題も重要な要素です。

「検査好き」は「放射腺好き」?

1回のレントゲン撮影で浴びるX線の量が、別に人体に害を及ぼすほどではないことはわかりましたた。

となると、年1 回の健康診断くらいなら、安心してレントゲン撮影もできる。だが、それが年1回ではすまなくなると、どうでしょう?。前述のレントゲン検査技師の話のように、1回の被曝量だけで考えるわけにはいかないのが放射線です。

現代は、なんでもかんでもレントゲン検査であることは否定できません。

X線撮影を行った場合、同じ病院では通常1週間は間を開けるような措置がとられている。が、その間に、あなたは歯医者に行き、歯のレントゲンを撮ることになるかもしれません。

ここでちょっとシミュレーションしてみましょう。たとえば、胃の調子が悪い、下痢気味だ、それに腰痛も近ごろひどくなったとする。現代人ならこの程度の症状の併発はよくあることです。

そこで、この病因を調べるためにレントゲンを撮って調べてみましょう、ということになるのは必然です。考えられるレントゲン検査は、胃・食道・大腸などの粘膜の病変を探るⅩ線二重造影法など。それこそ納得いくまで、何度でも X線を浴びることができるのです。

さらに、もし内臓に問題がなければ骨か? ということで、今度は骨のレントゲンです。さいわい、検査の結果に異常は見られなかった。しかし体調は相変わらず悪い。で、今度は知り合いのすすめに従って、病院を変えてみることになります。

そしてそこでもまた、ひととおり検査をする。が、やはり異常なし。どうも納得いかない。じやあ、今度は権威ある大学病院で。いかがでしょうか、あながち現実味のないなりゆきではないはずです。

ちなみに、こうした病院を次々に変える現象で、それが特に頻繁な人を、医療関係者の間では「病院渡り鳥」などということがあります。納得のいく病院を見つけること自体は、全然悪いことではないのだが、この被曝量だけは気をつけた方がいいでしょう。

ちょっと皮肉めいた言い方だが、「検査好きは被曝好き」ということにもなりかねない。現実に「病院渡り鳥」の言葉とセットで、よくある話なのです。

加えていうならば、前述の「放射線診療従事者」には、年間の放射線被曝量の限度値は決められているが、患者に対しては定められていない。自分で受けた検査や治療での被曝量についかみては、お上は面倒を見ない(見切れない) よ、というのが現状なのです。

ただ、現在のレントゲンは20 年前と比べて、放射線量が極端に少なくなってきており、年に4 〜6 回くらい検診を受けてもなんら問題はない、というお医者さんもいることをつけ加えておきましょう。

では、「浴び過ぎ」を未然に防ぐには? 次にそのポイントと、われわれ一般人が引っかかりがちな盲点について紹介しよう。

レントゲン検査技師は部屋の外

「はい、それではレントゲンを撮ります!」

さっきまで検査の段取りを大急ぎで説明してくれた検査技師は、そそくさとぶ厚い扉を閉めて、今は窓の外に移動します。残されたのは、広い部屋にでっかい機械と検査衣姿の自分1 人。

こんなとき、あなたは疑問に思ったことはないでしょうか。「なんでレントゲンの検査技師は、いつもわざわざ部屋の外に出るのだろう? 」おそらく、この疑問に続いて、あなたの頭に浮かんでいた憶測は、正しい。ズバリ、「いっしょに放射線を浴びたくない、浴びると体に危険だから」あなたはいつも、レントゲンの検査技師が危険だと外に出てしまうような検査を受けているこちは間違いありません。

ちなみにⅩ 線の検査技師がいる病院の場合などで、現在のようにⅩ線を照射する(当てる) 部屋と操作する部屋を分離させる方式が定着したのは、ほんの25 年ほど前からのことである。若い人は記憶にないかもしれないが、以前レントゲンの検査技師は、野球の審判のようなプ厚い鉛のエプロンをつけて、撮影室に立ち会っていた。それがあまりに重く不自由であったことと、やはり放射線をカットしきれないことから、現在のような形になったという経緯があります。

当時はもっとロコツだった、ともいえる(現在でも、患者のそばに検査技師がつき添わなければならない特殊な検査では、鉛のエプロンをつける)。

では、ここでレントゲンの検査技師の言い分も聞いてみよう。医療において、放射線や放射性物質を取り扱う人々は、労働法令上「放射線診療従事者」と呼ばれ、年間に浴びる放射線の線量を厳しく管理されている。彼らが浴びてもよいとされる、年間の放射線の限度値は50 ミリシーベルトである。簡単にいって、これを守らないと仕事をさせてもらえないからなのである。50 ミリシーベルトは胸の単純Ⅹ線撮影の500回分に相当する。仮に1 日にたった5 枚しか仕事をしないとしても100日分。中規模以上の病院なら、たしかにあっという間に限度を超えてしまいそうな数なのです。

ただし、この法令には、もっと驚くべき背景があのです。法令が定まる前は、先ほども書いたとおり技師もレントゲン室に入り、患者といっしょに放射線を浴びていました。

ところが、患者は1 人とは限らない。日に何人もⅩ線検査をすれば、それだけばく技師の「被曝量」もかさんでいくのは明白です。そうして、放射線技師や放射線治療を行う医師には、現実に体に障害の出る者も少なくなかったのです。

病院で不安を感じる象徴的な1 シーンには、こういう事情があってのことだったのだ。とまあ、とりあえず立場の異なる患者にとっては、やはりこの点では心配はありません。

1回のⅩ線撮影で浴びる放射線量は50ミリシーベルトどころか10 ミリシーベルトにも達しないのです。とはいえ、この法令、1回1回については問題にならないにしても、過剰に積み重なれば危険性がある、ということをはっきり示したもの、ともいえるでしょう。

さらに余談ながら、被曝量の「曝」の文字について。お気づきの人もいるでしょうが、普通はヒバクというと「爆」の字を使うのが正解です。しかし医療の世界では、原水爆の被害を受けることと一線を引き、印象をソフトにするため、あえて、この字をあつらえて使っているのである。こうしたことをふまえた上で、あちらはお仕事、こちらは健康のためと割り切って、しつかり検査してもらうことにしよう。

最近の検査に関する Q&A一覧はこちら。

レントゲンを浴びると白血病になってしまう?

どんなにⅩ線検査が一般的になっても、放射線イコール「核」というイメージは私たちの頭に根強く残っています。これは広島や長崎での民族的衝撃が、いまだに後を引いていることが大きく影響しているように思います。

しかし現実には、その経験があるからこそ、豊富なデータにより放射線の安全性や有効性に関する研究が進んでいるのです。(注・Ⅹ線は放射線と厳密には違うのだが、医療ではほぼ同じものを指していると考えてよい)いまだ「レントゲンを浴びると白血病になる」とか「ヤケドしたらどうしよう」といって、かたくなにただのⅩ 線検査さえ受けようとしない人がいるのですが、これはまったくの誤解です。

さて、Ⅹ線が人体になんらかの影響を与える、とされる量は、250ミリシーベルトから、といわれます。しかしこの数値さえも、いっぺんに全身に浴びた場合に、一時的に白血球が減少する、という程度のものですぐに回復します。

ただし、1 0 0 0 ミリシーベルトにまでなると、吐き気や嘔吐などの症状がともないます。

ちなみに、シーベルトとは、ただ単純に放射線の量をあらわすのではなく、人体に及ぼす危険の程度をあらわす単位のことです。

では、具体的にⅩ線検査の場合はどれぐらいの量になるのか20というとたとえば胸の単純Ⅹ線検査(われわれが検診などで受ける一般的な胸のレントゲンのこと)で1 回に浴びる量は、わずか0.1ミリシーベルト。

放射線によって被害を受けるには、胸のレントゲン写真を2500枚撮影する勘定になります。

また、妊娠中の危険性についてもよくいわれることだが、これも100ミリシーベルト以上のⅩ線を、妊娠2 〜8週の時期に浴びた場合に問題にされます。

「妊娠中または妊娠の可能性のある方は...」と検査室の壁に大きく注意書きがあるのは、あくまでも万全を期する、ということが主眼。素直に申告して、お医者さんの判断に任せておいてまちがいありません。

まさか1000枚ものレントゲン写真を撮る妊婦がいるはずがないから、その点だけでは、まず心配はないでしょう。「その点だけでは」なんて、なんか気になるいい方じゃないかって? そのとおり。

最近の検査に関する Q&A一覧はこちら。

注射で血管に空気が入ると死ぬ?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

お医者さんは注射をする前に、必ず注射器を上へ向けて、ピュッと数滴液を押し出します。あれはなんのためにそうしているのかというと、注射器の中に残った空気を外へ出すため。血管に空気が入ってしまうと死に至るケースがあるからです。

なぜか?

わずかな空気なら細かい泡となり、やがて吸収されてしまうのですが、もし血管に多量の空気が入ると、体内に入った空気の球が吸収されずに、血管をふさぐ「空気塞栓」という事態に陥り、重要な器官への血流をストップしてしまうことがあるるのです。

だから、医者のあの動作はおまじないでもなんでもなく、ちやんと意味のあることなのです。

もちろんこれは点滴の際にもいえることだから、新米ナースが一度はずれた針を再度刺し直すときなど、「はぁ、大丈夫か?」と、ちょっと気になりますね。

といっても、「空気塞栓」で死に至るための空気の量は約20 ∝。これは、およそ通常の注射液の1 回分の量です。つまり、注射器の先の、ほんの少しの空気が入ったぐらいで、死ぬことはまずな、J OLV通常の医療では、そんなに神経質になる必要はないので心配無用です。

最近の検査に関する Q&A一覧はこちら。

最近の検査に関する Q&A

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

大手術ならともかく、「たかが検査」で命を落としては笑い話にもなりません。しかし、そういう人が、実は毎年毎年いるとしたら?驚いてしまいますが、本当の話です。

副作用とか、事故とか、こうしたことは検査には無縁のようでいて、実は大アリなのだです。体内に薬剤を注入もすれば、放射線も使います。

場合によっては、体内に機器を入れたり、身体組織の一部も切り取ることもあります。

目的は検査ですが、実際の作業では、ほとんど手術や治療とかわらない体の扱いをするものも多いのが実情です。患者側の負担は増える一方です。今のところ健康だけど、念のため受けておくか、なんてときでも重要注意の話。

バリウムは肺に入ると死んでしまうの?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

胃のレントゲンを撮るときに飲まされるバリウム。まだ未体験の人もいるでしょうが、健康診断、人間ドックをはじめとして、これからも飲む機会がありそうな、胃の検査の必須アイテムでです。

ところで、「あの白いドロドロの液が誤って肺に入ると死ぬ」という、ちょっとおっかない噂を耳にしたことはないでしょうか?

ホントのところどうなのか、気になるところです。答えを先にいってしまえば、たしかに肺に入ってしまえば死ぬでしょう。

現に、毎年数人がバリウムの誤囁(あやまって食道に入るべきものが気管の方に入ってしまうこと) によって亡くなっている人はいます。そもそも、胃や腸など、袋状や管状になっている内臓は胸のレントゲンのような方法(単純X線撮影) では造影(画像として見える状態にすること) できません。

そこで、 線を通さないないこうバリウムを飲んだり、直接注入したりして影をつくり、内腔を撮影する、という方法をとるわけです。

ところが、このバリウム、水分が失われてくると固まる。まともに食道を通って胃に収まってくれればいいが、もし途中でむせたりして気管に入ってしまったりすると危険です。バリウムは気管支を通り、肺の内部で固まって窒息死、あるいは囁下性肺炎などをひき起こすということになります。

しかし現実は、よほどの量が入らない限りは大丈夫。少量入りかけたぐらいなら、ふつうはせき込んでいるうち、肺に達する前にもとの食道の入口に戻るのでご安心ください。また、亡くなる人がでるのは確かですが、その中心は体力がグッと低下したお年寄りです。

というのも、お年寄りというのは、囁下したり、せき込んだりする力が衰えているケースが多く、こうした〝間違い″ が起きやすいことが背景にあります。

ただし、若い人でも基本的には同じなので、注意するにこしたことはありません。ちなみに、検査後に下剤を飲まされるのも、腸の中でバリウはいせつムが固まってしまう前に排泄してしまおうという理由からです。便秘がちな人には、下剤に加えて水分を多めにとることをすすめられます。

下剤でもでない人はイサゴールがおすすめ!

最近の検査に関する Q&A一覧はこちら。