血糖値が211→127mm/dl、タマネギポリフェノールのおかげ

空腹時血糖値が211mm/dl、食後2時間後血糖値が211、HbA1Cは8.4%といういわゆる不良糖尿病患者でした。そのころはのどがカラカラに渇き、どうしても水分をたくさん摂らずにいられませんでした。そのせいか夜中にトイレに何度も起きてしまうので、朝起きても体の疲れが抜けきらないような、だるい毎日をすごしていました。

食生活への注意点を徹底しながら薬も服用していましたが、思ったほど回復しません。何とかならないものかと悩みはつきませんでした。常に血糖値やHbA1Cがどうしたら下がるのだろうか?と考えていました。そんなとき会社の先輩で、私と同じような糖尿病の悩みを持つ方が「玉ネギ皮ポリフェノール茶」で改善されたという話を聞いたのです。

これは試してみる価値があると思いさっそくとりよせて、先輩の言われた通り、「濃い目の1日1杯」を始めました。そして驚いたことに、先日の検査で思ってもみなかった数値が出たのです。空腹時血糖値が35mm/dlも下がり、食後2時間後も、74も下がったのです。HbA1Cも6.7%にまで下がりましたが、これはまだまだ下がると自信がもてました。

さらに、最近はのどの渇きも以前ほどではなくなり、トイレに起きてしまうこともほとんどなくなりました。体調も良好で、以前は手足にしびれた感じがあったのですがそれがなくなり、スッキリと気持ちよく目覚められるようになっています。うれしいことに、病院でも薬はもう要らなくなると言われました。「何か食生活や運動量を変えましたか? 」と先生も驚いておられましたが、この変化にいちばん驚いているのはほかでもない私です。「玉ネギ皮ポリフェノール茶」のおかげで、毎日の生活がこんなにもすがすがしく感じられるようになるなんてと、感激しています。これからも飲み続けます。

玉ねぎ皮ポリフェノール茶「さらさらたまねぎ茶」はこちら。