国産 さらさら たまねぎ皮茶 ドロドロ血液がさらさらに! 血糖 ヘモグロビンA1C 高血圧 血管の若返りにも

国産 さらさらたまねぎ皮茶 の紹介です。たまねぎによる血液さらさら効果 のケルセチン は皮に豊富に含まれていることがわかり皮の成分がたっぷり含まれるお茶が商品化されました。

ケルセチンは たまねぎの皮 にたっぷり含まれる

「国民病」として定着してしまった糖尿病をはじめ、高血圧や高コレステロール(高脂血症) など生活習慣病に悩む人は増えるばかりです。

生活習慣病を招く要因となるのは、過食や偏食、または運動不足などの生活習慣です。糖の過剰摂取は高血糖の原因になり、油物や肉食の過多はコレステロールたっぷりの血液を生んでしまいます。

こうしてドロドロとなった血液はその流れにくさから、心臓はより高い圧力をかけて全身へ送り届けようとします。それだけでなく、ドロドロの血液は血管を傷つけ、さらに悪玉コレステロールが血管内に付着。こうして高血圧はさらに悪化の道をたどります。

自分の血液が本当にドロドロしているのか?と思っている方はこちらの 簡単テスト でわかります。

つまり、高血糖、高コレステロール、高血圧は互いに関連して発症することが多く、実際、血糖値もコレステロール値も、また血圧値も高いという人は少なくありません。そうした方に、まさにうってつけとも言える健康野菜として たまねぎ が近年、話題となっています。

というのも たまねぎ には、「ケルセチン」と呼ばれるポリフェノールが含まれており、抗酸化力の高いケルセチンがドロドロとなった血液をサラサラにして、血液、血管ともによい作用をもたらすからです。

onions-1397037_640.jpg

このケルセチンの抗酸化力は、数あるポリフェノール類の中でも非常に強力なことで知られ、ヨーロッパでは医薬品として認定を受けるほど。

では、このケルセチンは たまねぎ のどの部分に多く含まれているのでしょうか。答えは たまねぎ の黄色い薄皮です。

ケルセチンは、たまねぎ の可食部にも含まれていますが、 たまねぎ の皮に含まれるケルセチンの量はなんと可食部の約 30 倍。調理の際に捨てられることの多い玉ネギの皮には、ケルセチンをはじめ、薬効成分が実に豊富に含まれているのです。

さらさら血液には必須の ケルセチン

そこでたまねぎの皮の有効利用術として注目を集めるようになったのが、たまねぎの皮を煎じて作る皮茶です。

たまねぎの皮は調理には適していませんが、ケルセチンは熱に強く、煎じることでしっかり抽出できる特性があるため、お茶にして飲むことで手軽に、しかもたっぷり摂ることができるのです。

では、ケルセチンの抗酸化パワーは、私たちの体にどのように作用するのでしょうか。まず注目されるのが、ドロドロの血液をサラサラにする効果です。

ケルセチンを摂るとドロドロだった血液がサラサラの状態に改善。毛細血管にも血液が流れ込みやすくなり、全身の血行状態がよくなります。

また、ケルセチンは血管壁を保護し毛細血管を強化。さらにコレステロールの血管壁への付着を防ぐだけでなく、血管壁にへばり付いたコレステロールをはがしてキレイにする作用もあるため、高脂血症の予防と改善にも役立ちます。

加えて、ケルセテンはその強力な抗酸化作用から、糖尿病においては、ソルビドールと呼ばれる糖尿病合併症の原因物質の生成を防ぎ、神経障害やしびれなどの合併症を予防。さらに血糖降下作用も知られています。

このように血液をサラサラにするケルセチンは、まさに高血糖、高コレステロール、高血圧対策においては、うってつけの存在に。

最近では、ケルセチンには抗ガン効果、脂肪燃焼効果、アレルギー抑制効果があることも判明しています。

毎日1杯飲めば血液がさらさらに

ケルセチンをたっぷり補給できる玉ネギの皮茶は、自分でも作ることができますが、毎日大量の玉ネギの皮を用意して、しかも煎じるのは一苦労。そこで最近では」カップや湯のみに熱湯を注ぐだけで手軽に利用できる、ティーパックに入った「玉ネギ皮ポリフェノール茶」が市販され、愛飲者が急増。

しかも、このお茶には血液の浄化作用の高いウコンやミネラル豊富な杜仲葉、さらにハトムギ、ショウガの4つの成分も配合され、相乗効果が望めます。実際、「玉ネギ皮ポリフェノール茶」を愛飲することで、高血糖、高血圧、高コレステロールの不安を解消された方が続出。薬に頼ることなく、健康を回復された方たちの喜びの声が多数寄せられています。

このようにケルセチンの摂取法としては、ケルセチンが豊富に含まれている「玉ネギ皮ポリフェノール茶」を利用するのが手軽で、かつ理想的といえます。高血糖や高血圧、高コレステロールなど生活習慣病を防ぎ、改善するには、なにより健康回復に役立つ生活習慣を手に入れることが肝要です。その意味からすれば、ケルセチンの効能が毎日得られる「玉ネギ皮ポリフェノール茶」の飲用は、誰もが無理なく続けられる理想的な健康術。糖尿病の合併症予防はもちろんのこと脳梗塞や心臓病、動脈硬化など命を落としかねない大病の予防に、ケルセチンなど有効成分をたっぷり含んだ「玉ネギ皮ポリフェノール茶」を活用されてみてはいかがでしょうか。

さらさらたまねぎ茶は、淡路産のたまねぎの皮を洗浄・乾燥・減菌をして、丹念に焙煎し、さらに誰もが慣れ親しんだ麦茶をブレンドした健康茶です。「毎日飲んでいただいて、皆さまに健康に暮らしていただきたい」との願いから、完成いたしました。味もまろやかで、大変おいしく仕上げています。

健康維持にお勧めのケルセチンが本品たまねぎの皮粉末100g中に1100mgも入っていて、健康的な暮らしを応援します。麦茶配合で玉ねぎ独特の臭い・苦味・渋みをやわらげ、飲みやすくなっています。

お召し上がり方
  • お湯 1.5 ~ 2 Lに対して、本品 1 包を入れ、弱火で 10 ~ 15 分程度煮出してください。
  • 朝起きた時や、夜寝る前に、又お食事のとき、スポーツの水分補給等にと、毎日のお茶代わりに「さらさらたまねぎ茶」をどうぞ。煮出した後、冷蔵庫で冷やしてもおいしくお飲みいただけます。
栄養成分 (1袋を 2L のお湯で作った場合の100 g あたり)
  • エネルギー:1 Kcal
  • たんぱく質:0.1 g
  • 脂質:0.1 g
  • 炭水化物:0.2 g
  • カルシウム:0.9 mg
  • カリウム:5.9 mg
  • マグネシウム0.2 mg
  • (本品たまねぎの皮粉末 100 g あたり)
  • ケルセチン:1100 mg
飲んでみたいけれど...水分制限があるので飲めない

飲んでみたいけれど水分摂取を敬遠していたり、制限がある場合には...たまねぎのケルセチンがたっぷりのサプリ「たまねぎ物語」がおすすめです。

健康大事なポイントは以下のとおりです。食べ過ぎ、飲み過ぎを避けるのもとても大切です。たまねぎについての詳細はこちら

少肉多菜
肉を少なく、野菜を多く
少塩多酢
塩分を少なく酢を多く
少糖多果
砂糖を少なく果物を多く
少食多咀
少量の食事、よく噛む
少車多歩
車に乗らないでよく歩く
少衣多浴
薄着で日光にあたる
少類多眠
心を痛めずよく眠る
少怒多笑
怒らず笑う
少欲多施
我欲を控え、他人を思いやる
少な言多言
言葉を控え実行する

健康のために実施したい習慣です。私自身もいつも頭のすみに意識していますが、なかなかできません。食べ過ぎ、飲み過ぎが一番多く、さらさらたまめぎ皮茶に助けていただいております。

関連ページ

  1. 実際に飲んでみて 口コミ 使用感 効能 効果 など
  2. コレステロール値が 国産 さらさら たまねぎ皮茶 のおかげで 1 ヶ月 程度で下がった
  3. 境界型糖尿病も 国産 さらさら たまねぎ皮茶 で正常化に成功
  4. 空腹時血糖値 130 から 90 へ、HbA1C 6 から 5.2 に下がった
  5. 300 mm / dl 越えの血糖値が 150 mm / dl に低下
  6. たまねぎ ポリフェノール のおかげで血糖値 ヘモグロビンA1C 値が急回復
  7. 180 台の血圧が 118 に下がり頭痛と肩こりが解消し、疲れにくくなった
  8. 血糖値が 211 から 127 に下がったのは たまねぎポリフェノールのおかげ
  9. のんでみたら翌日には 血圧 が下がり 正常化
  10. 国産 さらさら たまねぎ皮茶 ドロドロ血液がさらさらに! 血糖 ヘモグロビンA1C 高血圧 血管の若返りにも