現代型 栄養失調 中高年の栄養不足が問題化している

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

現代型 栄養失調 中高年の栄養不足が問題化している点について私の考えを書いてみたいと思います。飽食の時代だからこその「栄養失調」 でも書いていますが、この現代だからこそ、飽食の時代だから起きている 栄養失調があるのです。また、健康食品で栄養を補おうとして高価な健康食品を手に入れてもほとんどが下剤という実態があります。

現代型 栄養失調

ramen-g82c2bebd0_640.jpg

ジャンクフードばかりで、食事をきちんと摂らない若者たちの味覚障害が指摘されていました。子供がキレル、集中力が続かないなどの問題はこうしたジャンクフードばかりを口にする食習慣が悪しき状況を生んでいるひとつだと社会問題になっていました。

ところが最近では、中高年の人たちの栄養不足が問題になっています。核家族化が進んで老夫婦だけの暮らしや、伴侶が他界して一人暮らししているケースが増え、食事の支度が億劫で、できあいのもので済ませることが増えているのが要因といわれています。

年を取ると体の自由が利かなくなり、買い物に行くのもしんどいものです。足腰が弱って歩行に困難が生じているケースも多々あるでしょう。重い食材を下げて帰ってから1 人分や2 人分の食事を三度三度つくるより、スーパーやコンビニでお惣菜や弁当を買ってきて食べたほうが、便利で経済的だし休もラクというわけです。

しかしこうした食品は味付けが濃い傾向にあり、さまざまな調味料がふんだんに使用されているため、食べる量は少なくても全体的には糖質過多になりがちです。

このような食生活に、さらにお菓子もよく食べる人が増えでいます。それでいて1日中テレビの前に座って、昔のようには動かないのですから、カロリーオーバーでありながら栄養失調に陥っているケースが実に多いのです。

そのため、免疫力が低下しで体調を崩しやすく、体力も落ちてきます。すると、もっとしっかり食べないと体力がつかないと考え、さらに食べてしまうので余計に状況を悪化させるという悪循環を招いています。ミネラルを含んだ食品が不足しがちで、添加物の多い加工品が多くなるため、ちょっとしたことでキレやすくなる脳の栄養不足も指摘されています。

https://memo-note.com/vitaminmemo/2021/08/green-spoon.html