山の高さはどこから測定するのか?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
山の標高は「海抜」ともいう。海面からの高さを測るからそう呼ぶわけだが、日本の場合は、東京湾の平均海面の高さを○メートルとし、それを基準にして、全国の標高を測定している。といっても、海面には満ち引きがあり、波がたち常に一定ではない。そのため、国会議事堂横の公園に「水準原点」を定め、その地点の標高を24.4140メートルと定めている。この高さを基準にして、山の高さを含めて、ほかの地点の標高を求めている。

富士山の五合目が標高の半分でないことと似ている。