免疫力を活性化し、ガンや糖尿病の予防・改善に効果大のβ-グルカン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

医薬品にもなっているものと同じような構造

健康の保持・増進に役立つといわれる「機能性」のある素材ベータとして、β-グルカンが今注目されています。グルカンは多糖類(糖が複数結合したもの) の一種で、動植物や微生物に広く含まれています。

グルカンにはα-グルカンとβ-グルカンの2種類があり、でんぷん、グリコーゲンなどはα-グルカンです。ヒトにはαグルカンを分解する酵素があり、摂取するとブドウ糖まで分解されて、エネルギーのもとになります。

一方、β-グルカンは分解酵素がないため、そのまま排泄されます。野菜に含まれるセルロースはβ-グルカンの一種で、食物繊維として働きます。

β-グルカンにはいろいろな種類がありますが、その中の、ある限られたβ-グルカンに、免疫力を高める効果やガンの増殖を抑制する効果を現すものがあります。

たとえば、現代人の弱った免疫力を高める米ぬか食品「バイオブラン」はβ-グルカンです。

私たちが古来より食べてきたシイタケ、マイタケなどのキノコ類や、漢方薬として利用してきた霊芝などはβ-グルカンを豊富に含みます。ただし、食品に含まれている量だけでは、免疫活性物質としての機能をじゅうぶんには発揮できないと考えられています。

β-グルカンの中には、効果が医薬学的に証明され、医薬品として認可されているものもあります。実際に、シイタケから抽出・精製されたレンチンは、再発胃ガンの治療に抗ガン剤とともに使われています。また、スエヒロタケからつくられるシゾフィランは、子宮ガンの放射線治療の際に同時に用いられています。

いろいろなβ-グルカンのうち、機能性が高いのは「β-1・3-1・6-グルカ」で、免疫を活性化する作用を示すことが以前から知られていました。なかでも、私たちが特に着日したばいちのが、米ぬかなどの培地に培養されたものです。

β-グルカン」は、医薬品となっているβ -グルカン、すなわちレンチナンやシゾフィランと同じような構造をしているのです。

免疫力の指標となるNK活性が上昇

ヒトにそれぞれ個性があるように、菌にもさまざまな機能特性があります。その点、β-1・3-1・6-グルカンをつくり出す菌株は、特性が際立っているといえるでしょう。黒酵母自体がこのグルカンを育て、菌体の外側につくり出すのです。

NK活性とは、ナチュラルキラー(NK) 細胞の働きを表します。NK細胞は、ガン細胞やウィルス感染細胞を死滅させる細胞で、免疫の強さの指標にもなっています。

高齢化が進み、ガン患者も増加している今日、高齢者の免疫力の維持・向上やガンの予防にも、β-グルカンは役立つことでしょう。また、放射線や抗ガン剤などの治療との併用も期待されます。さらに、寒く乾燥した冬に流行するインフルエンザやカゼの予防効果も期待できるでしょう。