薄毛、抜け毛を防ぐ洗髪法とタオルの使い方

週1回のブラッシングで新陳代謝をアップさせる

髪は年齢を如実に表し、人の印象を大きく変えるものです。皆さんは日ごろ、髪にどのようなケアをしているでしょうか。おそらく、顔のお手入れは念入りに行っていても、髪や頭皮を丁寧にケアしている人は、少ないように思います。

実は肌と同じく、お手入れを怠った頭皮はダメージを受け、乾燥や荒れを招くのです。実際、近年はカラーリングや白髪染めが、手軽にできるようになった分、髪や頭皮は大きな打撃を受けているのです。そのため、ヘアケアに手抜きをしている人ほど、そのツケとして、近い将来、抜け毛や薄毛などのトラブルに見舞われやすくなります。

では、若くて健康な髪を保つには、どうしたらいいのでしょうか。そのいちばん重要なポイントは、「頭皮をきれいな状態に保つ」ことです。

皮膚は新陳代謝によって、およそ28日周期で、表皮が新しく生まれ変わります。これは頭皮も同じです。ところが、年齢とともにその周期がだんだん延びていき、70代や80代にもなると120日くらいになってしまいます。

すると、頭皮から古い角質がはがれ落ちずに分厚くなり、毛穴が詰まってきます。そのため髪が細くなって薄毛になったり、脱毛が起こつたりするのです。こうしたトラブルを防ぐには、ブラッシングがとても有効です。それは、単に古い角質を取り除くだけでなく、新陳代謝を促進する効果もあるからです。

ブラッシングは週に1回、気持ちがいいくらいの力加減で、生え際から後ろに向かって行います。ブラシは、毛先が丸いものや、イノシシ毛などの柔毛が最適。

低刺激のシャンプーを髪に泡立てているとき、あるいはシャンプー前の髪が乾いているときに行いましょう。ただし、パーマやカラーリンググしたての髪はダメージを受けやすいので、最初の1週間は避けてください。

肌の弱い人や頭皮に傷のある人も、むやみなブラッシングは禁物です。また、頭皮や髪を健康に保つには、洗髪の仕方も大切です。ヘアサロンで洗髪すると、髪がしっとりまとまるように感じたことはありませんか。それは、美容師は正しい洗髪法を知っているからです。

では、プロの技にも匹敵する洗髪法をご紹介しましょう。

  1. シャンプー前に「3分、髪に水分をたっぷり含ませるようにかけ湯をします。これにより、シャンプー時の不要な摩擦をおさえることができます。シャンプーが髪の芯に入り込んで、栄養分まで洗い流してしまうのを防ぐ効果もあります。
  2. きめ細かい泡を立てやすくするため、毛束を持ってキュツと絞り、適度に水を切ります。
  3. 摩擦を最小限におさえるため、手でしっかりシャンプーを泡立てます。ダメージに強い耳の上→後頭部→頭頂部の順で髪に塗布します。
  4. 脂の多い耳の周りから、指の腹を使って軽く円を描くように、マッサージ洗いをします。後頭部は頭皮を軽く上に持ち上げるような要領で、徐々に上に移ります。
  5. メレンゲのような泡を、髪全体に広げ、キューティクル(髪の毛の表皮を構成する物質)をはがさないよう、優しく泡で包み込むように洗います。
  6. 顔の周りから後頭部にかけて手で泡を切り、頭皮1髪の順でしっかりと洗い流します。この洗髪法で着目していただきたいのが、マッサージ洗いのプロセスです。

頭皮は筋肉がないため全く動きません。動かないので、ほうっておけば代謝が悪くなり、薄毛の原因となります。それを防ぐため、毎日の洗髪時に順番どおりマッサージ洗いをすることが役立ちます。

毛穴に詰まった汚れがでてくる

また、中高年のかたは、シャンプー剤にも要注意です。500円くらいで売られているシャンプー剤は、泡立ちがいいかわりに、洗浄力が強すぎるという欠点があります。そのため、長時間シャンプーをつけていると、皮脂を取りすぎてしまいます。すると、逆に頭皮は皮脂を補おうとしてオイリースキン(脂症の肌) になり、毛穴を詰まらせることになるのです。

そこで、こうしたシャンプー剤を使うときは、ショートヘアなら30秒〜1分、ロングヘアなら1分半〜2分と洗髪時間を短くし、その倍くらいの時間をかけて、しつかりとすすいでください。頭皮がオイリースキンでない人で、1日家で過ごして汗もかかなかったら、シャンプー剤を使わず、お湯ですすぐだけでもかまいません。せっかくなので、ここで、浴槽につかってできる、大変効果的なヘアケア法をお教えしましょう。それは、スチームタオルです。

洗髪する際、事前にスチームなどで温めると、毛穴が開き、詰まっている汚れが浮き出てきます。同時に、古い角質が柔らかくなって、はがれやすくなるのです。そうすることで、たまった汚れが浮き上がりやすく、シャンプーの効力が最大限に発揮されます。また、余裕がある場合、冷水タオルを使ったヘアケアをお勧めします。頭皮の毛穴が締まるてとで、水分の蒸発を防ぎ、髪がさらにいい状態をキープできるのです。

これもやり方は簡単です。まず事前に、水に浸して絞ったタオルを冷蔵庫に入れ、ほどよく冷えた状態にします。おふろから上がって、タオルで髪を乾かしたら、ドライヤーの前に、冷水タオルで頭皮を冷やします。ホットタオルと同様に、頭全体を包みます。頭皮の大掃除になること、間違いなしです。