ストレスフリーでリバウンドもない

糖質オフ健康法を始めた人の多くが、途中で挫折することなく糖質制限食をとり続けています 多くの人から支持を受けているのにはやっぱりそれなりの理由があります。もともと糖質制限食は糖尿病患者を対象とした食事療法ですから、これ以上病気を進行させたくないという切実な思いをもった人もなかにはいます。

しかし、従来の糖尿病の食事療法(カロリー制限食)がつらいことから、途中で投げ出す人が多かったことは指摘しておきたい事実です。枯葉オフ健康法が長続きする大きな理由は簡単。ストレスがほとんどないからです。何といっても、糖質以外なら好きなものを好きなだけ食べられます。

お酒も同じように、気兼ねすることなく飲んでかまいません。また、運動が苦手な人は、無理をしてからだを動かす必要もないのです。食べてもOK、飲んでもOK、連動しなくてもOK。これまでの健康法の常識からは大きく外れているぶん、糖質オフ健康法はストレスフリーなのだといっていいでしょう。

ただ、甘いものやご飯や麺類などが大好きな人にとっては、糖質オフ健康法がストレスを与えることは認めなければなりません。もっとも、それだけ大好きな糖質がからだに及ぼす影響は、しっかりと受け止めてもらいたいとは思いますが...。

甘いものやご飯や麺類がとうしてもやめられない人は、「炭水化物依存症」の可能性があります。炭水化物依存症は、単純に言えば、ニコチン依存症やアルコール依存症と同じパターンですが、この2つよりは脱却しやすいです。そういう人は、まずプチ糖質制限食から始めて、じよじよにからだを慣らしていってください。そうすれば、次第に依存症も薄れていくはずです。

時間がない人にもやりやすい

日本人の成人のうち、からだを動かす習慣をもっている人は3人に1人もいないそうです。理由のひとつに、忙しさが挙げられるでしょう。多忙な毎日のなかで運動する時間を確保するのは至難の業。どうしても仕事を優先させてしまって、運動はあと回し... ... というのも無理のない話です。

また、そもそも運動が苦手だという人もいることでしょう。そういう人は運動がからだにいいことを知りながらも、やはり及び腰になってしまいます。運動をする人の多くは、健康のためにからだを動かしていると思います。そして健康であるかどうかの目安として、体重や体脂肪を気にしているはず。一生懸命に汗を流した結果、これらの数値が減ると、大きな達成感がえられますよね?

しかし、運動による消費力ロリーは意外に少ないことをご存じでしょうか? たとえば、体重60kgの人がジョギングを30分行なった場合、消費カロリーは約270kcal。これらはお茶碗1 杯のご飯(160g) のカロリーに匹敵します。減量に関しては労多くして益の少ない運動をしなくても、体重減や体脂肪減を実現できるのが糖質オフ健康法です。

始めた方のほとんどが、体重も体脂肪もストンと落ちていきます。時間がなくて運動ができない、あるいは運動嫌いの人にはうってつけの健康法といえますね。なお、すでに運動を行なっている人は、ぜひ継続を。糖質オフ健康法はけっして運動の効用を否定するわけではありません。