和食中心のヘルシーなメニューが高血糖になっていた

私についてです。私は52歳の時に糖尿病が発覚しました。父も母も糖尿病なので、気をつけてきたつもりです。

もちろん医師としても十分に注意をしていましたが、ついに発症してしまいました。発症するまでにどのような生活を送っていたかというと、人並み以上に健康を意識しながら生活していました。

食生活は玄米魚菜食で、なるべく脂っぼいものは控えていました。肉よりも魚が中心です。運動に関していえば、積極的にからだを動かしていました。週に2〜3回は仲間たちとテニスを楽しみ、それに加えてスポーツジムにも通っていたのです。和食中心のヘルシーな食事をし、定期的にからだも動かしていたので、カロリーのとり過ぎもなし。それなのに、40歳を過ぎたあたりからお腹がだんだんと出始めたのです。

私は身長が167cm。学生時代の体重は56kgでした。ところが40代を迎えてからは体重が次第に増えてとうとう50歳で66kgにまでなり、メタポリックシンドロームの基準を満たしてしまったのです。

そうこうするうちに52歳で糖尿病です。偶然測定した食後の血糖値が240mg/dl(基準値は140mg/dldl未満)になっているのを見てビックリしました。

翌日、玄米を食べてもう一度測ってみたところ、やはり同様の高血糖という結果が出てしまったのです。不摂生な生活を続けてきた結果がこれなら、自業自得といえます。

しかし、私は健康的な毎日を過ごしてきたのです。ショックがどれほど大きいか、おわかりいただけるのではないでしょうか。その発症をきっかけに始めたのが、糖質オフの生活です。それによってどうなったか。自分でも目を丸くするくらいに劇的な改善が見られました。なんと半年間で10kg減と、学生時代のペスト体重に戻ったのです。糖質オフの効果は、私自身が自分のからだで実感していることでもあるのです。