人類の食生活は700万年前から糖質制限食だった

血糖値が上がると、からだにさまさまな害をもたらします。血糖値を上昇させるのは糖質だけなので、食事から可能なかぎり糖質をとり除いていきましょう!というのが糖質オフ健康法の考え方です。

糖質を含む食物には多くのものがあります。そのなかで私たちに最もなじみ深いのが、ご飯やパン、麺類。いわゆる「主食」と呼ばれるものです。おもに主食となる穀物(米や小麦など) は、糖質をたっぷりと含みます。

したがって、糖質オフ健康法では「主食を抜いた食事」をとることになります。主食抜きの食事に違和感を覚える人もいることでしょう。しかし人類は穀物を得るまでの長い間、ずっと糖賞オフの食生活を続けてきたのです。人類が誕生したのは、約700万年前といわれています。その当時、私たちの祖先は何を食べていたのでしょうか?

少なくとも、ご飯やパン、ラーメンやうどんなどの麺類ではなかったことは確か。これらのもととなる穀物は、人類が農耕を始めることで得られるようになったわけですから。農耕を始める以前、祖先の日常的な食糧は魚介類や動物の肉・内臓・骨髄、野草・野菜、キノコ、海藻、昆虫などだったと考えられています。

では、農耕を始めたのはいつからでしょう?答えは約1万年前です。1万年という期間は長いと思われるかも知れませんが、人類の全体の歴史のなかでは約0.1パーセント程度でしかありません。

つまり、人類はその歴史のほとんどを糖質オフで過ごしてきたのです。これを別の観点から見ると、人間のからだにとっては糖巽オフの状態が自然といぅことになります。糖質が大量にからだに入り続けることを想定したつくりにはなっていないということです。だからこそ、今のように糖質をたっぷりとる食事を続けていけば、さまざまな害が生じやすいのも無理のない話となるのです。

しかし、最近は、100%糖質オフの生活はストレスもあるため、オーマイパンの低糖質パンなどもありますので、こういったものをうまく活用できれば、糖質制限食は取り組みやすくなっています。

急に炭水化物をやめてしまうと、反動で異常に糖を欲するようになる人もいるので、少しずつへらしていくほうがスムーズに糖質オフに移行できます。自分の人生分、炭水化物を食べてきたので、無理をしないようにすすめていきましょう。