アンチエイジング効果で髪や肌、精力も蘇る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

老化はまず血管から始まります。血管が弱ることで全身も次第に弱っていくのです。ということは、血管の老化を防げば、からだ全体の老化防止につながることはおわかりいただけると思います。

つまり、血管が元気になれば、からだもまた元気になります。血管は血糖値が急上昇するたびに傷つけられるので、糖質を体内に入れないことが最大の予防策であり、元気の源になるわけです。

糖質オフ健康法を始めると血流がよくなるといいました。それは「若々しさをとり戻す」といい換えてもいいでしょう。そしてもうひとつ、少なくとも動物実験ではインスリンの作用を適度に抑制すると、平均寿命が延びることが明らかとなっています。

糖質制限食ではまさに適度にインスリン作用を抑制することとなるのです。では、具体的にどのような効果があるのでしょうか?

まず、とくに女性に喜ばれるものとして「肌がしっとりする」効果が挙げられます。長い間乾燥肌で悩んでいた人が、「肌がうるおうようになった」というケースはけっしてめずらしくありません。血液がサラサラと流れることで代謝もよくなり、肌に必要な栄養がしっかりと届けられるからです。同じ理由で、髪の毛のハリとツヤもよくなっていきます。

枝毛が多く、ツヤのなかった髪が健康な状態をとり戻します。男性の場合、髪の悩みは生え際の後退や抜け毛が多いといったことになると思いますが、それも解消できたという声をよく聞きます。また、男性特有の悩みとして、性的に元気がなくなったということがあるでしょう。

糖質オフ健康法を通して、その悩みから解放されたという人もいます。これらの効果に関しては個人差があるので過度の期待は禁物ですが、試さない手はないと思います。私自身が実感している老化防止効果は、40歳過ぎから始まった老眼が進行しなくなったことです。62歳の今も裸眼で「広辞苑」の細かい字が読める視力をキープしています。歯も丈夫ですべて残っていて歯周病もありません。髪の毛は残念ながら生え際が少し後退しましたが、太さは回復しました。