血圧が下がり、前立腺肥大や脳血栓の後遺症も克服

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

アロエ・サワーの驚くような薬効は、この老体にもたくさん出てくれて、ありがたいかぎりです。10年前のお盆のころでした、炎天下でお墓の掃除をした日の晩、急に体が動かなくなってしまいました。歩こうとしても足が動かない、話そうとしても言葉がでなかったのです。かつぎ込まれた病院で脳血栓による発作だと聞かされまして、私の右半身が不随になってしまったこともそのとき知ったんです。

体の右半分は手も足もまったく動きませんし、顔なんてタレントのビートたけしが交通事故にあったときのように完全にひん曲がっていました。でも、いまではひとりで暮らすのに不自由ないほどに回復しまして、動作はスムーズに戻ったし言葉も明瞭になりました。もとにもどるまで十数年かかりました。たまたまアロエが体に合っていたのと、リハビリをずっと継続したためだと医師にも言われました。

とにかくもっと早くアロエと出会っていれば...と思います。

とはいっても後遺症は残っていて、疲れがたまってくると口の端からよだれが出てしまいます。これだけは、まだ完治していないんです。でも、アロエ・サワーをいつもより多めに飲むと疲れが消えます。そしてピタリとよだれも止まります。完治はしないまでも症状がピタリと止まる、これだけでも私にはありがたいです。
よだれなんて、自分もいやですし人さまにも不快感を与えるだけですから。この点でもアロエ・サワーには助けられています。それと、以前は上が200mmHg近く、下が90mmHgと高かった血圧が、毎日アロエ・サワーを飲むようになったら上が130mmHg、下が8mmHg前後と、正常値になったんですよ。

それから、男性は年をとると前立腺肥大になりやすいですが、私も40代のころから前立腺肥大をわずらっていまして、尿が出にくかったり下腹が痛んだりと、苦しめられました。

しかたなく2~3年前までは病院でもらう薬に頼っていましたが、アロエ・サワーの効果が蓄積されたのか、最近は前立腺肥大のやっかいな病状が消えているんですよ。おかげで、薬も不要。老化が止まって若返ったような気分です。