アロエ・カルピスでおいLく便秘が解消。自然なお通じがつくようになり痛かった痔も改善

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

アロエが便秘に効くのはもう有名な話

去年の夏、アロエがアトピーにいいと知りました。娘がアトピーで、足の裏に発疹ができてとてもかゆがっていたので、アロエの皮をとって中のゼリー状のところを足の裏につけさせるようにしたんです。

残った皮をどうしようかと思っていたら、母が「アロエは昔から便秘にいいっていうよ」と教えてくれたので、これ幸いと皮からトゲだけとり、ミキサーでジュースにして飲んでみました。

でも、やっぱり青くさいんですよね。娘にも飲ませてみましたが、とてもいやがるので、何かとミックスしようと思って、なんとなく台所を見回したら、そこにカルピスがあったんです。

カルピスって、あまり飲んだことはありませんでしたが、お中元でいただきましてね。そんなわけで、たまたま家にあったものを使っただけの単純な発想ですので、お話しするのも恥ずかしいのですが、結果的には大成功。とてもおいしいし、アロエってほんとうに便秘に効くんだってことを実感させてくれました。

トイレに行きにくい職場で痔になってしまった

私の便秘は結婚してから始まりまして、妊娠中は特につらい思いをしました。流産するといけないので、トイレでイキむこともままならず、繊維質のものをたくさんとるようにして、なんとかクリアー。

その後、外で働くようになってから、ますます、排便したいときにトイレに立てない環境になり、いつしか重症の便秘症になってしまいました。薬を飲むとトイレ通いばかりしていなくてはいけないので、職場で飲むわけにはいかず、薬は家にいる日だけにしていました。

そのうち排便時にはげしい痛みとともに肛門から血が出るようになり、恥ずかしいことですがついに「痔主様」になってしまいました。

こうして長年、お尻のことで人知れず苦しんできた私ですが、アロエ・カルピスを飲み始めてからは、自然なお通じがつくようになり、排便のときの出血も痛みも嘘のように消えたので、ほんとうに喜んでいます。

娘は、最小に飲ませたアロエだけのジュースによほどこりたのでしょう。カルピスを入れても全然飲みません。それでも、いろいろな治療のかいあってアトピーがよくなり、アロエを塗らなくてすむようになりました。

いまでは、ゼリー状のところも皮といっしょにまるごとジュースにしていますが、とろりとしていておいしいですよ。冷蔵庫で2~3日はもつので朝、起きぬけとか夜寝る前に、コップ1杯くらい飲むようにしています。

甘いアロエジュースが苦手な方はアロエの無添加原液がおすすめです。