高血圧で190mmHGの高い数値がアロエベラのジュースで正常化

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

アロエジュースの上澄みを肌に直接塗っている

私は、昨年の8月に甲状腺癌の手術を受けました。幸い経過はまずまずだと主治医に言われ、ほっとしていたのですが、ひとつだけきになることがありました。

手術後、1ヶ月を経過した頃に、あごやおでこに蕁麻疹のようなぶつぶつができはじめたのです。特に痒みもなかったので、とりあえずはいいのですが、場所が場所だけに気になっていました。診察でこの蕁麻疹について聞くと、リンパの流れが悪化しているための症状だと言われました。皮膚科受診の予約をとったのですが、たまたま都合が悪くなり放置してしまいました。

そんなとき完全無農薬・有機栽培の「完熟アロエまるごと純しぼり」というアロエの100%ジュースがあることを知りました。友人がガンの術後の体力増強にいいから!とすすめてくれました。

徹底して無添加・純度100%にこだわり、昔ながらの製法で手間を惜しまず作り、一瓶に約2kgのアロエを一滴の水も加えずにエキスとして抽出しているというものです。

民間療法はたくさんのものがあり、正直どれが効くのか?どれが効かないのか?どれがいい商品でどれが悪い商品なのか区別がつきません。

しかし、アロエは昔から「医者いらず」とも言われるように体にいいことだけは確かなので飲んでみることにしました。

実は、数年前に手術をする前にキダチアロエをおろし器でおろして朝、飲んだことがありましたが苦くてとても続きませんでした。

今回も苦手な苦い味だったら困るなぁ~と思っていましたが1日キャップ1杯を飲んでみることにしました。

思ったほど苦くなくてむしろさわやかでおいしい味でした。無添加、無農薬なので飲んでよし!肌に塗ってよし!ですので、湿疹ができる場所に直接塗ってみました。

飲む方は普通に注いだものを飲みましたが、塗る方は新しく開封する際に上澄みになっている部分を塗ることにしました。

エキスは白く濁っているのですが、繊維のようなものが下に沈んで、上の部分が透明になっています。それをすくいとって別の容器に移しておき、コットンに染みこませて顔に塗ることにしました。

こうして続けること5ヶ月、湿疹はキレイに治りました。治りましたが現在もパッティングは続けています。アロエを塗るようになって肌の調子がとてもいいのです。

高血圧、喘息も改善

無添加・無農薬アロエベラジュースで他にもよいことがありました。まず、長年の持病だった高血圧が下がったこと。190mmHGぐらいまで高い時期もあり、この頃は、心臓が苦しくて困りました。いつも動悸がしていました。買い物中にもいったん腰掛けないと呼吸が整わないことも何回かありました。

これを飲み始めて最近は、上の血圧が135mmHGでもう少しで正常値に届きそうです。2年前から患っていたぜんそくも改善したのです。これまでは呼吸器を1日に4~5回使いましたが、現在は、朝、晩の2回に減りました。

これもアロエのおかげです。本当はアロエを栽培して生を食べればいいのでしょうけれど、何回かチャレンジしましたが苦みが強くてとても続きませんでした。

完全無農薬・有機栽培の「完熟アロエまるごと純しぼり」なら安心です。