風邪にすぐ効くビタミン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

インターフェロンの生産を促進するビタミンCは、役立つだけではなく、治療にも効果を発揮する。

風邪は9割以上がウィルスが原因です。インフル工ンザに代表される冬の風邪だけでなく、夏の風邪もその原因のほとんどが、アデノウィルス、エンテロウィルスと呼ばれるウィルスです。

体内に侵入した風邪ウィルスと戦うのがNKという免疫細胞がつくりだすインターフェロン。そしてNK細胞を増やす働きがあるのがビタミンCです。

つまりインターフェロンの生産を促進するビタミンCは、、風邪の予防に役立つだけではなく、治療にも効果を発揮するということです。風邪は予防が大事ですが、もしひいてしまったときは、早めに治してしまうことが大切。

「風邪をひいたら何よりも休養が第こといわれますが、仕事の都合でどうしても無理をしなければならない場合もあります。そんなとき、ビタミンCがあなたを助けてくれます。 風邪をひいたときのビタミンCのとり方は、ポーリンク博士によるとこうです。

のどの痛み、鼻水などの初期症状が出たら、すぐに1~2グラムをのみ、それでも症状が消えなかったら1時間後に同じ量をのむようにします。2日目になっても治らなければ、1日量を5~20グラムに増やし、症状がなくなるまでのみ続ける、というものです。

また風邪で弱った体力を補う意味から、CだけではなくビタミンB群を主成分にした総合ビタミン剤を併用するのが効果的です。 普段から風邪をひかないビタミンの摂取も重要です。