のんべえに欠かせないビタミン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ビタミンB1を含む肴食べ、同時にビタミンB群を中心にした総合ビタミン剤をのんでおく必要がある。

酒の好きな人は、どうしてもビタミン不足になりがちです。その原因には3つあると考えられます。

大酒家といわれる人ほど、酒の肴をあまり食べずに飲む傾向があります。そのため当然、ビタミンの摂取量も少なくなります。 どんな種類の酒にも、ビタミンは一切含まれていません。

たとえばビールのしぽりカスにはビタミンは残っていますが、ビールそのものにはビタミン類は皆無、といった具合です。

ちなみにアルコールから得られるのはカロリーのみで、糖質、タンパク質、脂肪など、ビタミン以外の栄養素も含まれていません。2番目に、酒を飲むと、ビタミンB1の吸収率が悪くなります。

昔から酒飲みに脚気が多いといわれるのは飲酒によるB1欠乏が原因です。3番目に、飲みすぎによって肝機能が障害されると、ビタミンB群の利用率が低下します。 飲酒によってB1が欠乏すると、ウェルニッケ・コルサコフ症候群といわれる病気になることがあり、妄想や幻覚が起こり、まぶたが上がらなくなったり、記憶力が低下したりします。

この病気になると物を覚える力が落ちるので、記憶の途切れた部分をつなぎ合わせようとして作り話をするようになります。酒の好きな人は、ビタミンB1を含む肴を食べ、同時にビタミンB群を中心にした総合ビタミン剤をのんでおく必要があります。

大酒飲みのための教科書