「化学物質が急増した」ことより「ご飯を食べなくなったこと」に問題がある

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
この3つの錯覚と、戦後の食生活近代化論や栄養改善普及運動によって、日本の食生活がどう変わったかについて、一般論で言えばこうなると思います。まず、あまりにも食生活が欧米化したこと。次に、あまりにも農薬や食品添加物のような化学物質が増えたこと。ここまで気づけば、かなりまともな考え方をしている人だと思います。
しかし、一番変わったのは、ご飯が減ったことなんです。食品添加物については、今よりひどいころもあったんです。
子供のとき、ジュースの素というのがありました。当時の私はおいしいと思ったんですけどね。うろ覚えなんですが、今考えてみれば、あれは、オレンジ色の着色料と、サッカリンか何かの合成甘味料と、ミカンの香りのする香料だけでできていたんだと思います。
本当のミカンなんてまるで入っていない。つまり、食品添加物のかたまりだったんです。それを水に溶かして飲んだんですよ。それから、これもうろ覚えなんですが、もっとすごいのは、駄菓子屋で売っていた紙に絵が措いてあったお菓子です。ピンクや水色をした紙が、お菓子だったんです。若い人には信じられないでしょうが、それをなめたんですよ。考えられます? 着色料と甘味料をなめていたんです。今はいくら何でもそんなものは売っていません。たしかに、化学物質の総量は今のほうが多いんですが、一つひとつの食品では今より危険なものが昔にはあったんです。
ですから、昔の食生活と比べて一番変わったのは、化学物質のことよりも、やはり、ご飯が減ったことだと思います。昔の日本人はご飯中心の食生活でした。労働量にもよるんですが、一日にご飯を六杯から八杯も食べていたんです。あと主食につきものの、味噌汁、漬物を基本に、副食として野菜、魚を食べるという食事でした。地方によっては、ご飯がイモであったり、麦であったりしましたが、こういう食生活を長い間私たちは続けてきたわけです。ところが、誤った知識が広まって定着した昭和四〇年頃を境に、「ご飯は残してもいいからおかずを食べなさい」という、現在の食生活へと変わってしまったんです。

関連ページ

  1. 赤ピーマンと黄ピーマンの食べ方
  2. 体験談 口コミ 唾を飲み込むだけで辛かった喉の印象がナタマメ茶でいつの間にか改善
  3. 飽食の時代だからこその「栄養失調」
  4. 白湯の冷え症解消や解毒効果
  5. 1週間ほどで睡眠薬が不要になった
  6. [体験談]ローフードでジーパンの太ももがゆるゆるに!
  7. [体験談]ローフードでパニック障害も改善
  8. [体験談]ローフドの実践で3L→Mサイズに!
  9. [体験談]生食ダイエットで20kgの減量に成功
  10. [体験談]ローフードで骨盤がしまってスリムになった
  11. [体験談]ローフードはダイエット以外にも血圧、血糖値も適正になる
  12. 生食ダイエットが欧米の大女優にも人気
  13. 健康食品の大半は下剤
  14. パン、砂糖、酒、 ご飯を食べない人ほど「工場製品」を口にする
  15. 贅沢な食生活がアトピー・花粉症・ガンをつくっていた!
  16. 乳がん患者はごはんを食べない
  17. 「化学物質が急増した」ことより「ご飯を食べなくなったこと」に問題がある
  18. 「煮干し=カルシウム」といった短絡的発想はNG
  19. イカやタコはコレステロールを下げるのか?あげるのか?
  20. ソーセージ ハム 危険性 を食べる前に知っておきたい知識
  21. 鯛は「ご飯・味噌汁・漬物・納豆」で元気な体に!
  22. わかめは頭髪によくてレバーは肝臓によい…は錯覚
  23. 間違った食の常識
  24. 食生活の一番の問題点
  25. 1日に何品自食べればいいのか? は健康には無関係
  26. お皿でなくお盆について
  27. 食生活を指導しない病院