白湯の冷え症解消や解毒効果

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
アーユルヴェーダの見方では、誰もがヴァー夕(風)、ピッタ(火)、カバ(水) という3つのエネルギーを持つ。しかし、このいずれかが増えすぎるとバランスが崩れ、消化力が落ちる。食べ物は未消化のまま残り、アーユルヴェーダでいう「毒″ になる。「毒」がたまると、便秘や冷え、ほてり、むくみといった不調が出たり、病気につながることもあると考えられている。

では、「毒」 をためないためにはどうすればいいのか。まずは、体内の「毒」を外に出すこと。「毒出し」の最強ドリンクが白湯。

「白湯」はどのタイプにも効果が高い飲み物。飲むと毒を洗い流す力がある。と
熱い白湯をゆっくり飲むと、胃腸が温まり、消化力も高まるという。当然、便秘も改善する。ヴァ一夕、ピッタ、カバそれぞれのタイプに合わせて飲み方 を工夫すれば、効果はさらにアップ。毒出しと同時に、増えすぎたエネルギーを抑えて、3つのバランスを整えよう。

  • カバ
    白湯の温度はヴェータと同じく70~80度。で特nカパはショウガをプラスすると効果的。
  • ピッタ
    しばらく置き、白湯が40~50度くらいになってから飲む。
  • ヴァータか
    白湯の温度は70~80度で。朝一番にまず1杯。その後もこまめに飲むと冷えにくくなる。


白湯でダイエットに成功しているケースもあります。