1日2回アロエ入り野菜スープを飲んでみたら、食物アレルギーから便秘、肩こりまで改善Lた

僕は子供の時分からサボテン好きで、家の温室で栽培するのが趣味のひとつ。多肉種のサボテンの親戚に「医者いらず」と呼ばれるもの、つまりアロエがあります。そんな訳で、大阪の友人にすすめられたのをきっかけにアロエを飲み始めました。最近は、錠剤を飲んでいたが、「すっきりするな」という程度の印象しかなかった。

錠剤だと成分が薄いのかもしれない。僕は、アロエエキスを一気に飲んだり、スープにしたほうが効果がありそうだということに気がついたんです。スープといっても、多種類の野菜を煮込んだ簡単なもの。僕は1日1回野菜と果物を欠かさずとるようにしているし、l 回に山ほどの量を食うからね。女房がいつも作る野菜スープに、アロエを加えました。

アロエの原液なら1回20cc、粉末なら1さじ、生の葉を使うときは5センチほど鉢から切りとって、こまかく刻んでいっしょに煮る。

これを朝起き抜けと夕食時、1日2回お茶がわりに飲む。アロエの味は苦いと評する人も多いようだが、薬物的な味じゃないから、あの苦みがわりあい好きで癖になります。へたに小細工せずに、そのままガバガバ飲むのがいちばん効果的です。あたたかくても冷たくてもうまいのが最高です。

僕は現在、本職の大学講義に加えて、週に2回ラジオをこなすほか、日帰り出張やTVで収録録、取材などが飛び込んでくる毎日。食事は不規則、コーヒーが大好き、ヘビースモーカーで原稿執筆にタバコは欠かせない。いぐらアマレスで鍛えた頑丈な肉体も、ハードスケジュールにまいってしまうこともあり、特に肩こりと便秘には3年ほど前から悩まされていました。

そぅは見えないのは確かだが「寄る年波か?」とひそかに考えていたほど。ところがアロエはそれを恐ろしいくらいスッキリと解消してくれるんです。アロエ・スープを1日2回飲んでいるおかげか、規則正しく便通がやってきて、テレビの収録中にもトイレをさがすといううれしいような困ったような事態に。

それに悩みのタネだった肩こりもスーツと解消。女房は「喫煙であなたの肌は荒れていたのに、このところツヤが出てきたみたい」とのたまうほどだ。さて、テレビでは毒舌家、豪胆者に見られている僕だけど、じっは本邦初公開の弱点がある。いわゆる魚貝類の食物アレルギー。

それでも好物だし、負けずぎらいな性分だから、誘われると寿司屋に足を運ぶ。食べて2~3時間でかゆくなケ、ひどいときには体全体が真っ赤になる。眠れないほどかゆいときもあって「だったら食べなきやいいじゃない」といわれるのだが、ひと晩寝るとおさまるからやっぱり食う。ところがアロエを愛用して、その症状が消えた! 寿司屋でトロや白身をガバガバ食っても、かゆみが襲ってこない。ここまでくると暗示じゃないかと疑うほどだが、僕のアレルギー解消の鍵がアロエだったとは驚いた。