いい水を飲むと体はこんなにもいい方向へ変化する

それでは、「体に調和する水」の条件を満たした「水」を飲み、調理などにも使用した場合、体にどんな好影響が現れるかを簡単に整理しておくことにしましょう。「体に調和する水」を日常的に、しかも積極的に飲み・使用した場合・人の体にはおよそ次のような変化が起こります。

  • 胃腸の調子がよくなり、便秘なども解消され、便通がスムーズになる。
  • 新陳代謝が良好になり、体全体の調子が高まる。
  • 抵抗力が高まり、風邪など引きにくくなる。
  • 肌がみずみずしく潤う。
  • 糖尿病・肝臓病・高血圧など、現代医学では一般に治りにくいとされる慢性疾患の症状が改善され、完全に治癒する場合も少なくない。
  • 小児喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患が軽快し、尭全に治癒する場合も少なくない。
  • 女性の場合、生理痛や生理不順が解消に向かう。
  • 妊産婦の場合、妊娠の経過が良好に推移し、より健康な赤ちゃんを出産できる。
  • 出産後の母乳の出がよくなり、母乳の質も良好になる。
  • 深酒した場合にも、二日酔い・悪酔いなどの傾向が弱まる。

その他にも、しつこい水虫が治ったり、肩こりや頭痛が解消したり、更年期障害が軽減したなどいろいろな報告があります。総じていうなら、〝「体に調和する水」は、体の調子のすべてを高め、より健康にしてくれるということができるでしょう。こんな形で「効能書き」 を並べると、必ず以下のような反論が聞こえてきます。

「だから信用できない。そんな、万病に効く薬などあるものか。まして、たかが水で、そんなにも劇的な効果があるはずがない」しかし「体に調和する水″」は、あくまでも水であり、薬ではありません。薬とは、生理作用の一部に働きかける性質を持つ物質ですから、万病に効くはずがないのが当然です。

しかし「体に調和する水」は、生命活動を細胞レベルで活性化して、生理作用・新陳代謝をよりよい方向へと向かわせるのです。病気や体調不良は、医学的にみた症状こそさまざまですが、その根本的なところには「細胞レベルでの生命活動が低下している」という「病の温床」があります。

だとすれば、生命活動を細胞レベルという原点から活性化できたときに、さまざまな症状が改善される、あるいは治癒するというのは、まさに自然の摂理そのものなのです。

実際のところ、複数の医師による報告の中にさえ、「体に調和する水」の積極的な飲用によって、深刻な慢性病が治癒したという実例が少なくありません。中にはガンの進行がきわめて遅くなったり、ごく少数ながらも末期とされたガンが軽快したという報告さえあるのです。

ミネラル還元水 | ガン患者に評判の健康食品

こうした「生命体に調和する水″」の効用を確認するのは実に簡単です。あなたも、あなた自身のために、また赤ちゃんのために、今日からでも実践してみてください。その成果は、人にょっては少しずつかもしれませんが、確実に現れてきます。