長年のうつ病が「ヌーススピリッツ」のおかげで安定、抗うつ薬が半量に

気分や気持ちが安定、さまざまな不快な症状も軽減

私は、20代後半にひどいうつ病になりました。会社でのストレスや引越しで環境が一変したことなど、いくつかの要因が重なった結果だと思います。病院では不安神経症、強迫神経症と診断され、実際、ちょっとしたことが必要以上に気にかかり、ひとつひとつの出来事をふつうにやり過ごせませんでした。

症状はなかなか良くならず、いろんな病院を回り、病院難民のようになっていましたが、15年以上たった今はこの病気と上手くつきあえるというか、日常生活で大きく崩れることはありません。とはいえ、薬を10年以上手放せず、毎日服用し続けている現状を変えたいという気持ちもありました。しかし、また症状が出てしまっても困る、という八方ふさがりのような状態だったのです。

そんなときに知人から水溶性低分子キトサンのことを教えてもらいました。たしかご自身かお子さんのために購入されており、精神面に効くということで、私はとても興味を持ちました。病院で精神安定剤を処方してもらっていましたが、薬と違って副作用の心配がないこともメリットだと思い、さっそく注文してみたのです。

私の場合、1日1~2カプセルを毎日飲用しました。すると、飲みはじめてから割とはやくに効果を実感できました。なんとなくそれまでよりも調子が良い気がして、試してまもなく、精神安定剤を1日おきに減らすことに成功したのです。以前にも1日おきに減らしてみたことがあったのですが、そのときは不安感が拭えず、長続きしませんでした。ところが今回は、すんなりと半分の量まで減少できました。

そのうちに、イライラすることが少なくなったり、朝の目覚めが良くなったようにも感じました。

やはり水溶性低分子キトサンのおかげでしょうか。今後、さらに薬を減らせればいいな、と考えているところです。

また、以前から親の介護のことで度々悩んでおり、気持ちが不安定になったり、生理が来ると神経過敏になっていましたが、近頃は気持ちが安定していて、とても前向きになれます。気持ちの面だけでなく、緊張が取れたせいか、頭痛や肩こりも楽になったのです。本当に良かったです。

ご飯に混ぜて、少量の水溶性低分子キトサンを家族もとっていますが、主人の気持ちも安定し、お天気屋さんなところがなくなってきたように思います。子どもの花粉症もかなり軽くなり、喜んでいます。

水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」はコチラ。

長年のうつ病が安定以外の「ヌーススピリッツ」の使用感・感想