水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」

専門医と共同開発! 心のサプリ「ヌーススピリッツ」

増え続けるうつに悩む人々、現代人は誰でもなる可能性がある

WHO の発表では、世界では少なくとも73億5千万人という数のうつ病患者がいます。また、うつ病患者に多い不眠症も、データによれば、この10年間で患者が3倍に増加しています。日本最大級の総合医療メディアサイトが以前行った不眠症に関する大規模リサーチでも、6044人(回答者) のうち半数近い42% の方が、過去3年以内に不眠症に悩んだ経験を持っているとわかりました。

このように、心の病が増加する昨今において、大きな注目を集めている成分があります。それが、水溶性低分子キトサンです。水溶性低分子キトサンを治療に役立てているのは、主にうつ、心の不安定、不眠(緊張から来る自律神経の失調)、依存症の改善です。

とくに心の不安定には高い成果を挙げており、代替医療の分野で大きな可能性を持つ成分だと考えています。というのも、従来の精神医療の現場では抗精神薬を処方したり、薬と併用してカウンセリングを受けるといった治療が一般的でした。しかし、水溶性低分子キトサンのような天然素材から得られる有効成分を活かすことで、症状を無理なく快方へ導いていく、そうした新しい代替医療の可能性があるからです。

水溶性低分子キトサンについて

水溶性低分子キトサンとは、どんな成分なのでしょうか。キトサンはカニの甲羅やエビの殻、イカなどに含まれる動物性の食物繊維「キチン」を抽出精製して作られます。そして本来、水に溶けないキトサンを溶性に加工し、分子量も小さくすることで、体内への吸収率を上げ、その効能をより高めることが可能になったのです。

水溶性低分子キトサンは、消化器系、とくに腸内の細菌層の環境を改善させる作用に優れています。それらの細菌が、人間にとって実に有効な成分を作ってくれるわけです。腸を通じて、脳の働きを刺激していると言い換えてもよいでしょう。

実際、細菌を作る物質が健康維持に必須である、ということが確認されています。水溶性低分子キトサンの効用に関して、うつ、キレる、情緒不安定など、精神疾患における水溶性低分子キトサンの効用という内容で学会で発表済です。

具体的には、薬の服用で改善しなかった約500人の患者さんに、分子量約3~5万の水溶性低分子キトサンを飲用してもらったところ、8割の方の症例が快方に向かいました。また、イライラ、倦怠感、不眠など、更年期障害の改善例も数多く認められています。それ以後も、水溶性低分子キトサンの臨床例は着実に増加。現在までに1000例以上の改善データが確認されています。他の薬が必要なくなったり、水溶性低分キトサンだけでほぼ完治に近いといわれる状態になった患者さんは、実際かなりの数に上っています。

もう1つ特筆すべき点は、水溶性低分子キトサンは「衝動性疾患の改善剤」として、日米で用途特許を取得していることでしょう。つまり、キレるという心の状態を改善する作用が認められたのです。用途特許とは、ある物質に、これまでに知られていた効用以外に新たな用途が発見・解明された場合、その用途に対して与えられる特許を指し、認定が下りること自体とても異例です。

副作用がなく、薬との飲み合わせを気にする必要もない上、その人の体質や症状に合わせて摂取量を自在に変えることが可能。その点でも、ぜひ多くの方におすすめできる重要なポイントです。

ヌーススピリッツ

ヌーススピリッツは、キトサンの持つココロとメンタル面の不調に最適な機能性があることを 発見した精神科医 酒井和夫氏との共同開発によって誕生した 「ココロと気持ちの健康生活を実践する」ためのサプリメントです。 高濃度で凝縮された水溶性低分子キトサン粉末をそのままカプセル化しているので、メンタルバランスの調整に最適です。

何となくスッキリしない、集中できない、つい暗いことを考えてしまう...。 そんな、心の不調の初期状態に気づいたら、まずは、ヌースアイをお試しください。 1日2粒~6粒程度を、ご自分の調子に合わせて飲用してみてください。 3ヶ月ほど続けても思ったほどの体感が現れないときは、 ヌースアイと同じ成分で濃度が4倍の ヌーススピリッツに切り替えてみることをおすすめします。 原料はカニ殻から精製したキチン・キトサンですから、習慣性はありません。 安心して飲用いただけます。

水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」

専門医と共同開発! 心のサプリ「ヌーススピリッツ」