ウィンドウの開閉も高速化できる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
仕事中、上司や同僚から「この資料を見ておいてくれないかな」と、USBメモリなどの媒体やCD-ROMを渡されることがあります。普通であれば、USBメモリやをCD-ROMをドライブに差し込んで、「マイコンピュータ」をダブルクリック。そこから該当するドライブDドライブやEドライブなどをダブルクリックして、ウィンドウを開けて中身を確認、という操作手順が一般的です。
ただ、時間がないときは、いちいちウィンドウを開けるのはめんどうなものです。単純な操作なのですが、会議の時間が迫っていたりすると手間に感じます。そこで、あらかじめ次ページのように、DドライブやEドライブのショートカットをデスクトップ上に置いておくのが効率的です。
こうしておけば、「マイコンピュータ」のアイコンを操作しなくても、直接デスクトップ上にあるDドライブやEドライブのショートカットをダブルクリックするだけで、中身をさっと確認することができるのです。

「マイコンピュータ」をダブルクリックして、ウィンドウを開きます。DやEのアイコンを、デスクトップ上までドラッグ&ドロップします。
オブジェクトをここに移動またはコピーできません。代わりにショートカットをここに作成しますか?というメッセージが出るので「はい」をクリック。
USBメモリ「D」のショートカットがデスクトップ上に表れます。同様に、よく使うディスクのショートカットをデスクトップ上に作っていきます。

USBメモリの内容を見るときは、「リムーバブルディスク:D へのショートカット」をダブルクリックします。ウィンドウが開いて中にあるファイルをすぐに確認できます。