宿便・毒素を排泄する

  • 投稿日:
  • by

最近の人達は酵素が足りなかったり自己免疫力を高めるものが不足しており、充分に栄養をとっておらず、酵素の少ない、繊維質も少ない食事をしています。

そのため、腸の中に蓄積された毒素をたくさん抱え込み、それ自体が毒物を生み出している「宿便」が溜まっています。

通常宿便は、2~4 kgもあると言われています。だれかの排便の後にお手洗いに行って、臭くてたまらないという経験があると思います。この臭い便が大問題なのです。

宿便は、便秘の原因になるだけでなく、何十年もの化学物質や食品の毒物がもっと毒になり、腸に溜まっているのですから、腸だけでなく、さまざまな病気の原因にもなっています。

腸の壁に厚くついている宿便のせいで、栄養価のない食べ物からやっと入ってきた貴重な栄...養分でさえ、体に吸収されません。

有名な歌手のエルビス・プレスリーが薬の飲み過ぎで亡くなつた時に解剖したら、約20 kgもの宿便があったそうです。西部劇で有名なジョン・ウェインは、何と30 kgだったという"のはアメリカ人の中では割と有名な話です。

私達の生活になくてはならない熱処理をしていない、自然のハーブ(植物)で作られた栄養補強剤を使用すると、果物や野菜に含まれている自然の酵素も体に吸収されるだけでなく、長年溜まっていた宿便に働きかけて次のことが起きます。

  • まっ黒のタールのような便が出る。
  • しばらくの間臭い便が出る。
  • トイレを詰まらせるぐらいの量が何度も出る。

そうなると、しめたものです。この後もきちんと自然の酵素で栄養補強を続けると、栄養補強と同時に溜まった毒物も排泄され、毎日快便で、1日2~3回便通があります。臭いもほとんどなく、尿のようにすぐ出ます。そしてお腹のあたりが軽くなり、体重も減り、栄養も前よりずっと吸収され、体が快調になって、顔色もよく、透明感が出てきます。

日本では今、宿便を碑るのは断食か、漢方を使うか、腸を洗うかの方法が言われていますが、これらはすべて、時的で、また換り返し行わなければなりませんし、栄養の補強はできません。また、現実生括ではほとんどの人は断食などなかなかできません。簡単で手軽な方法でなければ、多くの人が健康になれないでしょう。そこがとても重要なポイントです。

イサゴールなどで宿便が溜まらないようにすればいいのです。毎日、きちんと排便できていれば宿便は溜まらないのです。毎日の排便習慣がいかに大切かです。

ちなみに慢性的な病気は腸の汚れからはじまります

大事なことは、無機物ではなく有機物、化学合成物ではなく天然物をとることです。有機と無機、化学合成物と天然物の違い、それが体に及ぼす重要性を理解している人はほとんどいないようです。理由は国や学校で、体の健康にとって、重要なことを教えてくれないからです。

人間の体は正常な機能を果たすために、また体にとって必要な他の栄養を吸収するためにも、多くの微量、ミネラルが必要なのです。たとえば、鉄はそのよい例です。鉄が人間の体に必要だからといって、人間が鉄の粉を大量に食べたら、体に重金属として溜まり、健康問題を起こすか、死んでしまいます。

土の中に根を生やし無機鉄を吸収したほうれん草は有機鉄を作り、私達がたくさん食べても、...それはミネラルの鉄となり、体内で必要な分だけ使われ、不必要な物はきちんと排泄されます。

植物だけが土の中の無機物の重金属を有機物のミネラルに変えることができるのです。たとえば、鉄はほうれん草から、アルミニウムは玉ねぎ・大根・人参などから、亜鉛は海のカキからなど、自然や天然の物からとられる時は、ミネラルと呼ばれます。

自然のミネラルとして摂れない場合は、化学合成分をキレート化して特別に体が吸収できるようにしなくては、体の中に溜まってしまい、多くの問題を起こすのです。

キレートとは、ギリシャ語で蟹のハサミを意味し、いろいろ混みいった混合物の中から、特殊な金属やイオンを挟んで引っ張り出す化学反応のことです。アメリカでも昔はそのような知識がなく、酪農家などが家畜に重金属の粉を栄養として与えたので、病気になっただけでなく、死んでしまったこともあったそうです。

たまねぎの解毒にはキレート作用が働いています。

日本人はこれらの違いを知らない人が多いようです。医者さえも患者に、体が吸収できず、蓄積してしまう化学物質の鉄の注射をしていますから、患者の体に重金属が溜まり、どんどんボケたり、病気がさらにひどくなっています。

多くのわけの分からない人が、新聞や雑誌でビタミン剤のとり過ぎは良くないと今頃さかんに批判しています。だれひとりとして、自然のビタミンと合成のそれを区別している人がいません。自然のビタミンと合成ビタミンには大きな差があります。

化学式を見るとまったく同じなのですが、立体から見ると自然の物と合成の物では大きく異なるのです。非常に世界から遅れ、沢山の間違いがあります。ある時、アメリカの研究者達に見せたら、皆目をまるくして日本の遅れに驚きあきれていました。

そして、科学式が合っていれば、自然でも合成でも問題にしないのです。それで安価な合成のビタミン剤が日本中、恐ろしいぐらい出回り、健康になりたい人の体の中に溜まって、その人達をより不健康にしているのです。