黒豆のたっぷりアントシアニンのおかげで 飛蚊症 が改善

黒豆のたっぷりアントシアニンのおかげで 飛蚊症 が改善 した私の体験談を紹介したいと思います。 30 歳を過ぎた頃から 飛蚊症 に悩まされるようになり 黒豆のアントシアニンの成分のおかげで症状が消失しました。

飛蚊症は、ほとんどの場合は加齢に伴う生理的なもの(病気ではない)で、初期の段階は多少うっとうしく感じますが、そのうち時間の経過とともに少しずつ慣れていくため、通常は特に心配はありません。がなんともうっとおしくて悩まされました。

黒豆による目への効能・効果はこちらで紹介されていますが、その高い効能が古くより知られている黒豆は、中国や日本の漢方医にとって大事な「薬」のひとつであり、「毒を解して腎を高める」働きがあるとされていました。つまり、黒豆は体内の毒素や老廃物をとり除き、腎の機能を高めると考えられていたのです。

この事を知った私の 飛蚊症 も黒豆で治るのではないかと期待して 発酵 黒豆 エキス を飲むことにしました。私は、 2 年前から 発酵 黒豆 エキス を食前におちょこ 1杯 とっています。きっかけは、母の勧めでした。

母は、 32 歳のときに左目に網膜剥離 ( 眼球の内側にある網膜が剥がれること を患いました。すぐに治療をしたものの、 3 年後に再発。そのため、医師からは「 70 歳過ぎには、失明する危険性がある」と言われていたそうです。

そんな母が、目の健康のために飲んでいたのが 発酵 黒豆 エキス でした。母は今 74 歳になりましたが、網膜の状態は良好で、「おかげでドライアイまでよくなった」と喜んでいます。一方、私は30歳を過ぎたころから 飛蚊症 に悩まされていました。黒い糸のようなものが、視界にチラチラと浮かんだまま、消えないのです。

特に、白い壁や空を見たときには、視界に黒い糸が目立つので、わずらわしくて困つていました。そんな話を母にしたところ、「いいものがあるよ」と、勧めてくれたのが 発酵 黒豆 エキス だったのです。「母の実体験なら信頼できるはず、私も試そう」と、迷いはありませんでした。最初に変化を感じたのは、 3 ヶ月ぐらいたってからのこと。まず、以前からひどかった疲れ目が軽くなりました。夕方になるとピントが合いにくくなつたり、視界がボーっとしたりすることがありましたが、もうありません。

ずっと気になっていた飛蚊症も、あの黒い糸は徐々に薄くなり、ほとんど気になりません。今では「そういえばあるかなあ」という程度。空を見上げるときも、視界がスッキリとして、とてもいい気分です。

飛蚊症 はやっかいだと問いていただけに、あっさりと改善して驚いています。現在、私は40代後半にさしかかっていますが、老眼の気配もありません。読書をするにも、裸眼で不自由はありません。不思議なことに、カゼやインフルエンザにもかかりにくくなりました。体に抵抗力がついた気がします。

発酵 黒豆 エキスには、アントシアニンをはじめ、いろんな健康成分が凝縮されているからでしょうか。 発酵 黒豆 エキス は、私にとっても、母にとっても欠かせない食品です。これからも、親子ともども、 発酵 黒豆 エキス を頼りにしていきます。

発酵黒豆エキス 5.JPG

その他の 生の声 はこちらです。