朝食後にを飲んで225→120 mmHGに下がった

私は、定年後65歳の頃からずっと高血圧に悩まされてきました。夜になると血圧が高くなるタイプで、いつも最大血圧が200 mmHGくらいまで上昇し、夜中にトイレに起きるとふらつくことがよくありました。朝早くはそれほど高くないのですが、夜に向けてだんだんと血圧が上がっていきました。

あるときなどは、目が回って立っていられなくなり、救急車で病院に運ばれたこともありました。降圧剤は飲んでいましたが、なかなか思うように血圧は下がりませんでした。

そこで、薬を服用しながらも、自力でできることをやろうと考え、黒豆の煮汁や黒酢を飲んだりもしました。しかし、どちらも胃弱の私には合わず、続けられなかったのです。2012年の10月ごろには、最大血圧が225 mmHgにまで上昇し、強い危機感を覚えるようになりました。

私は暴飲暴食もしないし、お酒もタバコもやりません。どうして血圧がこんなにも高くなるのだろうと困惑していたはつこうときに、たまたま新聞で「発酵黒豆エキス」のことを知ったのです。刺激のないまろやかな味とのことだったので、早速、その年の1月から試してみることにしました。

私は朝食後に、発酵黒豆エキスを飲んでいます。おちょこ1杯を飲むだけです。発酵黒豆エキスを飲み続けていると、約2ヶ月後には、最大血圧が150 mmmHGまで下がりました。さらに続けていると、数値が順調に降下していき、今では、日中の最大血圧が120~30 mmHg、最小血圧が65〜70 mHgくらいで安定するようになりました。

夜は、体質でしょうか?やはり多少上がることもありますが、それでも上が140~150 mmHGほどです。ところで、発酵里豆エキスを始めてからは、体調もすごくよくなり、散歩も楽にできるようになりました。

黒豆には、黒豆由来のポリフェノールを摂取すると中性脂肪値などが改善し、メタボリックシンドロームの予防に役立つという臨床試験の報告があります。 また、黒豆そのものを食べることで肥満改善効果や、血糖値を改善するという報告もあるので、煮出した後の黒豆も食べるのがお薦めですが、私は、胃弱のせいか黒豆そのものを食べるよりも発酵黒豆エキスのほうが体に吸収されたようです。

以前は足が重く、1 kgくらいの道のりでもバスを使っていましたが、今は足が軽くなり、ウォーキングコースを1時間歩いても平気です。
私は、着物の裏打ち加工の仕事をかれこれ50年もしており、全国ほぼ100 % のシェアを賄っています。この伝統のある仕事を、今後も現役で続けていきたいので、発酵黒豆エキスを毎日忘れずに飲んで、健康維持に努めていきたいと思っています。

225mmHG→120mmHGに下げることができた発酵黒豆エキスはこちら。