ひざ痛、腰痛、肩こりが消えた

私の家系は、母も祖母も高血圧と高血糖でした。その体質が遺伝してか、私も血圧が高く、10数年前から降圧剤を飲んで、最大血圧が130 mmHG、最小血圧が70~80 mmHGくらいにおさえてきました。この数値は優秀な数値ではありませんが、私にとっては努力の賜による結果でした。

ところが、近年、血糖値が上昇の一途をたどり、糖尿病予備軍を通り越して、本格的な糖尿病になってしまったのです。糖尿病の薬も飲むようになりましたが、血糖値は200 mg/dlから下がってくれませんでした。医師からは、「体重をへらさないと」と注意されていましたが、元来食べるのが好きな私は、食事を制限できなかったのです。

食事制限をしなさい!と言われているのにできない自分にもストレスいっぱいでした。食べることを抑制することがどうしてもできませんでした。甘いものを見ると、止まらなくなってしまうのです。お腹がいっぱいになるまで食べないと止まりません。

2年前のある日、私は雑誌で、「発酵黒豆エキス」のことを知りました。そのときは、高血圧や高血糖の方によく効く!というような見出しだったように記憶しています。高血圧や糖尿病の改善効果が期待できそうなので、試してみることにしたのです。

私は、朝起きたときと、夜寝る前に、おちょこ1杯ずつ発酵黒豆エキスを飲むようにしました。すると、なんと3日日にはうれしい効果が現れました。私は長年の立ち仕事のせいで、ひざ痛を患っており、階段まは手すりにつかまりながら這い上がる感じでした。それが、ひカざ痛が消えて、階段を駆け上がれるようになったのです。

驚きはそれだけで終わらず、1週間後には腰痛が解消し、3週間後にはひどかった肩こりもすっかりなくなりました。また、発酵黒豆エキスを飲んでいたら、食事制限をしていなかったのに、体重が自然にへってきました。黒豆に含まれるポリフェノールは強い抗酸化作用を持つそうで、黒豆由来のポリフェノールを摂取すると中性脂肪値などが改善し、メタボリックシンドロームの予防に役立つという臨床試験の報告もあるそうです。大豆は納豆なんかやお豆腐でよく食べていましたが、黒豆を食べるのは、お正月のおせちくらいだったので、今まで食べてこなかったことが悔やまされます。

以前は73 kgあった体重が6 kgへって67kgになり、周りからは「後ろ姿がスッキリした」といわれています。自分でもお腹というか背中の脂肪が減ったように感じています。

さて、発酵黒豆エキスは、糖尿病にも効果てきめんでした。最高で220 mg/dlあった血糖値が、1年半後の検査で15 0mg/dl、その翌月の検査では140 mg/dlまで好転したのです。高血糖だったときの疲れやすさもなくなっています。朝の目覚めが快適になったのがとても嬉しいです。おちょこ1杯でこんなに効果があるのか?とちょっと信じられません。

そしてさらに驚いたのは、これまでの異常な食欲が抑制されたのです。いつも何か食べていないとイライラしていたのに、3食の食事以外に「間食をとりたい」という気持ちがおさまったのです。

おかげで、今は会社で8時問働いたあとに、家に帰ってから畑や田んぼに出て2時間も働いています。朝も30分の農作業をしてから出勤するのが日課となっており、周りが驚くほどの元気ぶりなのです。そういえば、血圧の薬を切らしたり飲み忘れたりしても、血圧が上がることもありません。発酵黒豆エキスが私の体を守ってくれている証です。

ひざ痛、腰痛、肩こりが消えた発酵黒豆エキスはこちら。