麹水で血圧、血糖値、肝機能値、尿酸値が次々に下がる、さらに肌の潤いも

生きた糀が生きたまま腸に届いて効果を発揮、腸内環境が整うと体調が良好

かつて、日本には、花粉症もアトピーもありませんでした。それに、大腸ガンや乳ガンにかかる人もごく少数でした。それがいまや、こうした症状に悩むかたが激増しています。その背景には、食生活が欧米化して、私たちが風土に合わない食べ物を大量にとるようになったことがあると思います。

日本に住んでいる日本人は、日本で作られた食べ物を口にするのがあるべき姿です。同じように、アフリカに住んでいるアフリカの人は、アフリカで作られた食べ物をとるべきなのです。それは、ヒトの遺伝子が、そのようなしくみになっているからだと私は思うのです。どこに住んでいる人でも、その気候風土に合った食べ物をとることこそ、体にいちばんいいのではないでしょうか。

私の家は、新潟県の阿賀町で代々麹屋を営んできました。創業は明治元年で私は六代目に当たります。店では、昔ながらの製法を守り、糀を作っています。新潟県米のコシイブキを蒸し、特別配合の糀菌をまぶして繁殖させて作ります。

この糀は、この日本の土地で作られ、この気候風土に適合した物なのです。いわゆる「こうじ」には、「麹」という文字と、「糀」という文字があります。「麹」は麦を原料に作った物で、「糀」は米を原料に作った物を表しています。一般的には、こうじをすべて「麹」と表記する場合もありますが、私の店では、米を償っているので、「糀」と記しています。このように作られる糀は、「黄糀」という物です。黄糀は、特に糖度が高く、発酵力が強い特長があります。

私たちがふだん口にしている食材は、生きている物と死んでいる物があります。できるだけ、生きている物をとったほうがいいと思います。そして、私の作った糀は、すべて生きています。生きた糀が、生きたまま腸に届くのです。このため、黄糀を利用することで、糀が本来持っている、さまざまな健康効果を生かすことができるのです。

便秘や下痢を解消!アレルギー疾患にも有効

うれしいことに、最近は、糀から作った甘酒が大ブームです。私はさらに、昔ながらの甘酒の簡易版である「麹水」を皆さんにお勧めしています。また、糀のすばらしさを知っていただくため、全国各地で講演会を問いています。

そこでも、毎回、麹水を紹介してきました。あちこちで大きな反響がありました。私の住む新潟県外からも、問い合わせが多数あったのです。特に、60〜70代以降の年配のお客様から、たくさんのお電話をちょうだいしました。麹水水に興味を持っていただけたことは、なによりの喜びです。これは、先の記事を読まれたかたの多くが、こうじ水の長所を理解されたからだと思っています。その長所とは、

ということです。必要なのは、糀と水だけ。糀は、もちろん、「生きている糀」を使っていただきたいのですが、目安として、食べてみたときに、おいしいと感じる物で作っていただければいいと思います。あとは、糀を水に漬けるだけですから、手間がかかりません。

第二に、さまざまな利用法があることです。できた麹水をそのまま飲んでいただくのが、最もオーソドックスな利用法です。また、化粧水としても利用できます。さらに、こうじ水を作るのに使った糀は、袋のまま浴槽に入れると、入浴剤としても重宝します。

第三に、多種多様な健康効果があることです。こうじ水を常時利用することで、驚くほど多くの健康効果が得られます。腸の働きを整えるため、便秘や下痢を解消します。花粉症、アトピーなど多くのアレルギー疾患にも有効で、症状が改善したという報告がたくさん寄せられています。また、血圧、血糖値、コレステロール値、中性脂肪値、肝機能億、尿酸値などが下がったかたがいらっしやるのです。

さらに、美肌効果もすばらしいものがあります。私自身、毎日愛用しているため、古希を過ぎても、こんなに美肌(笑)。ほかに、ダイエットに成功したなど多彩な効能があり、ここでは報告し切れないほどです。

リウマチの痛みが軽減し手が動かせると驚き

60代の女性は、20年問、花粉症で苦しんできました。シーズンになると、体がだるくて鼻水が出て目のかゆみが止まらず、頭痛も起こりました。そこで、こうじ水を飲み続けていたところ、つらかった症状が劇的によくなり、毎日が楽になったといいます。

70代の男性は、こうじ水のおかげで、高かった血圧が下がり、それに伴い肩や首のひどいコリが解消しました。また、肝機能倦も正常化し、便通も改善したそうです。

50代の女性は、皮膚の乾燥で苦しんでいました。手がカサカサになって、かかとはひどいひび割れ。歩くたびに痛みが走り、血がにじむこともあったそうです。それが、こうじ水を活用することで、いつの問にか皮膚がしっとりスベスベになり、花粉症と便秘も改善しました。

50代の女性は、長年、リウマチで苦しんでいました。そのせいで手が痛く、少し動かすのもつらかったとのこと。こうじ水を飲み続けていたところ、リウマチの痛みが軽減して、手が動かせるようにななってきたと驚いていました。

このように、私の周りでも多くの皆さんが、こうじ水の健康効果を実感し、使い続けておられます。して、その輪をさらに広げようと、地元の阿賀町に住む女まいか性有志が集まって「米花の会」を設立しました。米花とは、糀の文字をくずして名づけたものです。この会では、糀や甘酒を断食などに活用する方法をご提案する、健康教室を開催しています。参加した皆さんからは、ダイエットにも大いに役立つと好評をいただいています。さらに多くの皆さんにこうじ水のすばらしさを知っていただくため、これからもがんばっていきたいと思います!