麹水でバナナ便が出て10kg以上の減量に成功、腰痛も改善し、血糖値も正常値に

間食も自然に減って今までの服はウェストがブカブカ!

私は、若いころから、どちらかというと、ぽっちゃりとした体形でした。50代に受けた健康診断の際、メタボ予備軍といわれて以降、毎回注意されるようになりました。還暦を過ぎると、体重は67kgになっていました。

肥満ぎみなのは問違いなく、おなか周りは特に肉づきがよくなっていたのです。加えて、血圧は低めだったものの、血糖値やコレステロール値はやや高めで、基準値を超えるか超えないかといったレベルでした。そんなタイミングで始めたのが、「麹水」でした。

きっかけは、麹水は健康にいいと、教えられたので、試しに飲んでみることにしたのです。麹水は、350ccのペットボトルを使って作ります。そのペットボトルに1cmくらいの黄こうじを入れ、ボトルがいっぱいになるまで水を注ぎます。これを冷蔵庫に一晩おきます。翌日は、このペットボトルから、朝晩、200ccのコップ1杯ずつ麹水を飲むようにしました。

こうして麹水を飲み始めたところ、最初に変化が現れたのは、便通でした。もともと、便秘症というわけではなく、ごく普通に便は出ていました。しかし、麹水を飲むようになってから、便通がよりスムーズで規則的になりました。特に違ってきたのは、便の形状です。バナナのような形で、かたさも適度な理想的な便が出るようになったのです。

しかも、以前とは違い、ほとんどにおいがしないのには驚きました。それ以降、体重が少しずつ減り始めました。それほど急激に減ったわけではなく、気づいたら、そうなっていたという感じです。

減量がうまくいった要因の1つは、問食を減らせたことでしょう。そのころ、私は、仕事の関係で食事が不規則になり、その埋め合わせのために、問食するクセがついていました。

ところが、麹水を飲むようになってから、問食をあまり欲しいと思わなくなつたのです。全くとらなくなったわけではありませんが、問食をする回数がかなり少なくなりました。こうしたことが積み重なって、ダイエットにつながったのかもしれません。

麹水を飲み始めて最初の1年で、5kgほどやせました。その後、5年くらいでじりじりと体重が落ち、56kgになりました。総計で10kg以上もダイエットできたことになります。ウェストもスッキリして、ベルトの穴でいえば、穴3つ分くらい縮まりました。

服も、みんなプカブカになりました。全部買い替えるわけにもいかないので、ベルトで締めあげて、大きめのズボンをはいています。やせたおかげで、体が軽くなり動きが軽快になりました。私は若いときから、腰痛があり、年を取ってからも、ギックリ腰に悩まされることがありましたが、麹水のおかげでやせてからは、腰痛に悩まされることがなくなりました。

水虫の痒みもだいぶいい

麹水の効果で10kg以上のダイエットに成功して早いもので10年ほど経ちます。今でも、この体重をキープしています。やや高めだった血糖値やコレステロール値も、基盤丁値内に収まるようになり、健康診断でひっかかることもなくなりました。

それから、これは、麹水のおかげかどうかは不明ですが、実は、水虫もよくなったのです。私は長年、水虫に悩まされてきました。両足が猛烈にかゆくなり、たびたび指の皮がむけていました。そこで、風呂に入ったときなどに、麹水を足の指に塗りつけるようにしてみたのです。

すると、完全にかゆみが消えたわけではありませんが、以前に比べると、状態はかなりよくなりました。かゆみが以前より治まり、皮がむけることも少なくなっているので、ありがたい限りです。麹水には、体内の毒を排出するような効果もあると聞いたことがあります。ひょつとしたら、私の水虫も、麹水のおかげでよくなったのかもしれません。これからもこうじ水を飲んだり塗ったりして、役立てていきたいと思っています。