アサイーベリーの体験談 老眼、疲れ目、飛蚊症、加齢性応変変性症、白内障...など

  • 投稿日:
  • by

目の血流サラサラ!網膜・視神経のサビつき防止!視力アップ果実「アサイベリー」

加齢とともに進む動脈硬化(血管が狭くなる) から血流が停滞すると、全身いたるところに悪影響が現れます。

それは「目」も例外ではなく、眼球組織が酸素不足・栄養不足におちいることから、さまざまな視力トラブルが引き起こされるのです。

たとえば、ピント調節をする筋肉が硬くなって、近くが見えづらくなる(老眼)。

老廃物もたまりやすくなって、目のレンズ役である水晶体が白く濁ったり(白内障)。

眼球内にゴミが残って視界を妨げるのです(飛蚊症)

さらに注意が必要となるのが、日本人の失明原因の上位である緑内障、黄斑変性、糖尿病性網膜症。

目の血行不良と酸化の防止で改善

これら三大眼病の誘因としては、先にあげた目の血行不良に加えて、目の酸化現象を無視することができません。酸化とはすなわち、目で発生する活性酸素(毒性の強い酸素)が眼球組織をサビつかせて、劣化させること。

アサイベリーに含まれるアントシアニンは、すばやく体内に吸収されて、目の血行を改善することが特徴。そのため、摂取したその日のうちに視界が晴れた、という経験をする人も少なくありません。

網膜や視神経の細胞が酸化すると、日本人に多い正常眼圧緑内障(眼圧が正常でも視野が失われる) が進行しやすくなります。

黄斑変性の場合も、その発端は網膜の中心部である黄斑部で細胞が酸化したり、出血したりすること。糖尿病の合併症のひとつである網膜症は、高血糖でドロドロになった血液が詰まって、網膜で出血を起こすことがその引き金となります。

すなわち、中高年以降、良好な視力を維持するためのキーワードは、「目の血行不良と酸化の防止」にあるのです。

このふたつの効用を同時にもたらす、貴重な食材として、現在世界的に注目されている果実があります。南米の熱帯雨林原産の天然果実・アサイベリーなのです。