飛蚊症のストレスから開放してくれたのはアサイーベリー

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

アサイベリーを飲み始めて3ヶ月で視界が晴れて老眼鏡も不要になった

10数年前に「緑内障の気がある」と検診で指摘されて、3年ほど前、日常生活に不便はない程度とはいえ、視界に小さな欠損ができました。自覚症状がはっきりと出てくると不安になるものです。

ちょうど同じ時期に飛蚊症にまで悩まされて、視界の左右に2つ、3つと黒いゴミがでてきたり消えたり、はっきりと見えたり薄くなったりしていました。サッと拭いたら取れそうなゴミなのに! とやるせない思いでした。

新聞や週刊誌、パソコンを読み始めると、目がすぐに疲れるのも深刻で、15分で視界がぼやけてピントがなかなか合いません。目の奥から頭まで、鈍痛も響いてきます。目の疲れがこれほどまでにしんどいとは思もしませんでした。

あれもこれもと目の不快症状が重なり、気持ちが沈んでいた昨年の春、アサイベリーの評判を知耳にしました。目のための投資なら何も惜しくないという心境で、アサイベリーを摂り始めて3ヶ月後のこと。週刊誌を2時間読み込んでも、目のショボつきが全然起きないことにまずびっくりしました。最初は信じられませんでした。

大好きな車の運転でも標識がクッキリ見えて、対向車のヘッドライトのまぶしさが気になることもありません。

以前に作った老眼鏡も、気がつけば引き出しの肥やしになっていました。アサイベリーのおかげで、裸眼視力そのものが向上したようです。ますます感激したのは、アサイベリーを摂って半年後のこと。眼科で「治せない」といわれていた飛蚊症が大幅に軽快したのです。

視界のゴミがぐんと薄れてほぼ透明になり、空を見上げたり、白い壁や紙を見るときも一向に意識しません。うれしいことに視野の欠損も広がらず、緑内障の悪化はまぬがれている状態。眼科の目薬とともに、アサイベリーを毎日切らさず、眼圧は11~12を保っています。

飛蚊症の症状を軽減してくれたアサイーベリーはこちら。