血糖値が200mg→120mgに下がった

動じなかった血糖が下がった

今年の春に受けた健康診断で、空腹時の血糖値が200mg、ヘモグロビンA1C 、も7.5% という結果が出ました。 こんなに高い数値は、初めてでした。医師からは、「このままだと、大変なことになりますよ」と脅かされました。とはいえ、薬を飲むほどではないようで、とにかく生活習慣を見直すように注意されたのです。医師の真剣な顔に私自身も驚いてしまいました。

それからは、妻の協力のもと、食事に気を遣い、大好きな酒の量もへらしました。さらに、休日に時間があるときは、ウォーキングをするように心がけたのです。

こうして、生活習慣を変えていきましたが、肝心の血糖値には、なかなか変化が現れませんでした。私は、「薬を飲まなければならないかな」と考え始めていました。

そんなとき、知人から教えてもらったのが「マグネシウム水」です。 どうやら、この液体の中には、非常に濃縮されたマグネシウムが含まれているそうです。

そして、マグネシウムは、体に必要なミネラルの1つであり、血糖値を下げる作用があるとのこと。私は早速、普段の生活に、「マグネシウム水」を取り入れることにしました。使い方は、とても簡単です。とにかく飲み物に、数滴の「マグネシウム水」を加えるだけ。

不思議なことに、コーヒーやお茶に数滴を垂らすと、非常にマイルドな昧に変わります。また、ビールに入れると、口当たりがやわらかくなって、とてもおいしく感じますし、二日酔いもしません

。妻に頼んで、料理にも加えてもらうようにしました。 料理に関しては、「マグネシウム水」を入れても、味はほとんど変わりません。知人によると、一日10~20滴が目安だそうですが、私の場合は、量を気にせずに多めに使っていました。こうして、ふだんの節制や運動に加え、「マグネシウム水」を使うようになったところ、1ヶ月後の検査で、血糖値に変化が現れました。

何をしても下がらなかった頑固な血糖値が、なんと160mgになっていたのです。ヘモグロビンA1C1も6% まで下がったこのように結果が伴うと、

がぜん、やる気も出てきます 私は、外出するときも、「マグネシウム水」を常に持ち歩くようにしました。自宅だけでなく、どこにいるときでも、飲み物をとるときは、必ず「マグネシウム水」を数滴加えるようにしました。

そして現荏、「マグネシウム水」を使い始めて3ヶ月がたちますが、血糖値は120mg、ヘモグロビンA1Cも6% まで下がっているのです。この結果には、医師も驚き、「すごいですね。もう一息がんばってください」と励まされました。

医師には、「マグネシウム水」を使っていることは話していなかったので、きっと自分の生活指導のたまものだと考えていることでしょう。 しかし私は、生活習慣の見直しだけでなく、「マグネシウム水」の力が大きかったと確信しています。

医師のいうとおり、正常値まで、あと一歩というところです。ここで気を抜かず、正常値を目指していこうと思います。そのためには、今後も「マグネシウム水」が欠かせません。

マグネフォース 濃縮されたミネラル液でマグネシウムを摂取する | 便秘を解消しよう!