目のかすみを伴う視力低下もある重度の白内障が腹八分+玄米食で解消

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

3ヶ月の玄米食で目のかすみが消えた

白内障は、単純な目の老化現象ではなく、全身病であり、生活習慣病でもあるため、進行防止や改善のためには、食生活の改善が特に重要です。

白内障を治す食事を実践したところ、白内障が顕著に改善した例です。会社員で49歳の方は目の視力低下や日のかすみを訴えていました。物が二重に見えるという症状もあり、、すぐに重度の白内障であることがわかりました。

白内障になったら手術が必要と思い込んでいたのでダメ元で「手術をしないで治す方法はありませんか」と質問しましたが、手術はあくまでも最後の手段であることを知り驚きました。

食生活は、喫煙はしないものの酒が好きで、毎日のように飲んでおり、さらに、外食中心の食生活で肉食が多いのです。

そこで、通常の通院治療を続けながら、腹八分食と玄米菜食を始めました。すると、早く治したい一心ので朝と晩の2食は玄米や発芽玄米を主食にし、野菜と海藻を多くとる食生活に切り替え、昼食でも和定食をとる機会を増やしました。

大好きだつた肉をほとんど食べなくなり、酒の量もかなり減らしたのです。すると1ヶ月後に、便秘体質が解消して体調がすっかりよくなりました。

その結果、3ヶ月後には左目のかすみが薄れ、物がかなりすっきり見えるようになりました。5ヶ月後には、二重に見えていた視力のうち、一方が薄くなってくるのがわかりました。そして、4年経過した現在では、物が二重に見える症状はすっかり解消し、視力も少しずつ向上しています。

次に64歳主婦の方の例です。玄米菜食で白内障がよくなりました。50歳のころに白内障を発症し、左目の視力が1.0から0.7に低下していました。

そして、目の水晶体には濁りもあつたのです。お菓子などの間食が絶えず、食事をしたあとでもすぐに、お菓子に手が伸びていたといいます。

しかも、運動不足のために太っていました。そこで、玄米菜食とその効果を高めるために腹8分食を実践し、1日13000歩を目標に歩くことをはじめました。

その結果、体重が毎月2kgつ減り、半年後には10kg近くやせたのです。そして、1年後には0.7だった左目の視力が1.0に回復しました。

目の濁りが完全に消えたわけではありませんが、視力が回復したことで、「これからも腹八分食と玄米菜食のおかげだと思います。
白内障特有の症状をアサイーベリーで軽減できた体験談

関連ページ

  1. 鮑の輝 口コミ 緑内障の手術後、視力が改善して大震災も克服できた
  2. 松の木エキスの食品で目の充血や乾きが治り目薬も不要に
  3. 「見える! 」と脳が信じることが、回復のカギ
  4. 「脳」も見ている
  5. ジャンプで、目と「第2の心臓」がまとめてよみがえる!
  6. 長生きしたければ内臓に汗をかかせる
  7. 内臓を強くするための栄養
  8. 自律神経を薬だけで治そうと思ったら5~6年はかかる
  9. 自律神経の乱れを知る3つのヒント
  10. ここが弱っている人はい 自分の不調に気づけない
  11. ストレスは胃腸を直撃
  12. 体の根っこがダメになっていたら栄養や酸素は絶対に届かない!
  13. 白内障による目のかすみに悩んだが足の親指を刺激したらすっかりよくなった
  14. 初期の白内障なら足の親指を刺激すれば大幅に改善する人が多い
  15. 老眼が進行し、家事も辛かったが足の薬指刺激で進行がストップ
  16. 足の薬指刺激は老眼にもよく効き、2週間後に老眼鏡なしで新聞を読める人も
  17. 足の薬指を刺激したら疲れ目1週間、頭痛、肩こりは2週間で改善
  18. 足の薬指を刺激すれば目の周囲の血流が改善してかすみ、眼精疲労は改善
  19. 目の不調、老化の原因となる自律神経を正常化するには足の指刺激
  20. 目の疲れ、頭痛は自律神経の不安定が原因と判明
  21. 緑内障も早期発見が大切
  22. 物が二重に見え眼痛もある白内障が葉野菜ジュースで改善
  23. 目のかすみを伴う視力低下もある重度の白内障が腹八分+玄米食で解消
  24. 減塩にプラスして抗酸化栄養も必要(ビタミンC・ルテイン)など
  25. 白内障なら塩分は1日5g
  26. 白内障の人は目の塩分濃度が高い 減塩が必要
  27. 白内障は塩分の摂りすぎに注意する