減塩にプラスして抗酸化栄養も必要(ビタミンC・ルテイン)など

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

たんぱく質が酸化すると水晶体が濁る

白内障は、水晶体を構成しているたんばく質が、活性酸素(攻撃力の強い酸素)によって変質し、透明の水晶体が濁ってしまうことが大きな原因です。
したがって、白内障の進行を防ぐには、ドロドロ血液をさけるだけでなく、活性酸素を除去する働きのある抗酸化成分を積極的にとることも重要です。そこで、ぜひとも積極的にとりたいのが、ビタミンCです。ビタミンCには強い抗酸化カがあるからです。

もともと水晶体の中には大量の抗酸化成分が含まれています。中でも最も多くの割合を占めているのがビタミンC で、その濃度は、血液やリンパ液に含まれるビタミンCの濃度の10~30倍にも達します。そして、水晶体の中で発生した活性酸素を除去して、濁りを抑える役割を果たしているのです。

ビタミンCの積極的な摂取で手術も不要に


ビタミンC が白内障の改善だけでなく、予防にも役立つことは、1995年に行った厚生労働省(当時は厚生省)の調査でも明らかです。

調査は、岩手県、秋田県、長野県、沖縄県の男女約3万五5000人(45~64歳)を対象に行われました。

対象者を1日のビタミンC の摂取量が多い順に5つのグループに分け、5年間にわたり追跡調査を実施し、白内障の発症率を調べたものです。

その結果、ビタミンC摂取量の最も多いグループ(1日に男性で210mgぺ女性で260mg前後) は、摂取量の最も少ないグループ( 1日に男性で50mg、女性で80mg前後) と比て、白内障の発症率が男性で35%、女性で41%も低いことがわかりました。

また、白内障の手術を受けるにいたる率も、男性で30%、女性で36% も低くなったのです。

ビタミンC は、パセリやブロッコリー、コマツナ、レモン、イチゴといつた野菜や果物に多く含まれています。

厚生労働省が推奨するビタミンCの摂取量は1日100mgですが、白内障の予防や改善が目的の場合にはこの量では足りません。また、ビタミンCは体内では合成できないため継続して補う必要があります。

白内障の改善には、1日に200mg以上のビタミンCを4~5回に分けてとるのが理想的です。

40歳を過ぎると体内のルテインは激減

もう1つ、活性酸素の嘗から水晶体を守るために、ぜひともとりたいのがルティンです。ルティンは、植物の色素成分であるカロテノイドの一種で、強力な抗酸化カを発拝します。
ルティンを多く含む食品として、ホウレンソウやブロッコリー、コマツナなどの緑黄色野菜があげられます。緑黄色野菜をとると、ルティンが水晶体や網膜に到達し、貯蔵されるのです。

るカロテノイドの一種で、強力な抗酸化カを発揮します。ルティンを多く含む食品として、ホウレンソウやブロッコリー、コマツナなどの緑黄色野菜があげられます。緑黄色野菜をとると、ルティンが水晶体や網膜に到達し、貯蔵されるのです。

「物が見えにくい」といつた白内障の症状が改善し、視力も平均0.4四回復したと報告されています。白内障の予防効果を得るために必要なルティンは、1日に6mg(ホウレンソウなら約60gです。

ただし、白内障が進んでいる人は、1日に10~12gほど補う必要があり、ホウレンソウなら1束に相当します。そんなにたくさん食べられないという人は、ルティンとビタミンC が豊富なブロッコリーやコマツナが入った緑黄色野菜の手作りジュースを飲んでみてください。あるいはケールの青汁やルティンの栄養補助食品(サプリメント)を利用してもいいでしょう。

https://matome.naver.jp/odai/2151580940635735601

関連ページ

  1. 鮑の輝 口コミ 緑内障の手術後、視力が改善して大震災も克服できた
  2. 松の木エキスの食品で目の充血や乾きが治り目薬も不要に
  3. 「見える! 」と脳が信じることが、回復のカギ
  4. 「脳」も見ている
  5. ジャンプで、目と「第2の心臓」がまとめてよみがえる!
  6. 長生きしたければ内臓に汗をかかせる
  7. 内臓を強くするための栄養
  8. 自律神経を薬だけで治そうと思ったら5~6年はかかる
  9. 自律神経の乱れを知る3つのヒント
  10. ここが弱っている人はい 自分の不調に気づけない
  11. ストレスは胃腸を直撃
  12. 体の根っこがダメになっていたら栄養や酸素は絶対に届かない!
  13. 白内障による目のかすみに悩んだが足の親指を刺激したらすっかりよくなった
  14. 初期の白内障なら足の親指を刺激すれば大幅に改善する人が多い
  15. 老眼が進行し、家事も辛かったが足の薬指刺激で進行がストップ
  16. 足の薬指刺激は老眼にもよく効き、2週間後に老眼鏡なしで新聞を読める人も
  17. 足の薬指を刺激したら疲れ目1週間、頭痛、肩こりは2週間で改善
  18. 足の薬指を刺激すれば目の周囲の血流が改善してかすみ、眼精疲労は改善
  19. 目の不調、老化の原因となる自律神経を正常化するには足の指刺激
  20. 目の疲れ、頭痛は自律神経の不安定が原因と判明
  21. 緑内障も早期発見が大切
  22. 物が二重に見え眼痛もある白内障が葉野菜ジュースで改善
  23. 目のかすみを伴う視力低下もある重度の白内障が腹八分+玄米食で解消
  24. 減塩にプラスして抗酸化栄養も必要(ビタミンC・ルテイン)など
  25. 白内障なら塩分は1日5g
  26. 白内障の人は目の塩分濃度が高い 減塩が必要
  27. 白内障は塩分の摂りすぎに注意する