鼻のむずむず、くしゃみが消えて甘酒で鼻炎も解消

水やお茶のかわりに甘酒を飲むだけ!

私は、子供の頃から鼻炎がありました。季節の変わり目とか、朝起きたとき、屋外から建物の中に入ったときなどに、すぐに臭がムズムズしてきて、くしゃみが止まらなくなるのです。

その鼻炎が、いつの間にかなくなったのは、どうやら9ヶ月ほど前から飲んでいる、甘酒のせいのようです。私が、甘酒を飲むようになったのは、知り合いに勧められたからです。

信用している人が体にいいというのだから、ほんとうにそうなのだろう、と飲み始めました。とはいうものの、正直にいうと、甘酒に抱いていたイメージは、それほどいいものではありませんでした。ただ単に甘いだけで、飲みにくく、おいしくないと思っていたのです。

おまけに、甘酒にはアルコールが含まれているので、いつでもどこでも飲めるわけではない、と思っていました。ですから、健康のために1日1杯くらいなら、我慢して飲んでもいいかもしれない程度に考えていたのです。

ところが、その人が勧めてくれた甘酒を飲んでみたら、ものすごく飲みやすくて、普通にすいすいと飲めました。同じ甘酒でも、アルコールを含まないものがあるのですね。

九州で評判の甘酒「ジャパニーズヨーグルト」は肌を白くし潤いを与える!血圧も下げる天然成分たっぷり

これなら、何杯でもいけると思いました。それからは、ずっと飲んでいます。私の甘酒の飲み方は、時間を特に決めずに飲むというものです。水やお茶代わりに、気づいたときに飲んでいます。

甘酒は、薬ではなく、食べ物なので、飲みたいときに飲めばいいと思うのです。飲んでいる甘酒は、瓶に入っていて、薄めずにそのまま飲めるタイプです。

飲みたいときに冷蔵庫から出せばいつでも飲めます。体にいいものを続けるには、そういう手軽さも必要かもしれません。以前、気が向いて甘酒を寒天でかためて食べたことがあります。これもまたおいしくて、おやつとしておいしくいただきました。

味にくせがないので、こういう食べ方もできるのです。こんなふうに、飲みたいときに飲むだけでも、毎日飲んでいたら、鼻炎が治りました。

髪の毛もなめらかになり絡まなくなった

また、鼻炎以外にも、髪のツヤが違ってきたように思います。以前は、髪が絡まりやすかったのですが、それはたぶんパーマなどで髪が傷み、髪の表面が滑らかではなかったからだと思うのです。

そんな髪が、ツヤツヤして滑らかになりました。いたずらに絡まることもなくなり、ブラッシングしても引っかからなくなりました。美容院でも「何しているんですか? 髪がツヤツヤしていますね」とほめられたくらいです。40代になると、髪が傷んでやせてくるという話をよく聞きます。

しかし、私は甘酒のおかげで、その逆をいっていると思います。それから、お通じもよくなってきました。もともとお通じは悪いほうではありませんが、甘酒を飲むようになってからは、楽に出るようになったし、前よりもたくさん出ているように思います。

私はスナックを経営しているので、どうしても不規則な生活になりがちですが、このごろ、以前ほど疲れを感じなくなっています。これも、甘酒のおかげかもしれません。

今、体調がすごくいいのです。私の仕事は、体が資本ですから、体調のよし悪しはとても気になります。また、体調のよし悪しは気分にも影響してきますから、お客様商売をしている以上、なるべくいつもいい体調でいたいと思っています。

そう考えると、甘酒は仕事にも役立っているでしょう。また、自分の体験から、.甘酒は体にとてもいいと信じられますから、自分で飲むだけでなく、店のお客様にも甘酒をお出ししています。

人気があるのは甘酒の焼酎割り。ノンアルコールの甘酒を焼酎で割るのですが、全然悪酔いしないと、お客様にもお店のスタッフたちにも、大好評です。

甘酒の健康的なイメージも、人気の理由だと思います。おいしくて体にもいい甘酒の焼酎割りは、絶対にお勧めです。お客様の中には、奥様も甘酒を飲んでいる人がいます。そのお宅では、温めた甘酒に、すりおろしたショウガを入れて飲むそうです。皆さん、よりおいしく、より体にいいように、いろいろ工夫されているようです。気づかないうちに、どうやら甘酒ブームが起きているのではないでしょうか。いいものは自然と広まるものなのでしょう。

ふわふわしたやさしい甘さのイメージ

甘洒には、必須アミノ酸(体内でじゅうぶんな量を合成できないので、口から食べ物で栄養分として摂取しなければならないアミノ酸)が多く含まれています。そのため、髪や肌に必要な栄養分が補給され、状態がよくなったのでしょう。

甘洒を寒天でかためると、おいしくて、のどごしもよく、満腹感の得やすい優れたダイエット食品になると思います。また、飲酒時はとかく栄養が偏りがち。甘洒の焼酎割りは、とてもよい発想だと思います。