寝起きの甘酒1杯でコレステロールが正常値に下がった 運動は一切行わずに

努力なしで1.5kgも減量できた!

私はお酒を全く飲めない下戸ですが、甘酒は大好きです。それで、以前から甘酒をよく飲んでいました。そして、今から3~4ヶ月前にアルコール分0% の瓶入りの甘酒を知ってからは、それをずっと飲んでいます。

なんでも、この甘酒は丁寧に造られていて、ほかの甘酒に比べて栄養も豊富だと、人から勧められたのです。おいしいうえに、健康にいいのなら、こんなにうれしいことはありません。

今では、この甘酒ばかり飲むようになりました。また、アルコール分は0% ですが、ちゃんと甘酒の昧がします。初めて飲んだときに、一口飲んで「これ、おいしい! 」と思いました。

今まで飲んだ甘酒の中で、いちばんおいしいかもしれません。ノンアルコールなので、仕事中に飲むこともできます。私は、昭和53年から、博多でもつ鍋専門店を営んでいます。おかげさまで、お客様にも恵まれ、忙しくさせていただいています。

店がお客様で混んでくると、私も慌ただしくバタバタと動き回って、のどが渇きます。そんなときに、大きめのコップに冷たい甘酒を注いでぐっと飲み、のどいやの渇きを癒します。

ひんやりしたのどごしが気持ちよく、そのうえ水と違ってのどを流れ落ちるのがゆっくりなので、渇きが落ち着くのです。また、毎日寝起きには必ず1杯飲むことにしています。そのときも、大きなコップに甘酒をたっぷり注いで、ぐっと飲み干します。寝起きといっても、お昼ごろです。なにしろ、店が午前0時までなので、寝るのは明け方近くだからです。

今までなら、その後、店に行ってコンビニエンスストアでお弁当を買って食べていました。しかし、寝起きに甘酒を飲むとおなかがいっぱいになるので、店に行ってからはお弁当ではなく、おにぎり1個くらいしか食べなくなりました。食べる量がへったら、体重もへってきて、53kgだったのが、いつの間にか51.5kgになっていました。

53kgのときは、体がちょっと重かったのですが、今はちょうどいい感じです。とりたてて、ダイエットしたわけでもないのにやせて、努力していないのにちょうどいい体重を維持しています。ダイエットに四苦八苦している人は、試しに甘酒を飲んでみたらいいのにと思います

運動は何もしていない

それから、血圧とコレステロール値が下がってきました。甘酒のせいかどうかはわかりませんが、飲み始めてから下がったのは事実ですし、ほかに変わったことはしていません。

たぶん甘酒の効果なのかなと思っています。血圧もコレステロール値も、病院で検診を受けるたびに「ちょっと高め」といわれていました。かといって、薬を飲むほどではなかったので、運動でもすればよかったのでしょうが、私は運動が大の苦手なので、何もしないままでした。

でも今は、血圧もコレステロール値も正常値の範囲内です。大したないとはいえ、ほうっておけばもっと上がったかもしれないので、下がってきたことはよかったと思います。

毎日ほんとうに忙しくて、自分の体をいたわる暇もありません。でも、体が動いてこそ店も切り盛りできるのですから、健康はやはり大事です。おいしく甘酒を飲んでいただけで、体が健康に向かったのなら、甘酒を飲むのは私にぴったりの健康法なのかもしれません。年明けには、またテレビの全国放送で私の店が紹介されます。これからも、店のためにも、自分自身のためにも、甘酒を続けようかなと思っています。

ゆっくり噛むように飲むのが大事なポイント

甘洒とおにぎりを昼食にすると、脂肪やたんばく買切摂取量がへるので、コレステロール値が下がってくるのもあたりまえのことです。ただし、適量の肉や魚も必要ですから、それらも食べましょう。

米で作った甘酒は米粒が残っているので、これをゆっくりかみながら飲むことで、満腹感が得やすくなります。よくかむことで、お弁当を食べたくらいの満足感があります。