ぎっくり腰、ヘルニア、すべり症による腰痛がナノサポート スムースUPで和らぎ仕事も復帰できた

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

痛みが和らいで仕事ができる喜びを噛みしめている

私は、現在、40歳ですが20代前半から腰痛に悩んできました。仕事は看護師をしています。

妊娠中に、ギックリ腰を起こしたのが腰痛のきっかけになりました。出産後に職場復しまししたが、しばらくして椎間板ヘルニアを患ってしまったのです。そのため、ホットパックで温める治療や牽引、神経ブロック、痛み止めの注射など、さまざまな治療を受け、腰をなだめながら働いていました。

ギックリ腰は、何度も再発しました。重い物を持ったときや振り返ったときなどに、ドーンと突き上げるような痛みが走り、1週間、長い時では2週間ほど動けなくなりました。

35歳以降は、ギックリ腰を起こす頻度が増え、痛みの度合いも強まりました。それでも痛み止めの座薬を入れて、仕事をしていました。

私は、病院に来られない患者さんの家庭を回る、訪問看護の仕事が好きです。若いころから訪問着講師をしていますが、寝たきりの患者さんを抱えて入浴させるなど、力仕事がたくさんあります。それに車を運転して訪問しますから、訪問看護の仕事は腰にかなりの負担がかかるのでしょう。

そんなとき、今度は別の腰痛が起きました。

4〜5年前に腰椎すべり症を患い、1ヶ月に3回は激痛に苦しめられました。訪問看護の仕事のほかに、親の介護もしていたので、腰への負担が大きくなったのだと思います。

これまで痛み止めでなんとか耐えてきましたが、とうとう仕事を休むことになりました。病院の整形外科で手術をすすめられたものの、慢性化したギックリ腰と椎間板ヘルニアのほかに、腰椎すべり症もあるため、完治する確率は50%と聞いて、手術をためらっていました。

腰痛がひどくて寝込んでいた時に、知人が軟骨アミノ酸「ナノサポート スムースUP」を試すようににすすめてくれました。

手軽に試せる食品なので、すぐに朝食後と夕食後に適量をとることにしました。変化を実感したのは3ヶ月後でした。腰の痛み方が違ってきて、体がよく動くようになり、寝込むことも減ったのです。そこで、4ヶ月目から訪問看護の仕事に復帰しました。

軟骨アミノ酸食品をとり始めて1年後、腰痛の改善をはっきり自覚しました。座薬を使う回数がめっきり減り、体の動きがよくなってきたのです。いつの間にか動くようになって驚きました。

私の場合は、腰痛の原因をいくつも抱えているので急に治るわけもないのですが、軟骨アミノ酸をとっていると、確かに痛み方が違います。

昨年の冬、一度だけギックリ腰が再発したのですが、その後は寝込むむこともなく、訪問看護の仕事も休んでいません。

最後に、私がナースという立場で言いたいのは、軟骨アミノ酸は腰痛の治療薬ではありません。適度な運動や医師による治療などと併せて、改善策の1つとしてお役立てください。