介護と仕事で辛かった腰痛が「ナノサポート スムースUP」で楽になりスポーツまでできるように

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

グランドを3周もまわれるほどに回復

私は、20数年ほど前の50代半ばで始まった腰痛が数年前からひどくなったことに悩んでいました。腰痛の原因は、職業と介護にあるといいます。

私は酒屋を40年問経常し、17年前に引退しました。当時は酒瓶の入った重い木箱を車に積んだり降ろしたり、狭い.路地を抜けて配達したりの毎日で、背中と腰の筋肉痛が慢性化していました。そして引退後、妻が寝たきりになったため、私が在宅介護をやることになりました。

私は、忙しい仕事や介護の合間に指圧や整形外科に適い、腰痛を治療してきました。70歳を過ぎてから、朝起きると腰が痛いという日が増えました。そんなときは整形外科に駆け込み、痛み止めの注射を打ってもらっては、妻の介護に戻っていました。

今から2年前に、妻が亡くなりました。そのころから、腰に激痛が走るようになったのです。私は、妻を介護して見送った疲れから筋肉痛がひどくなったのだと思いました。ところが整形外科に行くようになると、先天性の腰椎分離症という診断でした。初めて耳にする病名に驚きました。

整形外科では、腰が曲がるのを防ぐために正しい姿勢を保つよう指導され、痛みが取れなければ腰の手術を受けることをすすめられました。しかし、実際には腰が痛くて伸ばすことができず、その影響でひざにも負担がかかるため、足が思うように動かなくなってきました。

手術も成功するとは限らないので、断りました。処方された痛み止めの薬は効きましたが、これを飲むと胃の調子が悪くなります。そこで薬を飲まずにいたら整形外科で叱られたので、通院を打ち切ってしまいました。

妻に先立たれ、腰痛を抱えて落ち込んでいた時に、知人に誘われてグラウンドゴルフ(ゴルフに似た高齢者向けの競技)を始めました。

ゴルフ経験があったので、たちまちグラウンドゴルフが気に入りました。しかし、ボールを打つさい、腰をひねると強く痛むためにスイングがうまくできず、悔しくて、悔しくて。本当はもっとできるのに...と思っていました。

そんなとき、軟骨アミノ酸食品「ナノサポート スムースUP」のことを偶然知り、早速購入し、1日当たり6粒をとりはじめました。

すると、私の場合は3〜ヶ月目で腰痛が取れてきました。その後は、だんだんと腰の曲げ伸ばしや歩行がらくになってきました。グラウンドゴルフ仲問には、腰やひざの痛みを訴えてコースを1周しかできない人も多いのですが、今の私は平気で3周できます。ここまで回復したのも、軟骨アミノ酸食品が私に合っていたからだと思います。

ひざや腰が痛む伸問にも軟骨アミノ酸を紹介し、皆から感謝されています。