ツライひざ痛、腰痛の悩みからやっと解放

驚きの強力な再生力で痛みから解放された

50代になると、患者数が急増していく節々の痛み、特に日常の動作で体重を支えるひざ、腰の痛みを訴える人は数多くいます。その原因はひとことでいえば、関節のクッション役である軟骨の細胞が減ってしまうことにあります。病院に行くと、ひどい場合は、人工関節、初期であれば、筋肉を強化するリハビリがすすめられます。

年齢とともに、体内で軟骨を合成するスピードは遅くなり、同時に軟骨の細胞が急激に破壊されていきます。50歳を境として、こうした老化現象が加速していくのです。

もともと、軟骨には血管も神経もなく、新陳代謝がさほど盛んではありません。そのため、食事で軟骨の材料(グルコサミンなど)を補給して、自力で再生を促すことは困難といえるでしょう。そこで、ひざ・腰の痛みを解消するポイントとしては、第一に軟骨細胞の減少を止めること。

次に、関節周辺の炎症を取り除いて、痛み成分の発生を抑えることが大切です。その点から現在、大きな注目を集めている食品があります。それが、金海参粉末です。

金海参(キンコ)とはナマコの仲間で、北海道のオホーツク海などを中心に生息しています。ナマコは古くから、著名な漢方として国内外で親しまれています。

ナマコを干したものは「海の高麗人参」と呼ばれ、関節痛の緩和や抗老化に重宝されてきました。近年、金海参にもまたナマコと同様の有効成分が含まれているとわかってきました。関節痛の予防・改善に優れた有用性を持っており、つらい痛みから解放された方々が急増しています。

痛みに直接作用する

海参の有効成分の中でも、特に注目したいのがコンドロイチン、分岐鎖脂肪酸、サポニン、マグネシウムです。コンドロイチンは軟骨細胞の減少や変形を抑える働きがあるだけでなく、最近になってより直接的に関節痛の緩和に働くことがわかってきました。

変形してしまった軟骨がスムーズに動くように、クッションの役割をすることで、物理的な痛みを軽減するのです。分岐鎖脂肪酸は炎症を抑えるだけでなく、痛みに直接働きかけるので、関節の炎症による痛みを、ダイレクトかつ短期間で緩和させることが期待できます。

サポニンには、ステロイド様作用という抗炎症作用があります。ステロイドは炎症を抑える薬として病院治療で用いられていますが、その作用に近い働きを担うのです。

しかも、天然素材由来なので、長期間使用しても副作用の心配がありません。サポニンの抗炎症作用の特徴は、炎症性タンパク質の遺伝子の転写を妨げて、炎症の発現を抑制すること。炎症を直接的に抑えてくれるので、痛みの改善につながるのです。

また、マグネシウムには痛みの伝達を抑える作用があり、関節痛の悪化を防ぎます。神奈川県病院の調査によっても、人より強い痛みを訴える「痛がり体質」の人は、血中マグネシウム濃度が低いことがわかっています。

つまり、痛みの原因を全て取り除いているにも関わらず、ずっと痛みが治まらない本当の理由は、マグネシウム不足にあると考えられるのです。このように軟骨の増量と抗炎症成分を多彩に含む金海参粉末は、まさに痛み消しの専門食品。痛み知らずで曲げ伸ばしできるひざや腰を取り戻すために、大いに役立ってくれるでし ょう。

金海参(キンコ)を実際に使用した人の生の声