1日2リットル 水 を飲む効果

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

1日2リットル 水 を飲む効果 についてあらためて私なりの考えを書いてみようと思います。健康を考えたときにどんなことをするのが一番いいのでしょか。もちろんできることは全てやったほうがいいのかもしれませんが、それは到底無理ですし、不可能です。健康食品、サプリ、栄養ドリンクなどさまざまなものが溢れる中でどれを選ぶかというよりどれを選ばないかも重要になってきます。

健康を害したときにしか健康のありがたみはわかりませんが、全ての人が健康の大切さはきっとわかっているはずです。そんな健康を維持するために必要なのが 水 だと思います。

1日2リットル 水 を飲む

bottle-g591e36e1b_640.jpg

そんな中これを選ばないわけにはいかないものが私達人間にはあります。生きるためにどうしても必要なのが 水 です。多くの人が水道から出る 水 ではなく飲むためのミネラルウォーターを購入しています。それが当たり前になっていて ミネラルウォーター を購入することが日常化しています。

登山で遭難しても 水 を確保できれば数日は生き延びることができるのも 水 がどれほど私達にとって大切かを教えてくれています。

あらためて言うことではないかもしれませんが、代謝が悪くなれば太りやすくなりますし、健康な肌や骨、筋肉などが作られなくなってしまいます。私たちの体をできる限り老化させずに若く保とうと思ったら 水 は非常に重要です。そして代謝は 水 だけでなくエネルギー代謝に外せないのはビタミンB群です。

が深く関わっています。こうしたビタミンB群の不足しているとエネルギー代謝が正常に行われず食べてものが脂肪として体に蓄積されてしまいます。そしてこれらビタミンB群以外に欠かせないのが最初に紹介したとおり 水 です。

エネルギー代謝に欠かせない 水

たとえば、糖質、脂質、たんばく質などの栄養素は、まず胃や腸から分泌される消化液の成分である水に溶けます。そして、消化酵素の働きを受けると、水と反応して分解され、エネルギー代謝へと進んでいくのです。

女性の中には、水を飲むと太るので、できるだけ飲まないようにしている という方もいらっしゃいます。「水太り」という言葉も、耳にすることがあります。

実際には、水を飲んでも、一時的にむくむということがあっても、太るということは絶対にありません。ですから、活発な代謝を促すためにも、十分な 水 を1日かけて飲むようにするのがいいでしょう。のどが渇いてから飲むという自然な行動だけでなく、水を飲む という行為を習慣化してしまえれば理想です。

水は、あまり飲んでいないけれど、コーヒー、ジュース、お茶はよく飲んでいるという方もいます。体重 1 kg当たり 30 〜 50ml が目安なので、体重 50kg の人なら、1日約2リットルとなります。40 kg の人なら1.6リットルです。

水 は、血液やリンパ液などの体液成分でもあり、体液はビタミンB群などの栄養素の輸送も行っています。また、水分が足りないと、便秘になりがちです。そうしたデトツクスの観点からも、毎日十分な水分をとるように心がけるべきです。

ただし、飲めば飲むほどカラダにいいわけではありません。水の飲みすぎは腎臓に負担がかかります。マラソンなど、特別激しい運動をしたときや、大量に汗をかいたときは別ですが、くれぐれも飲みすぎは 腎臓の負担も考慮すべきです。

また、冷たい 水 の場合、体は冷えを防ぐためにすぐに尿として排泄してしまう機能が働きますので、冷たすぎる水は控えます。特におすすめの水はクラスターの小さい天然アルカリイオン水がいいでしょう。

温泉水99 効能 鹿児島垂水温泉の 天然アルカリイオン水

食習慣

関連ページ

  1. 1日2リットル 水 を飲む効果
  2. 血糖値が気になる方におすすめの「桑粉茶」妊婦さんもOKの安心無農薬のお茶
  3. タウリン豊富なイカで疲労回復
  4. 人間は心にも栄養が必要
  5. NASAからの光治療の素晴らしい効果
  6. 良い「気」を入れれば「元気」になれる
  7. もっと水を飲むと、もっと簡単に健康になれる
  8. 優秀な栄養の、ハーも-ニーのとれたチームワークがもっとも重要
  9. 肝臓と腎臓のゴミの詰まりをきれいにする
  10. 宿便・毒素を排泄する
  11. 酵素・補酵素は必要不可欠
  12. 体の酸化を防ぎ、自己免疫力を高める植物や自然の食べ物
  13. 自然療法で息子の湿疹を克服した母の学び!
  14. 手羽先にたっぷり含まれる「コラーゲン」を食べれば肌はぷるぷるになるのか?
  15. 砂糖は体にいいのか?悪いのか?
  16. 心臓病には赤ワイン、高血圧には白ワインがおすすめ!赤ワインと白ワインはどっちがおすすめ?
  17. 喫煙者は人参を食べる!
  18. 長時間煮込んだ料理のメリット・デメリット
  19. 肥満児はただ太っているだけか?
  20. 梅湯流しのやり方
  21. 体験談 「強烈な片頭痛が梅にんにくで改善した」
  22. 飲酒が原因の死者は10秒に1人
  23. 降圧剤でも下がらなかった更年期後の血圧がレッドクローバーで下がった
  24. インスリンの働きを助けるトマトとマカダミアナッツ油をあわせてとれば、血糖値が下がる
  25. 大豆もやしの作り方
  26. 健康体なら過剰な減塩も不健康体になるかもしれない
  27. 体に有害化学部質を入れない工夫
  28. 冬の冷えの悩みを漢方で改善する
  29. 日本は長寿大国だが認知症大国でもある
  30. 納豆で便秘解消
  31. 冬の間の巡りの悪さ冷え改善は「しょうが」
  32. 現代人は酸素不足
  33. 目の不快な症状は漢方の相性がよい
  34. 筋力とスタミナをアップさせる食事
  35. 風邪に負けない食事
  36. 運動の後の疲労を回復する食事
  37. 体臭、口臭を防ぐ食事
  38. 寝起きを改善する食事
  39. 痔を治すために効果的な食事
  40. 飲酒時のおつまみで注意すること
  41. 冷房病を抑える食事
  42. 夏太りを防ぐ食事
  43. 夏パテ夏やせを防ぐ食事
  44. 丈夫な骨をつくる食事
  45. 健康な歯を保つ食事
  46. 生理痛を和らげる食事
  47. 疲れ目を改善する食事
  48. アレルギー体質を改善する食事
  49. 頭痛予防する食事
  50. がんを予防する食事
  51. 高血糖値を改善する食事
  52. 高コレステロールを改善する食事
  53. 高血圧を改善する食事
  54. 低血圧を改善する食事
  55. 冷え症を改善する食事