食器は気のめぐりが良い収納にする

お気に入りのものを見つけると、ついつい増えていってしまいがちな食器類。収納にも頭を悩ますところですが、食器をどうやって収納するかによって食器がもつ運気は大きく変わります。毎日の食事で使う食器は、運の土台をつくるものなのです。

オープン棚を上手に活用する

食器棚には、扉がついているものとついていないものがあります。扉がついていない食器棚の場合、カップやグラスを上向きに置いておくと、それらに金運が吸い込まれてしまうので、下向きに伏せておきましょう。

ただ、オープン棚をインテリアのように使いたい、食器を上向きに置きたい、ということならば、カップやグラスの中に何かを入れておくことで、気が吸収されるのを防ぐことができます。

豊かさを生み出してくれるので、ガラス玉などの丸いものがおすすめです。

陶器の収納

食器棚に食器を収納する場合、上の段に軽いものを、下の段には重いものを置くことで、バランスの良い状態を保てます。

陶器などの土の素材のものと、ガラスなど水の素材のものは、棚の同じ段に置かないようにしましょう。相性の良くない土と水の気が交わることで、運気の土台を流してしまいます。

陶器の食器は、ガラスの食器よりも低い位置の段に収納します。ガラスの食器は、上段または自分の目線よりも上になる段に収納すると良いです。

食器棚には食べものをしまわない

食器以外のものを食器棚に一緒に収納していませんか?

食器がそれらのものがもつ運気を吸収してしまうので、食器棚の同じ扉の中や引き出しの中に、食器とほかのものを一緒に収納することは良くありません。

特に、お菓子などの食べものを一緒にしまっておくと、お金に対してルーズになる心配があります。また、食べることにルーズになって太りやすくなってしまいます。