金運を上げるには「火」と「水」の気を別にする

キッチンの収納はどんなふうにしているでしょうか。

風水の考えでは、キッチンは家の中では金運をつかさどる場所であり、キッチンの収納ひとつで、金運が大きく変化するのです。特にシンク下やガステーブルのまわりは大切な部分で、ここの収納のしかた次第で、金運のある家とない家の別れ道となります。

金運アップのためのシンク下の収納

なかでも注意が必要なのは、シンクの下に調味料や食品を置かないことです。

シンクの下は、水(すい)の気が強いところです。いっぽう、生命は火(か)をあらわしていて、私たちが生きるために必要な食品や調味料も火(か)の気をもつものだと考えられます。

つまり、シンク下に食品や調味料を置くことは「火」と「水」という正反対の気がその空間に同居することであり、空間のバランスが乱れるのです。

これは、風水の五行説での相克(そうこく)の関係です。

これによって、キッチンのもつ金運が大きく下降してしまいます。

シンク下に置いておくのに適切なのは、水(すい)の気をもつミネラルウォーターや、お鍋やボウルなどの調理器具です。お鍋やフライパンは、いつもピカピカにして収納しておきましょう。焦げついたままでは、金運ダウンにつながります。

置くのを避けたいものは、「火」の気の強いオイル類や塩、そしてお米です。主食であるお米をシンクの下に収納しておくと、自分自身がもってうまれた金運まで消耗することになります。

ガステーブルの下には食料品を収納する

ガステーブルの下は火(か)の気が強いので、食品や調味料は、同じ火(か)の気をもつガステーブルの下に収納すると良いです。

お米は、できるだけ木製やホーロー製のストッカーに入れて使いましょう。買ってきたままのビニール袋に入れておくと、お米のもつ運気が目減りしてしまいます。

ものを収納するのに使うストッカーは、プラスチックの素材はあまり良くありません。無駄づかいが増え、お金を失いやすくなります。