緑内障も早期発見が大切

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
白内障とよく間違えられてしまう緑内障ですが、視野が狭くなってくる病気です。一度、障害を受けた視神経が元に戻ることはなく病気が進行していくと最悪の場合、失明の危険性もあります。

ほとんどの人が痛み、充血などの自覚症状がありません。視野がかけてしまう自覚症状も普段は、両目で見ているために欠けている部分を補うことが出来るために気づきにくいのです。そのため受診が遅れ自覚症状が出始めたときには、かなり進行してしまっていることが多いのです。

緑内障は視神経に障害が起こることによって視野が狭くなりますがこの視神経が障害を受ける原因のひとつに眼圧があります。
血圧のコントロールも重要となってきます。
高血圧につてはこちらです。

正常眼圧は、10~21mmHg未満で視神経が障害を受けるのは21mmHg以上を高眼圧といいます。
眼圧が正常範囲内でも視神経が弱い場合も緑内障が起こることがあります。

緑内障の多くは自覚症状に気づかすに進行するため中高年は、眼圧検査、隅角検査、視野検査を定期的に受けるようにすることが大切です。
とくに視神経を直接確認する「眼底検査」は緑内障の早期発見には欠かせません。

緑内障の治療は眼圧を下げる投薬治療が主ですが、レーザー治療や手術による治療もあります。

白内障特有の症状をアサイーベリーで軽減できた体験談