新時代の老眼治療はCK手術、老眼が不要になる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

メスもレーザーも使わないので不安がない

老眼の画期的な治療法であるCK手術(伝導性角膜形成術)は、角膜にごく短時問、高周波( ラジオ波) を当てるだけの、メスもレーザーも使わない、たいへん安全な手術です。その実際についてご紹介しましょう。

治療に先立って検査を行い、この手術が適応するかどうかや、「利き目」などを調べます(適応については後述)。原則としてこの手術は、利き目と道側の目に行いますので、事前に利き目を調べておく必要があるのです。

  1. 術前の検査と診断
  2. 点眼麻酔
  3. 角膜の周辺部の8~16ヶ所に、円を描くように印をつける
  4. 印をつけた部分に高周波(ラジオ披を照射する
  5. 消毒など術後の処置
  6. 15分ほど休憩したのち、術後の検査

高周波照射する時間は3分程度で、前後の検査や処置を含めても2時間ほどで終わります。入院は不要です。

麻酔をしますので、痛みはありません。術後、軽い痛みを感じる人もいますが、多くは1~2 日で消失します。また、人によっては、まぶしさや違和感などが生じることもありますが、通常、長くても数ヶ月程度でなくなります。

高周波の照射は、当てる位置を厳密に設定でき、強さや時間が完全に自動制御された専用の器械を使いますので、安全に行えます。

手術の翌日から通常の仕事や生活ができますが、目を酷使する作業などは、数日程度、控えるようにします。

術後は、定期的に検査を行います。当院の場合は、手術の翌日と1週間後、1ヶ月、3ヶ月、半年後、1年後、以後は毎年1回ずつ検査を行っています。

老眼なしでも近くがはっきり見える

近視の矯正手術であるレーシック(イントラレーシック)とCK手術の両方を行う場合は、まずレーシックを行い、半年ほど置いて目の状態が安定してから、CK手術を受けます。

CK手術の費用は、医療機関によって異なりますが、おおむね15~25万円程度です。

手術後は、老眼鏡なしで近くが見えるようになります。老眼鏡を使うわずらわしさがなくなるうえ、老眼による目の疲れやその影響で起こる肩こりなどからも解放されます。

「近くが本当によく見えてビックリ」「メガネなしで細かい字も見えるので感動もの」「自分の書いている文字すら見えなかったが、いまはよく見えて書類も書きやすい」「読書やパソコン作業がとてもらく」「顔や雰囲気、気持ちまで若返った」などの声が聞かれます。

CK手術を行うには、専用の機械が使いこなせるように米国で研修を受け、認定医となる必要があります。日本での認定医は、現状ではまだ数人程度ですが、今後は、徐々にふえていくと思われます。CK手術を希望される方は、表にあげた認定医のいる医療機関でご相談なさるといいでしょう。

大部分の老眼の人に心、問題なくCK手術が行えますが、術後、視力の左右差による違和感しやきようが生じると思われる人、視野狭窄や角膜の傷といった症状がある人、心臓ペースメーカーを使っている人などは行えません。

また、白内障が進み始めている人や進み始める年代の人には、白内障の治療や予防を兼ねて、遠近両用の眼内レンズ(自内陣で濁った水晶体の代わりに入れる人工レンズ) を入れる方法をすすめる場合もあります。

CK手術以外にも、こうした遠近両用の限内レンズや、米国で研究されている老眼矯正レーシック、角膜内レンズなど、新しい老眼治療法が続々と登場しています。老眼の治療法は、今後、ますます選択肢が広がって、老眼鏡をかける人がほとんどいなくなる時代がやってきそうです。